一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

睡眠障害は男性では深刻 米国睡眠医学会「早期発見・治療を」

キーワード: 糖尿病 睡眠障害 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる

 慢性の睡眠障害があったり、睡眠時間が極端に短い男性では、心疾患などの危険性が高まるとの研究が、米国で発表された。研究者らは「睡眠障害を早期発見し、適切な治療を行うことが重要」と指摘している。

 1晩に6時間以上の睡眠をとっている男性に比べ、慢性の睡眠障害があり睡眠を6時間未満しかとっていない男性では、死亡の危険性が4.33倍に高まるというショッキングな研究が発表された。

 このコホート研究は、米国の男性741人(平均年齢50歳)と女性1000人(平均年齢47歳)を対象に行われ、結果は米国睡眠医学会が発行する医学誌「SLEEP」9月1日号に発表された。

睡眠障害の男性では危険性が4倍以上に上昇
 参加した患者を対象に、睡眠障害の病歴について問診し、医療機関で測定された睡眠に関するマーカーを測定した。睡眠時間などを睡眠ポリグラフィーで評価し、慢性の睡眠障害が1年以上続いている場合に慢性の不眠症とした。

 その結果、男性の4%と女性の8%は、睡眠時間が6時間未満で、慢性の不眠症と判定された。女性では約10年間、男性では約14年間の調査期間中に、248人(14%)が死亡した。男性の調整死亡率は、「良く眠れる」という男性で9.1%だったのに対し、不眠症で睡眠時間が6時間未満の男性では51.1%に上昇した。

 おそろしいことに、睡眠障害に2型糖尿病や高血圧症が重なると、死亡率はさらに上昇するという。睡眠時間が6時間未満のグループでは、ベースライン時で糖尿病や高血圧症と診断された患者では7.17倍に上昇した。そうでない人では死亡率が1.45倍にとどまった。

 このコホート調査にもとづく別の研究では、睡眠障害があったり睡眠時間が十分にとれないと、2型糖尿病や高血圧症の発症が増えることも示唆されている。

 「不眠でもっとも一般的にみられる睡眠障害は、特に男性で深刻であることが示された。どのような理由であっても、睡眠障害は健康によくないことはあきらかだ。糖尿病などをもつ睡眠障害の男性では、睡眠の改善は特に望ましい」とペンシルベニア州立大学医学部・睡眠研究治療センターのAlexandros N. Vgontzas氏は話す。「睡眠障害を早期に発見し、適切に治療することが重要だ」。

 体格指数(BMI)、喫煙習慣、アルコール摂取、抑うつ病、睡眠時無呼吸症候群などの因子の影響を調整した後も、結果は変わらなかったが、女性では睡眠障害による影響はみられなかった。なぜ女性では睡眠の影響が少ないのかはよくわかっていないが、研究者らは調査期間が短かったことや、男性患者で重症化する例が多いことを指摘している。

Study Finds an Increased Risk of Death in Men with Insomnia and a Short Sleep Duration(米国睡眠医学会)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

疾患 ▶ 睡眠障害

2019年01月17日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2018年10月11日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年05月16日
「睡眠障害」が高血圧・糖尿病に関連 日本で最大規模の研究
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2017年05月02日
階段運動はコーヒーを飲むより効果的 たった10分の運動で活力が向上

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年11月14日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月14日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年08月29日
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催
2018年08月28日
「認知症」を恐れる中高年が大多数 政府の施策は「知らない」 日医総研
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典