一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

睡眠障害は男性では深刻 米国睡眠医学会「早期発見・治療を」

キーワード: 糖尿病 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる 疲労(休養不足)

 慢性の睡眠障害があったり、睡眠時間が極端に短い男性では、心疾患などの危険性が高まるとの研究が、米国で発表された。研究者らは「睡眠障害を早期発見し、適切な治療を行うことが重要」と指摘している。

 1晩に6時間以上の睡眠をとっている男性に比べ、慢性の睡眠障害があり睡眠を6時間未満しかとっていない男性では、死亡の危険性が4.33倍に高まるというショッキングな研究が発表された。

 このコホート研究は、米国の男性741人(平均年齢50歳)と女性1000人(平均年齢47歳)を対象に行われ、結果は米国睡眠医学会が発行する医学誌「SLEEP」9月1日号に発表された。

睡眠障害の男性では危険性が4倍以上に上昇
 参加した患者を対象に、睡眠障害の病歴について問診し、医療機関で測定された睡眠に関するマーカーを測定した。睡眠時間などを睡眠ポリグラフィーで評価し、慢性の睡眠障害が1年以上続いている場合に慢性の不眠症とした。

 その結果、男性の4%と女性の8%は、睡眠時間が6時間未満で、慢性の不眠症と判定された。女性では約10年間、男性では約14年間の調査期間中に、248人(14%)が死亡した。男性の調整死亡率は、「良く眠れる」という男性で9.1%だったのに対し、不眠症で睡眠時間が6時間未満の男性では51.1%に上昇した。

 おそろしいことに、睡眠障害に2型糖尿病や高血圧症が重なると、死亡率はさらに上昇するという。睡眠時間が6時間未満のグループでは、ベースライン時で糖尿病や高血圧症と診断された患者では7.17倍に上昇した。そうでない人では死亡率が1.45倍にとどまった。

 このコホート調査にもとづく別の研究では、睡眠障害があったり睡眠時間が十分にとれないと、2型糖尿病や高血圧症の発症が増えることも示唆されている。

 「不眠でもっとも一般的にみられる睡眠障害は、特に男性で深刻であることが示された。どのような理由であっても、睡眠障害は健康によくないことはあきらかだ。糖尿病などをもつ睡眠障害の男性では、睡眠の改善は特に望ましい」とペンシルベニア州立大学医学部・睡眠研究治療センターのAlexandros N. Vgontzas氏は話す。「睡眠障害を早期に発見し、適切に治療することが重要だ」。

 体格指数(BMI)、喫煙習慣、アルコール摂取、抑うつ病、睡眠時無呼吸症候群などの因子の影響を調整した後も、結果は変わらなかったが、女性では睡眠障害による影響はみられなかった。なぜ女性では睡眠の影響が少ないのかはよくわかっていないが、研究者らは調査期間が短かったことや、男性患者で重症化する例が多いことを指摘している。

Study Finds an Increased Risk of Death in Men with Insomnia and a Short Sleep Duration(米国睡眠医学会)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート