一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

高機能下着:伸縮機能をもたせ運動時の疲れを軽減

キーワード: 三多(多動・多休・多接) セルフケア 身体活動・運動不足

 ウォーキングやゴルフなど運動時の疲労を軽減したり、動きをスムーズにしたりする「高機能下着」の人気が広がっている。これまでは温かささ保温効果を得られる繊維を使った下着や、吸汗速乾性のある繊維を使った下着が多かった。いずれも、日常をより快適に過ごせるよう工夫してある。最近はこれに加えて、効果的に伸縮機能をもたせ、血行促進をえられるという下着が増えている。
“運動時の疲れがたまりにくい”と好評
 高機能下着は、いずれも特殊な繊維を使い、関節や筋肉の部位によって編み目の細かさやカッティングパターンを変えたり、補強生地を加えるなどして着圧の度合いを変えているのが特徴。運動時に着用することで「筋肉のブレを防ぐ」、「伸縮機能により関節や筋肉をより大きく動かせる」、「血行を良くする」といった効果を期待できる。

 生地を縫製する技術も進化しており、足の筋肉がほどよく圧迫されることで血行が促され、肌にストレスのかからないタイプも増えている。男性用と女性用とでは、カッティングや素材などを微妙に変えている場合がほとんどだ。

 こうした高機能下着ターゲットになったのは、当初は「ダイエット」や「冷え性」、「むくみ」に悩む女性だったが、2008年4月よりスタートした「特定健診」の影響で、健康増進のための運動に取り組む人が増えニーズが広がった。夏用下着では紫外線カットや、速乾性をもたせ冷却効果をもたらすものが、冬用は保温機能をもたせた下着が多い。

 いずれも価格は通常の下着に比べ3〜4倍以上と高価だが、「運動時の疲れがたまりにくい」と愛用する人も多いという。ウォーキングやサイクリングなどの運動に加え、ランニングやゴルフ、スキーなどのスポーツなどの用途が考えられており、なかには「エコノミークラス症候群」の防止目的で開発された下着まで出てきた。

上の写真はグンゼ「カラダトレーナー」
 「高機能下着」の主なものを集めてみた――
  • グンゼ「カラダトレーナー」
     伸縮性のある本体と、本体より弾性率が高い部位の構造をそなえることで、快適性も狙った商品。ウォーキング時に着用すると、腕振り角度や歩幅が大きくなり、運動の効果が向上するという。2009年に発売された。

  • ワコール「CW-X」
     関節やひざを痛めないようテーピング機能をもたせたタイツをもとに開発。肩甲骨の動きをスムーズにし腕の振りを安定されたトップスなど種類が増えており、女性向けのカラフルなタイプも用意されている。

  • ミズノ「バイオギア」
     運動時に負担のかかりやすい筋肉や関節をサポートする下着。樹脂加工したウレタンを筋肉の流れに沿って配置し、圧力を段階的に細かく設定することなどで、筋肉や関節のサポート機能を強化した。ゴルフ専用のアンダーウエアは安定した姿勢を保てるのが人気だという。

  • ゴールドウイン「C3fit」
     着圧により血行促進などの効果を得られる。タイツタイプは、足首から大腿部にかけて段階的に着圧を緩めることで、静脈の還流を促す。厚生労働省が定める一般医療機器の基準をクリアしたというタイプもある。

  • スキンズ(SKINS)
     オーストラリアのブランド「スキンズ」は、体に効果的な着圧を加えることで血行を促進させ、疲労を軽減させるという。エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)の防止用に開発されたタイプもある。

グンゼ「カラダトレーナー」
ワコール「CW-X」
ミズノ「バイオギア」
ゴールドウイン「C3fit」
スキンズ(SKINS)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

テーマ ▶ セルフケア

2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート