一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

40歳以上で「運動習慣あり」は体が「若い」 文科省調査

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 身体活動・運動不足

 文部科学省は2009年度「体力・運動能力調査」を公表した。体力は成人前にピークに達し、それ以降は加齢にともない低下していくが、運動やスポーツを習慣として行っている人では、しない人と比べて体力の衰えが少ないことが分かった。特に、40歳以上の運動の頻度が高い群では、5〜20歳程度も「若い」としている。
運動習慣のある成年は「体力衰え知らず」
 調査は2009年5〜10月に6〜79歳の男女計約7万人を対象に実施。成年では約3万人を対象に体力テストを行い、100点満点でポイント化。運動する頻度を「ほとんど毎日(週3日以上)」、「ときどき(週1〜2日程度)」、「ときたまする、しない(週1日未満)」という3種類に分けて、平均ポイントを比較した。

 その結果、45〜49歳男性で運動の頻度が「週3日以上」と回答したの平均ポイントは、10歳年下の35〜39歳男性で「週1〜2日程度」の平均ポイントとほぼ同じになった。また、50〜54歳男性で「週3日以上」の平均ポイントは、35〜39歳の「週1日未満」の平均ポイントとほぼ同じという結果になった。

 女性では、運動を「週3日以上」しているという50〜54歳の群のポイントは、20歳年下の30〜34歳の「週1日未満」の群とほぼ同じだった。

 男性は20〜40歳代で平均10歳程度、50歳代以降では5歳程度、女性は20代で20歳程度、40代以降では5〜10歳程度の体力格差が出ていた。運動の頻度が増えるほど、体力低下は少なくなるが、「週1、2日程度」の場合でも、「週1日未満」よりは10歳分ほど「若さ」を維持できるという結果になった。

シニア世代でも体力は右肩上がりに向上
 60歳代以上で習慣的に運動をする人も増えており、握力や脚力などの体力テストでは、右肩上がりに向上している。バランスや柔軟性の数値も良くなっており、若い世代より体力アップ傾向が顕著だ。

 対象となったのは65歳以上の高齢者5640人。1998年度と09年度を比べると、腹筋回数は65〜69歳男性では11.97回から14.05回、女性では7.41回から8.13回に向上した。70〜74歳男性では10.44回から12.12回、女性では5.99回から7.00回となった。

 6分間の歩行距離も65〜69歳男性では588mから612mに、女性では548mから572mに。70〜74歳男性では567mから581mに、女性では519mから539mに伸びた。

 週に1回以上何らかの運動をする人の割合も60〜64歳の男性が1998年度の46.04%から59.16%に、女性が51.1%から64.81%に急増した。男女とも「健康」と意識する人ほど運動の頻度が高く、体力テストの数値も高い傾向が示された。


平成21年度体力・運動能力調査結果(文部科学省)
小中高生の10人に1人は肥満傾向児
 一方で、小中高生では肥満傾向が増え、体力や運動能力はこの数年でやや向上したが、親世代の1985年頃の水準に比べると低下している傾向が示された。体力・運動テストは小学生約1万3500人、中学生約8500人を対象に実施。
  • 10人に1人は肥満傾向児
     小学生の男子の肥満傾向児の比率の全国平均は10.2%、女子では8.0%だった。肥満傾向児の比率は都道府県で差があり、全般に北海道、東北、四国、九州で高い傾向がみられた。

     なお、都道府県ごとの肥満の比率は、成人対象の調査結果とも重なっている。地域での子供の肥満傾向は成人にも引き継がれている可能性がある。

     小学生の男子の肥満傾向児の比率が10%を超えたのは、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、新潟、富山、山梨、和歌山、徳島、香川、高知、熊本、大分、宮城、鹿児島、沖縄。

  • 子供の体力に回復傾向
     子供の体力は、小中男女ともここ数年は回復基調にある。体格はどの年齢層も身長が伸び体重が増えており、中学生男子(13歳)の50m走で子供の体力がピークだったとされる1985年頃の水準に戻るなど、前回調査に続いて回復傾向がみられた。ただし、体力が回復したのはこの種目だけで、多くの項目でピーク時と比べると、依然低い水準だった。

  • 運動をしない子供が多く、特に女子で顕著
     1週間の運動時間を調べたところ、総時間が1時間未満の子供の比率は、小学生では男子の10.5%、女子の22.6%、中学生では男子の9.5%、女子の31.6%。運動時間の多い子供ほど、体力合計点も高い傾向がみられた。

平成21年度体力・運動能力調査結果(文部科学省)
全国体力・運動能力、運動習慣等調査(文部科学省)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート