一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

骨粗鬆症は「自分には関係ない」と思っていた人が8割

キーワード: 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

 女性では閉経後に女性ホルモンが減少するため、多くの人が骨密度が減り骨粗鬆症になりやすい。しかし、初期段階では自覚症状が少ないので、実際には骨粗鬆症の発見が遅れるケースが多いといわれている。骨粗鬆症の女性の半数近くが、診断前に骨密度検査を受けていなかったという調査結果が発表された。

 製薬企業のMSDは、60歳以上の骨粗鬆症の女性207人を対象に実施した調査結果を発表した。MSDは万有製薬とシェリング・プラウが統合して10月1日誕生した新会社。

 それによると、診断される前に骨粗鬆症を疑ったことのある人の割合は28%と少なく、8割は「骨粗鬆症は自分には関係無いと思っていた」と回答した。その理由は「自覚症状がなかったから」(71%)が多かった。

 骨粗鬆症の検査にはX線を使って骨密度を測る方法や、超音波で測る方法などがある。また、若いときと比べ現在の身長がどれくらい縮んでいるかをみると、骨粗鬆症の目安になる。しかし多くの患者が、診断される前は積極的に検査を受けておらず、症状が進行し、実際に骨折をするまで検査を受けていない実態が示された。

 骨粗鬆症と診断される前に骨密度検査を受けたかを聞いたところ、48%が「一度も受けたことはない」と回答。骨粗鬆症が判明したきっかけは、「かかりつけ医に検査を勧められて」(30%)、「会社や市・区などの骨密度検診を受けて」(23%)、「骨折して医療機関を受診して」(15%)が多かった。骨折の原因は「転倒して」(73%)が多数だった。

骨げんき!寝たきり防止キャンペーン(MSD)
 骨粗鬆症の予防・対策として、カルシウムを中心に食事の栄養バランスを改善すること、運動や身体活動を増やし骨を強くすること、高血圧症、脂質異常症、糖尿病をしっかり治療すること、禁煙・節酒などが勧められている。骨折を防ぐための屋内の転倒対策なども効果的。
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】医療機関への通院を抑制した人は25% コロナを契機に健康に関心をもった人も多い 健保連調査
2020年12月14日
「歯周病」が肥満・メタボ・サルコペニアを悪化させる 腸内フローラを変化させ骨格筋の代謝異常を引き起こす
2020年11月26日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート