一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

白米をとりすぎると日本人女性で糖尿病発症のリスクが上昇

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) 二少(少食・少酒) 糖尿病 「少酒」お酒はほどほどに

 米飯を多く食べる女性で糖尿病の危険性が上昇することが、多目的コホート(JPHC)研究の大規模調査で分かった。炭水化物の摂取量が多い人で糖尿病発症の危険性が高くなることが知られているが、米を主食とする日本人でも、女性では米飯をとりすぎていると危険性が上昇することが示された。
「バランスが大切」という結果に
 研究チームは、1990年と1993年に、それぞれ、岩手、秋田、長野、沖縄県、および茨城、新潟、高知、長崎、沖縄県の9保健所管内に在住していた、研究開始から5年後に行った調査時に糖尿病やがん、循環器疾患を発症していなかった45〜74歳の男女約6万人を、5年間追跡して調査した。

 期間中に男性625人、女性478人が糖尿病を発症したと申告した。エネルギー摂取量や栄養バランスの個人差を調整して解析したところ、女性では米飯摂取が多くなるほど糖尿病発症の危険性が上昇する傾向が認められた。

 米飯の1日あたりの量が1杯強(165グラム)でもっとも少ないグループに比べ、1日3杯(420グラム)のグループでは糖尿病の危険性が1.48倍に、1日4杯(560グラム)以上のグループでは1.65倍に、それぞれ上昇していた。

 米飯にあわ・ひえ・麦を混ぜない白米だけの米飯をとっていた人で、糖尿病の危険性はより高くなっていた。男性でも同様の傾向が示されたが、米飯の摂取量による明確な差はみられなかった。

 さらに、筋肉労働や激しいスポーツを1日1時間以上する人としない人に分けて調べたところ、男女ともにそうした活動をしない人では糖尿病の危険性は高くなった。しかし、運動や身体活動を1日1時間以上している人では、危険性が低く抑えられることが分かった。

 研究班では「白米では、精白の過程で食物繊維やマグネシウムが失われる。そうした栄養素が糖尿病に予防的に働く可能性がある。白米は食後の血糖上昇の指標であるグリセミックインデックスも高い」と指摘。

 さらに「身体活動量が高い人では、米飯の摂取が多くてもエネルギーの消費と摂取のバランスが保たれているのだろう」と述べている。

 糖尿病予防の観点から「特に女性では、日常の身体活動量を増やすとともに、食事に雑穀をとりいれるなど、米飯摂取後の血糖上昇を抑えるような工夫も大切だ」としている。

 今回の研究成果は、医学誌「American Journal of Clinical Nutrition」に発表された(2010年11月にウェブサイトで先行公開)。

この研究について、詳しくは下記をご覧ください:
多目的コホート研究(JPHC Study)
国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部
2010/11/12米飯摂取と糖尿病との関連について
米飯摂取と糖尿病との関連について
American Journal of Clinical Nutrition 2010年11月
アルコールと糖尿病発症の関連は?
お酒はひかえめに

 今回発表された研究は、全国の保健所や国立がん研究センター、国立循環器病研究センター、大学、研究機関、医療機関などで共同研究として実施されている「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果。

 がん・心筋梗塞・脳卒中などの発症には、食習慣・運動・喫煙・飲酒などの生活習慣が深く関わっており、生活習慣の改善によって、これらの病気をある程度、予防できると考えられている。

 JPHC研究では、飲酒などの生活習慣と2型糖尿病の発症の危険性との関連も調べており、飲酒量が多かったり喫煙習慣があると、糖尿病が増えることも分かっている(この研究は2004年10月に公表された)。

 それによると、体格指数(BMI)が22以下の標準体重の男性では、飲酒量が増えるにつれて糖尿病リスクも高くなった。お酒を飲まないグループにくらべ、1日当りのエタノール摂取が23グラム(日本酒に換算すると1合程度)を超えると、糖尿病リスクが優位に上昇した。エタノール摂取が1日23.1〜46.0グラムのグループで1.9倍、46.1グラム以上のグループでは2.9倍まで高くなった。

 欧米で報告された研究では、適度な飲酒が2型糖尿病に予防的にはたらくというものもあるが、日本人を対象とした研究では「過度の飲酒により危険性は増す」という結果になった。お酒を長期間飲みすぎていると、インスリンの分泌量が低下するという報告もある。

 研究班では「日本酒にして1日1合を超える飲酒は控えるようにしたほうがよい」と述べている。日本酒1合は、ワインでは2杯強、ビールでは中瓶1本に相当する。

この研究について、詳しくは下記をご覧ください:
多目的コホート研究(JPHC Study)
国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部
2004/10/25飲酒と2型糖尿病の発症について

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート