一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「日本食品標準成分表2010」発表 5年ぶり改訂

キーワード: 「少食」食事は腹7~8分目 健診・保健指導 食生活

 食品成分に関する基礎データを示した「日本食品標準成分表」が5年ぶりに改訂された。

 食品成分に関する基礎データを示した「日本食品標準成分表」が5年ぶりに改訂された。名称も最新の情報が収載されていることを示すため「五訂増補日本食品標準成分表」から「日本食品標準成分表2010」に変わった。

 食品成分表は、国民が日常的に摂取する食品や飲料を説明し、全国平均的な栄養成分値を表にまとめたもので、戦後の食糧難が続く1950年に誕生した。

 学校給食、病院給食、食事管理、治療食の栄養指導をはじめ、家庭での日常生活でも広く利用されており、また、厚生労働省の食事摂取基準(栄養所要量)作成のための基礎資料や、国民栄養調査の基準設定などにも活用されている。

「日本食品標準成分表2010」 5年ぶり改訂
 「日本食品標準成分表2010」には、米や小麦、魚、肉、野菜、果物から調味料、加工食品、茶・酒など18群計1878食品について、エネルギー、炭水化物、脂質、蛋白質、ビタミンなど50項目の成分値がもりこまれた。

 食品数1878は従来と変わらないものの、成分項目が7つ追加され50項目になった。別冊は「アミノ酸成分表2010」のほか、脂肪酸成分表がある。

 文部科学省の資源調査分科会の発表によると、主な食品について、蛋白質やトリアシルグリセロール(中性脂肪)の実際に摂取されている量がより正確に分かるようなった。炭水化物については、FAO報告書では澱粉や単糖などを直接分析して示すのが好ましいとされたが、今回の改訂では見送られた。

 主な変更点は次の通り――

  • FAO(国際連合食糧農業機関)報告書を受け、アミノ酸組成がわかっている食品については、アミノ酸組成から求める蛋白質量を収載した。体の血や肉、栄養素の運搬物質などになる蛋白質量はこれまでは、食品に含まれる窒素量に換算係数を掛け、間接的に求められていた。
  • 同様に脂質についても、脂肪酸組成がわかっている食品については、脂肪酸組成から求めるトリアシルグリセロール当量を収載した。
  • また、健康維持に有用で、厚生労働省策定の食事摂取基準にも掲載されているヨウ素などの5成分の成分値が新たに収載した。追加された微量栄養素は、「ヨウ素」「クロム」「セレン」「モリブデン」「ビオチン」。

 「日本食品標準成分表2010」に対応する書籍などは、今後各出版社から発売される。

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典