一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

【国民健康・栄養調査】 食事・運動を実施している人は3割未満

キーワード: 「少食」食事は腹7~8分目 「多動」身体を活発に動かす 健診・保健指導 食生活 身体活動・運動不足

 厚生労働省は「2009年国民健康・栄養調査」を発表した。食事や運動などの生活習慣改善に取り組む意欲は中高年で高まっているが、若い世代では関心が薄い傾向が示された。

 「2009年国民健康・栄養調査」は昨年11月に、国民生活基礎調査の対象地区から抽出した3785世帯を対象に実施された。集計客体数の総数は、身体状況調査 8056、血液検査 4293、栄養摂取状況調査 9006、生活習慣調査 9803。

 調査の主な内容は次の通り――

肥満(BMI25以上):男性の3割、女性の2割
 20歳以上の肥満者(BMI25以上)の割合は、男性 30.5%、女性 20.8%だった。最近の5年間では肥満者の割合の増加傾向は鈍化しているが、男性の20〜60歳代では前年比2.1ポイント増の31.7%で、この15年間で最高になった。女性の40〜60歳代では前年に比べ横ばい。
 やせ(BMI18.5未満)は男性 4.4%、女性 11.0%。20歳代女性がもっとも多く22.3%だった。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)

食事や運動:「実践している」人は3割に満たない
 メタボリックシンドロームの予防や改善のための食事や運動の実践している人の割合は、男性 27.5%、女性 24.2%と3割に満たなかった。「するつもりがあり、頑張ればできる」という人は、男性 35.3%、女性 36.5%と3人に1人以上に上った。
 食事や運動への取り組みの意欲をもっていながら、「仕事が忙しい、余裕がない」といった理由で、実践しきれていない現状をうかがえる結果になった。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)
体型別メタボリックシンドロームの予防や改善のための食事や運動の実践状況
2009年国民健康・栄養調査
体重管理:年齢が上がると意欲も高まる
 体重管理を実践しようと心がけていると回答した人の割合は、男性 67.8%、女性 75.6%で、2004年調査に比べ男性で7.0%、女性で5.8%増加した。
 性別にみると男性 67.8%、女性 75.6%となり、特に女性で体重管理の意欲が高まっている傾向が示された。また、年齢層別にみると、年齢が高くなるにつれ意欲が増す傾向がみられ、60歳代では男性 74.7%、女性 83.3%という結果になった。逆に、20歳代では男性 53.5%、女性 68.6%ともっとも低かった。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)
体重管理を実践しようと心がけている人の割合(20歳以上)
2009年国民健康・栄養調査
適切な食事の内容・量:「知っている」が4人に3人
 自分にとって適切な食事内容・量を知っていると回答した者の割合は、男性 75.0%、女性 78.2%で、2004年調査に比べ男性で5.9%、女性で3.2%増加した。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)

脂肪をとりすぎている人が3割
 脂肪からのエネルギー摂取割合を示す「脂肪エネルギー比率」が30%以上の者の割合は、成人の男性で20.0%、女性で27.6%だった。
 一般に食事でとる脂肪のエネルギー量比は全体の20%程度が良いとされている。脂肪エネルギー比率が25%未満の人の比率は、年齢層が上がるにつれ増えていき、60歳代で男性 62.0%、女性 52.9%となった。逆に、20歳代では男性 36.7%、女性 27.9%と少なく、若い世代で脂肪をとりすぎている傾向が示された。
(食生活・運動に関する状況)

食べる速さ:「早く食べる」の比率は肥満者で高い
 食事での「食べる速さ」を調査したところ、「速い」と回答した人の割合は、男性 51.8%、女性 37.4%だった。
 体型別にみると、肥満者(BMI25以上)では、「速い」と回答した者の割合は男性 63.9%、女性 46.5%だった。やせ(BMI18.5未満)や普通(BMI18.5以上25未満)の人に比べ多かった。
 今回調査は肥満と食事の早さの相関関係を示したもので、「早食いをしているから、肥満になりやすい」といった因果関係を示したものではないが、一般的に、良く噛んで時間をかけて食事をすることで、食事量抑えながら満腹感を得やすく、食後の血糖上昇を抑えられることが知られている。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)
体型別食べる速さの状況(20歳以上)
2009年国民健康・栄養調査
朝食をとる習慣:若い世代で欠食が多い
 習慣的に「朝食をほとんど食べない」という成人の割合は、男性 10.7%、女性 6.0%だった。朝食をとらない人の比率は男女とも20歳代、30歳代で高く、男性(20歳代 21.0%、30歳代 21.4%)、女性(20歳代 14.3%、30歳代 10.6%)だった。
 朝食をとらない人のうち、その習慣が「小学校、または中学、高校」の頃から始まったという人は、男性32.7%、女性25.2%に上った。さらに、朝食を食べるために必要なことは、男女とも「早く寝る、よく眠る」と回答した人が多かった(男性 29.8%、女性 31.0%)。男性は女性に比べ、「家族や周りの人の支援」(男性18.6%、女性6.3%)、「残業時間の短縮など労働環境の改善」(男性17.7%、女性8.4%)との回答が多かった。
(朝食の習慣、体重管理等に関する状況)

口の中の健康:歯周炎は50歳代で1割減少
 自分の歯を20歯以上有する者の割合は、75歳〜84歳で26.8%(2004年調査比3.8%増)であり、上昇した。また、進行した歯周炎のある人の割合は、40歳代で22.8%(同6.0%減)、50歳代で32.6%(同11.0%減)だった。過去1年間に歯科健診を受けた人の割合は60歳代で41.4%(2.7%増)。
 この調査の「進行した歯周炎」は、「歯ぐきが下がって歯の根が出る」「歯ぐきを押すと膿がでる」「歯がぐらぐらする」「歯周病(歯槽膿漏といわれ治療している)」のいずれか1つ以上に該当すると回答した場合としている。
(歯の健康に関する状況)

平成21年国民健康・栄養調査結果の概要について(厚生労働省)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

生活習慣 ▶ 食生活

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート