一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

有酸素運動とレジスタンス運動の組合せで2型糖尿病が改善

キーワード: 糖尿病 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 2型糖尿病患者では、有酸素運動とレジスタンス運動の両方の運動を行うことで、血糖コントロールが改善するという研究が米国で発表された。運動を効果的に行うためには、両方を並行して続けることが重要で、どちらかが欠けると効果をあまり期待できなくなるという。
有酸素運動とレジスタンス運動を組み合わせると効果的
 「有酸素運動」は、体の糖質・脂質をエネルギー源とし、全身を使い酸素を消費しながら行う運動。ウォーキングやジョギング、水泳、自転車などが代表的で、筋肉への負荷が比較的軽い運動がメインになる。

 一方、「レジスタンス運動」は、筋肉に抵抗(レジスタンス)をかける動作を繰り返し行う運動で、ダンベル運動やウエイト運動などが代表的。筋肉の量を増やし強くする効果を期待できる。

 運動の中には、有酸素運動とレジスタンス運動の両方の性質をあわせもつものもある。例えば、水の抵抗を受けながら行う水中ウォーキングは、両方の運動がミックスされており、膝にかかる負担も少なく、肥満のある患者も安全に行える運動とされている。

 研究は、米ルイジアナ州立大学ペニントン・バイオ医学研究センター(PBRC)のTimothy Church教授らの研究チームが、ルイジアナ在住の2型糖尿病の男女262人を対象に2007〜2009年に行ったもの。患者の年齢は30〜75歳(平均55.8歳)で、HbA1cの平均値は7.7%だった。

 Church教授は「糖尿病の人では、有酸素運動とレジスタンス運動を組み合わせて、継続して行うことで相乗的な効果を期待できる。どちらか一方だけに偏っていていると、あまり効果を期待できなくなる」と話す。

週に140分の運動を続けただけでHbA1cは低下
 研究では、参加者に9ヵ月の運動療法プログラムに参加してもらい、その際に(1)レジスタンス運動のみを行うグループ、(2)有酸素運動のみを行うグループ、(3)両方を組み合わせて行うグループ、(4)運動を何もしないグループに分かれてもらった。

 (1)のレジスタンス運動のグループには週に3日の運動、(2)の有酸素運動のグループには12kcal/kg/週の運動にそれぞれ取り組んでもらった。(3)の両方の運動を行うグループには10kcal/kg/週の有酸素運動、週に2回のレジスタンス運動に取り組んでもらった。

 レジスタンス運動の内容は、ベンチプレスやショルダープレスなどの上体を鍛える運動、レッグプレスやスクワットなどの下肢を鍛える運動、腹筋や背筋を鍛える運動で構成されていた。

 その結果、何も運動をしなかった対照群に比べ、運動を組み合わせて行った(3)のグループのみで、過去1〜2ヵ月の血糖値の平均を反映するHbA1cの平均値が有意に低下しており、対照群との差はマイナス0.34ポイントだった。(1)のグループではマイナス0.16ポイント、(2)のグループではマイナス0.24ポイントとなり、特にレジスタンス運動のみのグループでは期待していたほどHbA1c値は低下しなかった。

 内臓脂肪の蓄積を示すウエスト径や体脂肪量でも、運動を組み合わせて行ったグループがもっとも改善した。ウエスト径は、腹囲はすべてのグループで対照群に比べ減少したが、(1)でマイナス1.9cm、(2)でマイナス1.5cmだったのに対し、(3)の2種類の運動を組み合わせて行ったグループはマイナス2.8cmともっともウエスト径が減少していた。また体脂肪量は、(1)平均マイナス1.4kg、(3)平均マイナス1.7kgとなり、それぞれ対照群に比べ有意に減少した。

 Church教授は「運動を行うことで、ブドウ糖や脂肪酸の利用が促され、血糖が低下する。インスリン抵抗性が改善し、肥満対策にもなる。2種類の運動を合わせて週に140分(1日平均20分)行うだけでも、続ければ高い効果を得られる」と強調している。

 この研究は米国医師会が発行する「Journal of the American Medical Association」11月24日号に発表された。

PBRC Demonstrates Benefits of Aerobics and Resistance Training Combination to Individuals with Type 2 Diabetes(ルイジアナ州立大学ペニントン・バイオ医学研究センター)
Effects of Aerobic and Resistance Training on Hemoglobin A1c Levels in Patients With Type 2 Diabetes
Journal of the American Medical Association, 2010;304(20):2253-2262. doi: 10.1001/jama.2010.1710

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート