一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

動脈硬化は全身に起こる 動脈硬化に関する意識調査

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) CKD(慢性腎臓病) 動脈硬化 健診・保健指導

 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーは、「動脈硬化に関する意識」調査を実施した。全身に起きる動脈硬化は、部位によっては患者の自覚症状が出にくい場合もあり、発見や遅れにつながっている。調査では、動脈硬化が起きる部位として「心臓」(87%)や「頭」(78%)と回答した人が多かった一方で、「足」(32%)や「腎臓」(9%)などについての認知度は低いことが分かった。
心臓・頭以外の動脈硬化の認知は約3割
 調査は、体が示す動脈硬化のサインへの認知や理解、動脈硬化の危険因子の有無をアンケート調査したもので、2010年12月上旬に全国の40歳代から70歳代の男女800名を対象にインターネットで実施した。

 主な内容は以下の通り――

  • 動脈硬化が起きる部位として、「心臓」(87%)や「頭」(78%)については比較的良く知られているが、「足」(32%)、「首」(30%)、「腹部」(17%)、「腎臓」(9%)についてはあまり知られていない。

  • 腎臓に起きる動脈硬化(腎動脈狭窄症)が高血圧の一因となることが知られるが、そのことを知っている人は13%(高血圧のある人では15%)と少ない。腎動脈狭窄症は腎臓の血管が狭くなる病気で、これにより腎臓の血圧コントロール機能がうまく働くなり高血圧が引き起こされる。初期の段階では自覚症状がほとんどないため、気が付いた時にはかなり進行しており、慢性腎疾患(CKD)や腎不全に進展し透析が必要となることもあるという。

  • 動脈硬化の危険因子をもつ人の42%が、足の冷えや痺れ、または「歩くと痛み、休むと治る」という、閉塞性動脈硬化症(PAD)に特徴的な症状を感じているが、半数近くは「病院に行くような症状ではないと思うから」、「年齢のせいだと思うから」などの理由で医療機関での診療を受けていない。

 今回の調査について、東邦大学医療センター大橋病院循環器内科の中村正人教授は「今まで安定していた血圧が急に上がった、血液検査でクレアチニン値が急に上がっており、医師に腎臓の機能低下が起こっているといわれた、全身に動脈硬化があるといわれたなどがある場合は、腎動脈狭窄症を疑い医療機関で治療を受けた方がよい」と指摘している。

 さらに、「動脈硬化を原因とする疾患は、食生活や運動など生活習慣の延長であるため、軽視されがちだが、脳や心臓で発症すると、ある日突然に命を奪われる危険もある重篤な疾患。足の動脈硬化は、足関節と上腕の血圧比の測定で簡単に検査することができる。日常生活に動脈硬化の危険因子がある方やご高齢の方は、ABIを受けることをお勧めする」と述べている。

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年12月14日
【新型コロナ】医療機関への通院を抑制した人は25% コロナを契機に健康に関心をもった人も多い 健保連調査

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート