一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

テレビの前ですごす時間が長いと心疾患の危険が高まる 英研究

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) 心筋梗塞/狭心症 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 身体活動・運動不足

 座ったままテレビを見たりビデオゲームで遊ぶ時間の長い人では、心疾患の危険性が高まる傾向があるという研究が発表された。研究者らは「座ったまますごす余暇の時間を減らし、もっと運動した方が良い」とアドバイスしている。
1日4時間以上テレビを見る人はリスクが2倍に
 英ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ(UCL)のEmmanuel Stamatakis氏らの研究チームは、スコットランド国民健康調査に参加した成人4512人(男性 1945人、女性 2567人)のデータをもとに調査した。テレビの視聴やテレビゲームなど、余暇時間に画面を見ながら費やす時間の長さと、心血管疾患(CVD)の発症との関連を調べた。

 その結果、テレビなどの画面の前に座ってすごす時間が1日4時間以上のグループでは、全死因による死亡が1.48倍に増え、CVDイベントは1.25倍に増えていた。1日2時間未満のグループと、1日4時間以上のグループを比較したところ、死亡リスクは後者の方が48%高かった。

 喫煙、高血圧、体格指数(BMI)、運動といった要因を調整して解析しても結果は変わらなかったが、炎症や脂質異常との関連性を見出すことができた。

 テレビの前に座ってすごす時間が長いと心疾患イベントが増える傾向の多くは、C反応性蛋白(CRP)、BMI、LDLコレステロールにより説明できるという。肥満や炎症マーカーとして使われるCRPや、悪玉とされるLDLコレステロールは、いずれも高値になると心疾患の危険因子となる。テレビの前に座っていた時間が1日4時間以上のグループでは、2時間未満のグループに比べCRPが2倍近く高かった。

 「運動や身体活動を増やせば、健康をおびやかす危険性を低下することができる。座ったまますごす時間をなるべく減らし、余暇時間に運動することを促す対策が必要だろう」とStamatakis氏は述べている。

 この研究は、米国心臓病学会誌「Journal of the American College of Cardiology」1月18日号に発表された。

本文を一部訂正いたしました。(2011年2月1日更新)

Screen-Based Entertainment Time, All-Cause Mortality, and Cardiovascular Events
Journal of the American College of Cardiology, 2011 57: 292-299

関連情報
テレビ視聴時間が長くなるほど運動量は減少(糖尿病NET)
テレビの見すぎは寿命を縮める 座ったまま過ごす時間を減らそう(糖尿病NET)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート