一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

座ったままの時間が続くと不健康に「立ち上がり、もっと動こう」

キーワード: 糖尿病 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 三多(多動・多休・多接)

 椅子やソファーに座ったまますごす時間が多いと、運動時間が少ないのと同様に、健康に悪いことが知られている。最近の研究によると、体を動かさず座ったまますごす時間の長さだけでなく、頻度や回数も影響するらしい。座ったまますごす時間をなるべく減らし、少しでも運動や身体活動を増やすと、体に良い効果が出てくるという。
座ったままの生活は糖尿病や動脈硬化の危険性を高める
 適度に活発な運動を習慣として行うと健康に恩恵がもたらされることが、多くの研究で確かめられている。しかし、長時間座っていることが健康にどのくらい悪影響をおよぼす可能性があるかは良く分かっていない。

 オーストラリアのクイーンズランド大学のGenevieve Healy博士(公衆衛生学)らの研究チームは、2003〜2006年の米国民健康調査(NHANES)に参加した成人4757人のデータを解析した。

座っている時間を減らす対策
 職場で座ったまますごす時間を減らし、体を動かすことを促す具体的な対策として、Healy博士は下記をアドバイスしている。
  • 電話は立ったままする

  • 連絡を電話や電子メールで済まさず、歩いて相手に会いに行く

  • 会議や打合せを、立ったまま行う

  • なるべく違う階のトイレを使う

  • ゴミ箱やプリンタなどを離れた場所に置き、そこまで歩くようにする

  • なるべく階段を使い、エレベーターを使わない
 この研究は、欧州心臓病学会(ESC)が発行する医学誌「European Heart Journal」1月12日号に発表された。

 参加者にウォーキングなどの運動や、日常での活動の時間と強度を、加速度センサーで計測する活動量計を持ち歩いてもらった。活動量計を7日間、腰に着けてもらい、運動をしている時間や座ったまますごす時間や回数を計測した。

 同時に参加者を対象にウエスト周囲径、血圧、コレステロール値、C反応性蛋白値、中性脂肪値、空腹時血糖値、インスリン値の検査を行い、罹病歴や喫煙、飲酒、食事などの生活習慣について問診した。

 座ったまますごす時間量は、もっとも少ない人では1日に1.8時間、多い人では21.2時間だった。

 解析した結果、座ったまま過ごす時間が長い人では、心臓病や2型糖尿病、動脈硬化症の危険性が高くなっていた。

 座ったままの時間が長く、体を動かさない人では、ウエスト周囲径(へそまわり)が大きい、善玉とされるHDLコレステロールが低い、炎症の重要なマーカーとなるC反応性蛋白値が高い、中性脂肪値が高いなど脂質異常が多い傾向がみられた。

 ウエスト周囲径が大きい人は内臓脂肪が多く、動脈硬化ず進みやすく、C反応性蛋白は心筋梗塞や脳梗塞を発症する危険性を予測するマーカーになると考えられている。

 余暇時間に活発な運動をしている人でも、座ったままの時間が長い生活をおくっていると、検査値が悪化することも分かった。座ったままの時間が長い人ほど、よりウエスト周囲径が大きく、C反応性蛋白値が悪化していた。

座ったままの時間を少しでも減らすと体に良い効果がある
 「座ったまますごす時間の長さともっとも強い関連がみられたのは脂質異常だ。脂質異常はインスリン抵抗性の原因となり、インスリン抵抗性は2型糖尿病の原因となるほか、高血圧や動脈硬化の進行とも関わりがある。座ったまますごす頻度と関連が深いのはウエスト周囲径だった。回数がもっとも少ない25%のグループでは、多いグループ25%に比べ、ウエスト周囲径が平均で4.1cm少なかった」とHealy博士は話す。

 「椅子などに座ったまますごす時間を少しでも、たとえ1分でも減らすことが、危険性を減らすことにつながる。職場やオフィスなどでは、生産性を損なわないようにして、座ったままの時間をなるべく減らす対策を促すことが大切だ。“立ち上がろう、もっと動こう、なるべく多く”といったスローガンを浸透させる必要があるかもしれない」とHealy博士は話す。

 1日の中でもっとも長いのは、座ったまますごす時間だ。職場環境がコンピュータ化されるにつれ、椅子に座る時間はますます長くなるだろう。座っていることが体に良くないという共通の認識をもつことが対策になる。「社会が変化し便利になるにつれ、体を動かさず座ってすごす時間が増えていった。運動を習慣として行うことに加え、意識して座ったままの時間を減らすことが重要だ」とHealy博士は強調している。

Stand up, move more, more often: study finds more breaks from sitting are good for waistlines and hearts(欧州心臓病学会)
Sedentary time and cardio-metabolic biomarkers in US adults: NHANES 2003-06
European Heart Journal. doi:10.1093/eurheartj/ehq451

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート