一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

腹部脂肪率・内臓脂肪レベルと腹囲を同時計測する「腹部脂肪計」

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム

 タニタは、あおむけに寝た姿勢で腹部(体幹部)の脂肪率や内臓脂肪レベル、腹囲を同時に計測する腹部脂肪計「AB-140」(非医療器)を2月1日より発売する。腹部の脂肪率および内臓脂肪レベルと腹囲とを同時に計測する装置の実用化は世界初。


出典:(株)タニタ プレスリリース
 腹部脂肪計「AB-140」は、アーチ型の形状をした本体と、4つの電極を内蔵し無線通信機能を備えたインピーダンス計で構成される。腹囲は巻尺ではかった腹囲と腹部の横幅に強い相関があることを利用し、推定値を割り出す仕組みをとりいれた。

 測定では、本体を対象者の腹部にかぶせ、頂部にあるレーザーを照射してヘソの位置に中心点を合わせる。左右にある複数の距離センサーにより、非接触で腹部の横幅をはかる。得られたデータを独自の計算式にとりこみ、腹囲を推定する。腹部の横幅は、呼吸による変動が少ないため再現性に優れ、より正確な腹囲の推定が可能であることを確かめた。

 腹部の脂肪率と内臓脂肪レベルは、インピーダンス計を直接ヘソの位置に乗せ前面の電気抵抗値をはかる。ヘソの位置合わせは、本体から照射されるレーザーによって行う。計測したデータは赤外線無線通信により本体に送信。このデータと腹筋群の発達度合いから間接的に内臓脂肪レベルを、電解質の量から腹部の脂肪率をそれぞれ推定し表示する。

 これまで困難だった身体に障害がある人でも、負担をかけず簡単に腹部の脂肪率などの計測が行えるのが特徴。タニタはこれまでに介護・福祉分野向けに、車いすに乗ったままはかれる体重計や手すりを備えた体重計を開発・販売してきた。体脂肪計が一般化してくるとともに、生活習慣病がクローズアップされてくる中で、肢体が不自由など障害のある人からも使いたいというニーズが高まっているという。

 一連の計測にかかわる時間は約30秒ですみ、操作も男女を選択して測定ボタンを押すだけ。身長や年齢などを入力する必要はない。本体・インピーダンス計ともにバッテリー方式(本体は外部電源の利用も可)による駆動のため、コードが絡まったり断線したりするなどのトラブルもない。総重量は3.1kgと軽量なため簡単に持ち運びができる。

 腹部脂肪計「AB-140」の価格は29万4000円(消費税込み)。同社は、介護・福祉施設や運動療法施設などをターゲットに初年度300台、3年後に1000台の販売を計画している。

(株)タニタ

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート