一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

善玉のビフィズス菌が腸を守るメカニズムを解明 理研など

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 食生活

 ヒトの腸内には、病気の原因となる「悪玉菌」や、健康維持に活躍する「善玉菌」など、腸内常在細菌が100兆個ほどもあるという。無数の腸内菌が集まってできる「菌叢」を食事でコントロールできれば、健康増進につながる可能性がある。

 善玉菌を増やせば悪玉菌が減り、健康増進や予防医学に役立てられると考えられているが、その予防効果の作用メカニズムはよく分かっていない。

 腸内細菌の一種であるビフィズス菌が、O157による腸の炎症や死亡を防ぐ仕組みを、理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターなどの研究グループがマウスを使った実験で解明した。

善玉菌(プロバイオティクス)による健康増進や予防に期待
ビフィズス菌によるO157感染死を予防する効果
 ビフィズス菌は善玉菌のひとつで、プロバイオティクスのヨーグルトなどの発酵乳製品や整腸剤として利用されている。

 一方、O157は食中毒の原因菌のひとつで、下痢や腹痛を引き起こす。ひどい場合には出血性大腸炎や、毒素が体内に入ると溶血性尿毒症症候群、脳症などを発症することもある。

 研究チームは、体内に菌をもたないマウスにビフィズス菌を1週間、経口投与した。その後に、O157を感染させて腸内を調べた。

 その結果、O157による血液中の毒素量は、ビフィズス菌を与えたマウスでは5分の1以下に抑えられていた。与えていないマウスはこの毒素で死んだ。このことから、O157が感染死を予防していることが分かった。

 生存したマウスの腸内を調べたところ、ビフィズス菌を与えたマウスでは、ブドウ糖などの糖類の量が2分の1以下に減少しており、短鎖脂肪酸のひとつである酢酸の量が2倍近く高くなっていた。

 さらに、遺伝子を解析した結果、ビフィズス菌を与えたマウスでは、細胞のエネルギー代謝や抗炎症作用に関係する遺伝子群の発現が2〜3倍上昇していることが分かった。

 ビフィズス菌の遺伝子が果糖を菌内に取り込む働きをし、腸内で果糖から酢酸を生成し、血中にO157の毒素が侵入するのを防ぎ腸粘膜を保護する「バリアー」にような効果を高めていると考えている。

 この研究は、英科学誌「ネイチャー」に1月27日付で発表された。

ビフィズス菌の作る酢酸がO157感染を抑止することを発見(理化学研究所、2011年1月27日)
Bifidobacteria can protect from enteropathogenic infection through production of acetate
Nature, Volume 469 543-547, Date published:(27 January 2011), DOI:doi:10.1038/nature09646

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月06日
メタボ対策のために「1日1万歩」は必要? ウォーキングの真の目標が明らかに
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典