一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

がん予防:4割が「意識していない」 7割は「治療費が心配」

キーワード: がん

 食事や運動、禁煙など生活習慣を改善することで「がん予防」を意識している人が3〜4割に上る一方で、4割は「心がけていることはない」と感じていることが日本能率協会総合研究所のアンケート調査で分かった。

 調査では、がんの発症とがん細胞が増えるのを防ぐ体の免疫の働きについての認知度を聞いた。

 「健康な人でも体内で毎日およそ5000個のガン細胞ができている」ことや、「NK細胞などの免疫系が、体内で生まれたガン細胞を成長し増殖する前に摘み取っている」ことを知っていた人は全体の約30%にとどまり、約70%は「知らなかった」と回答した。

 ガン予防のために心がけていることとして多かったのは(1)禁煙(29%)、(2)「食生活の改善」(26%)、(3)「ストレスをためない」(25%)だった。

 「定期的な運動」(18%)や「節酒」、「ガン検診の受診」などを含めると30〜40%が「がん予防を心がけている」と答えたが、「心がけていることはない」という人も約40%に上った。

 ガン予防や免疫力向上のために意識してとっている食品として多く挙げられたのは「納豆」、「ヨーグルト」、「きのこ類」、「野菜類」だったが、約70%は「特に意識して摂取している食材はない」と回答。ガンの予防や免疫力向上を意識して食品を選んでいる人は少ないことが示された。

 ガン予防などのために行っている運動で多かったのは(1)「なるべく歩く・階段を使う」(25%)、(2)「日常でなるべく体を動かす」(23%)、(3)「散歩・ウォーキング」(21%)。「意識して行っている運動はない」という人は54%に上った。

 がんになった場合に心配することを複数回答で尋ねたところ、「治療費」が72%でもっとも多く、以下は「死」(56%)、「痛み」(53%)、家族(46%)と続き、就労(失職)も21%に上った。

 将来がんになる可能性について尋ねたところ、半数を超える人ががんになる可能性を感じており、がんは治る病気と思うか尋ねたところ、「非常にそう思う」が5%、「ややそう思う」が39%で、全体では4割強ががんは治る病気と考えていることが分かった。

ガンのメカニズムと予防に関する意識調査(日本能率協会総合研究所、2011年2月4日)
アンケート調査は20〜60代の男女1000人を対象に、昨年12月にインターネット上で実施したもの。

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典