一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

貯筋運動で地域の健康・体力つくりを推進 貯筋プロジェクト

キーワード: 「多動」身体を活発に動かす 健診・保健指導 身体活動・運動不足

 2月に横浜で開催された「生涯スポーツ・体力つくり全国会議2011」で、地域における健康・体力つくりとして「貯筋運動プロジェクト」が紹介された。
毎日の運動で貯筋 道具のいらない筋力トレーニング
 「貯筋運動」は、福永哲夫氏(鹿屋体育大学学長)が提唱するもので、特に中高年者が習慣的に運動を行い体力を高めると、筋力が鍛えられエネルギーを消費しやすい体になり、年齢を高くなってからも骨折や転倒の予防につながるという考え方。地域のスポーツクラブなどの運動施設で、健康運動指導士を中心に普及させたい考えだ。

 貯筋運動では、筋力の衰えが始まる前に運動を始め、筋肉を貯金のように増やしていくのがコツとなる。運動器具などを使わず日常でできる筋力トレーニングが中心となる。

 福永氏によると、筋肉量は加齢とともに減少する。20歳代に比べ平均すると、膝伸展筋は1年間に1%萎縮していき、60歳代には大腿前部で10%以上、腹部で20%以上減少するという。それにともない、肘屈曲や膝伸展、ピッチ・ストライド(歩幅)といった運動能力も衰えていく。

 脚の筋肉の萎縮や筋力の低下は、高齢になってからの転倒や骨折の原因となる。また体力が低下していると、病気の発症やケガをきっかけに老化が急激に進むおそれがある。運動や身体運動を適切に実施するために、筋量と筋力が衰えないよう日頃から筋力を高めておくことが重要だ。

 貯筋運動は椅子やクッションなど、日常の環境で続けられる運動を中心に構成されている。例えば、イスを使ったスクワット、キック、直立しながら行うニーアップ、テーブルを使いながら行うカーフレイズ、クッションを使うシットアップ、うでたてなど。

 貯筋教室の参加者(平均年齢70歳)を対象とした試験では、12週間の貯筋運動により30秒上体起こしテストの記録は5回未満から15回以上に向上したという。

 参加者がトレーニングの効果を測る体力測定(残高チェック)を行うことで、自分の体の変化を理解し、また、トレーニングの効果を測る体力測定(貯筋通帳)により、参加者のやる気を引き上げるのに役立つ。

 「高齢者向けの健康増進事業」を実施する地方自治体が増えており、今後は「貯筋教室を地域の公民館や保健センターなどにも広げたい」としている。

生涯スポーツ・体力つくり全国会議2011 第5分科会
地域における健康・体力つくり〜貯筋プロジェクト

日時:平成23年2月3日
会場:横浜ロイヤルパークホテル(神奈川県)
パネリスト:
(1)「総合型地域スポーツクラブで行う貯筋運動プロジェクトの効果」
福永哲夫 (鹿屋体育大学 学長)
(2)「総合型地域スポーツクラブで行う健康・体力つくり事業の効果」
松本 弘志 (NPO法人高津総合型スポーツクラブSELF 理事)
(3)「健康運動指導士が総合型地域スポーツクラブで仕事をすること〜外から見た総合型地域スポーツクラブ」
梅田 陽子 (健康運動指導士・トータルフィット株式会社 代表取締役)

貯筋運動プロジェクト((財)健康・体力づくり事業財団)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート