一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

骨粗鬆症スクリーニングの新しいガイドライン 米国予防医療作業部会

キーワード: 二少(少食・少酒) 「無煙」喫煙は万病の元 「少酒」お酒はほどほどに 三多(多動・多休・多接)

 米国人を対象とした骨粗鬆症のスクリーニング検査について、米保健厚生省(HHS)の予防医療作業部会(USPSTF)が新しいガイドラインと声明を1月に発表した。対象を骨粗鬆症の危険性の高い65歳以上の女性だけでなく、喫煙や飲酒などの危険因子のあるより若い女性にも拡大した。
骨粗鬆症の危険要因は「加齢」「低体重」「喫煙」「飲酒」
 骨粗鬆症は骨組織がスカスカになり弱くなって骨折しやすくなる病気。加齢にともない患者数は増えていき、一般的には男性より女性でより多くみられ、特に白人で他の人種に比べ頻度が高い。

 声明では、2012年までに50歳以上の米国人のうち、約1200万人が骨粗鬆症になると予測している。閉経後女性は生涯のうちに、半数以上は骨粗鬆症に関連する骨折が発生し、15%が股関節骨折を経験するという。

 骨粗鬆症性の骨折(特に股関節部骨折)は、慢性的な疼痛をともない、生活の質(QOL)の低下や、死亡率の上昇を引き起こす。股関節部骨折は男性では女性ほど多くないが、股関節部骨折を起こした男性のは3分の1は1年以内に死亡するという報告もあり、骨折の防止に向けた対策は重要だ。

 ガイドラインでは、骨粗鬆症性のスクリーニングの対象を、65歳以上の全女性と骨折リスクの高い閉経後女性に拡大した。根底にあるエビデンスについて医師が検討するだけでなく、患者の状況に応じて決定することを提案している。

 この勧告はUSPSTFの2002年のガイドラインを改訂したもの。医学誌「Annals of Internal Medicine」オンライン版に1月18日付で掲載された。

 骨折の危険性は一般的に、年齢が高くなるにつれ増していく。それ以外にも「“低体重(低BMI)”、“喫煙している”、“毎日の飲酒”、“両親に骨折の既往がある”といった生活習慣が骨粗鬆症の危険因子となり、骨折のリスクを高める。最近の研究では、60歳未満の女性が治療をうけることで骨折の減少につながることも示唆されている」とUSPSTF議長のNed Calonge博士は話す。

骨粗鬆症の検査・治療が効果的
 男性については、骨粗鬆症の検査の適切な時期について、今回は十分なエビデンスを得られなかった。また、骨粗鬆症の治療は効果があり、治療の開始してから18〜24ヵ月以内に効果を得られることが示された。そのためガイドラインでは、特定の年齢で骨粗鬆症のスクリーニングを制限するべきではないとしている。

 「米国で65歳以上の人口は増加している。骨粗鬆症のスクリーニングは、骨折の危険が高く治療により予防を期待できる女性でとりわけ重要だが、それ以外の危険因子のある患者についても、臨床医は骨粗鬆症のスクリーニングについて知っておくべきだ」とCalonge博士は話す。

 骨粗鬆症のスクリーニングには骨密度の測定が含まれ、米国でも医療保険が適用される。USPSTFによると、股関節と腰椎の骨にX線をあてて吸収率から骨量(骨密度)を測定する「二重エネルギーX線吸収(DXA)法」検査と、踵の定量的超音波検査がスクリーニングとして一般的に使用される検査であり、最近ではDXA検査のみで診断されることが多い。

 骨粗鬆症による骨折の予防治療には、十分なカルシウムの摂取、ビタミンDの摂取、骨量を増やすために体重を負荷して行う運動、薬物療法があるという。骨折の危険性の高い閉経後女性では、薬物治療(ビスホスホネート、副甲状腺ホルモン、ラロキシフェンやエストロゲン)に効果があることが示された。

Routine Osteoporosis Screening Recommended for All Women over Age 65(米国保健厚生省、1月17日)
Screening for Osteoporosis(米国予防医療作業部会)
Screening for Osteoporosis: U.S. Preventive Services Task Force Recommendation Statement
Annals of Internal Medicine, 2011;154:356-364

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート