一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

高血圧の原因遺伝子:東アジア人共通の遺伝子を同定

キーワード: 高血圧 糖尿病 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 「少酒」お酒はほどほどに 健診・保健指導

 日本人を含む東アジア人に共通する高血圧の原因となる遺伝子を同定したと、国立国際医療研究センターの研究グループらが発表した。東アジアの5万人以上を対象とした国際共同研究による、大規模全ゲノム関連解析の成果。
遺伝と生活習慣がからまり高血圧症を発症
 高血圧は日本をはじめ、世界でもっとも多くみられる疾患で、世界の成人の4人に1人が高血圧とみられている。高血圧は自覚症状をあまりともなわないが、脳卒中や心筋梗塞といった心血管症や動脈硬化症の原因となる。腎臓にも負担がかかるので腎臓病の原因にもなる。

 高血圧の発症に、食生活、運動習慣、嗜好品、ストレスなどの生活習慣が影響する。食事や運動を中心とした生活習慣改善が効果的だが、全ての人が実行するのは簡単ではない。また、高血圧症の薬物療法も行われており、効果的な降圧薬が治療に使われているが、多くの患者で十分な血圧コントロールを得られていない現状がある。

 全体の9割以上が原因不明な「本態性高血圧症」で、多くの患者で遺伝が高血圧の発症に関わっているとみられている。これまでの研究で、高血圧の原因となる遺伝子(責任遺伝子)は数多くみつかっているが、さまざまな生活習慣が複雑にからみあい発症するので、親から受け継ぐ“高血圧体質”の基盤となる責任遺伝子についてはよく分かっていない。

 高血圧の責任遺伝子が分かれば、1人ひとりに合わせた療養指導や治療を行えるようになると考えられている。そのため、責任遺伝子を同定しようとする研究は世界中で行われている。

東アジア人のゲノムを解析 高血圧に関連する13種類を発見
 今回、研究チームは、東アジア人に特有の遺伝子をみつけるため、日本人、韓国人、中国人を対象とした多施設国際共同研究を開始した。これは、高血圧、糖尿病、肥満などのなりやすさを遺伝子レベルで解明するための研究で、日本、韓国、中国、台湾、シンガポールなどの研究チームで構成されている。

 5万人以上の東アジア人の全遺伝情報を解析し、高血圧に関連する13種類の遺伝子を特定した。このうちの5種類は白人ではみつかっていないという。また7種類は東アジア人で統計学的に有意性が確かめられた。残りの1種類は酒に強いか弱いかを決める遺伝子で、飲酒後に生じる悪酔いの原因物質アセトアルデヒドを分解する酵素を作る「ALDH2」だった。

 東アジア人で遺伝性がもっとも強いのは、ALDH2の活性を規定する遺伝子多型であることも分かった。日本人では4割近くが不活性型で、活性型の人は不活性型と比べて、血圧が上昇する傾向があり、血糖、BMI(体格指数)も上昇しやすいことが示された。

 これだけだと心血管症のリスクが高まるようにみえるが、一方で活性型では、LDL(悪玉)コレステロールの低下と、HDL(善玉)コレステロールの増加傾向が示され、総合的には動脈硬化が抑えられリスク低減効果の方が大きいという。

 ALDH2多型の遺伝的効果は、飲酒によって強まる。不活性型の多い日本人ではアルコールの飲みすぎが動脈硬化の進展につながりやすいとみられる。

 研究者は「両親からひとつずつ受け継いだALDH2の対立遺伝子がともに活性型の人は、体質的に飲酒が可能で、適量レベルであれば、血圧上昇効果があっても心筋梗塞に対して予防的効果がある。ただし、実際には、血圧だけでもALDH2以外に数多くの遺伝子が関わるので、総合効果の点で“遺伝要因と生活習慣(飲酒)、心血管病の関わり”をよくみたうえで、療養指導などを行う必要がある」と説明している。

 この研究は、国立国際医療研究センター研究所の加藤規弘・遺伝子診断治療開発研究部長らの研究グループによるもので、英国の科学誌「Nature Genetics」オンライン版に5月16日付で発表された。

 今回の研究成果は主に次の3点――

  1. 東アジア人を対象に、高血圧に関する大規模全ゲノム関連解析を行い、新規のもの5つを含む計13の遺伝子座を同定した。
  2. 欧州人と東アジア人の間で共通する部分も多いが、人種に特異的な遺伝子もある。そのうちの一部は、環境への適応のために生じた自然選択によるものとみられる。
  3. 遺伝子と環境の間に相互作用があるとみられる。この「遺伝-環境相互作用」に関わる明確な事例が示され、患者1人ひとりの生活習慣に影響されながら、心血管病の発症リスクは複合的に規定されることが実証された。

初めて東アジア人の高血圧関連遺伝子を同定(国立国際医療研究センター 2011年5月16日)
Meta-analysis of genome-wide association studies identifies common variants associated with blood pressure variation in east Asians
Nature Genetics, 2011 DOI:doi:10.1038/ng.834

健康を脅かす上位リスクは高血圧、喫煙、糖尿病 WHO報告(糖尿病NET)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2018年01月17日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2018年01月17日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2018年01月11日
糖尿病3分間ラーニング、いま話題の〈血糖トレンド編〉公開
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月12日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む

疾患 ▶ 高血圧

2018年01月17日
「電子たばこ」は禁煙の成功率を低下させる 禁煙治療を遠ざけるおそれ
2018年01月17日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月12日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年12月07日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功に導く

テーマ ▶ 健診・保健指導

2018年01月17日
東京都が「感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集
2018年01月17日
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整
2018年01月17日
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる
2017年12月21日
【健やか21】「厚生労働省×コウノドリ」タイアップリーフレット配布中
2017年12月14日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2017年10月19日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年09月28日
今年は食後高血糖(血糖値スパイク)「糖をはかる日」講演会開催間近!!
2017年09月26日
糖尿病合併症のバイオマーカー:GAの臨床的意義
2017年08月23日
10月8日は、「糖をはかる日」講演会2017 参加者募集開始
2017年07月04日
高リスク糖尿病の二次予防はLDL-C70未満 動脈硬化性疾患予防GL改訂

疾患 ▶ 動脈硬化

2018年01月17日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月12日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月07日
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2017年11月02日
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月03日
日本の糖尿病有病者は1000万人超 予備群は減少 国民健康・栄養調査
2017年08月16日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典