一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

平成22年度食育白書 食育への関心伸びず 朝食抜きが増加

キーワード: 二少(少食・少酒) 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 食生活 身体活動・運動不足

 政府は27日の閣議で、内閣府がまとめた「平成22年度食育白書」を決定した。第1次計画で掲げられた9項目の目標のうち、達成できたのは「メタボの認知率」、「食育推進に関わるボランティア数」の2項目にとどまった。

 2005年7月に食育基本法が施行され、11年3月に決定された第2次食育推進基本計画では、毎年6月を「食育月間」として定めるなど、食育を国民運動として推進することとしている。

 2006年度から取組みが始まった「第1次食育推進基本計画」から5年が経過し、今年度から「第2次計画」がスタートする。今年6回目となる白書では、第1次計画についての評価と、それをふまえた課題について報告している。

 主な内容は次の通り――

「食育」を知っている人は74%
 2010年12月「食育の現状と意識に関する調査」によると、「食育」という言葉を知っていた人の割合は74.0%(「言葉も意味も知っていた」44.0%、「言葉は知っていたが、意味は知らなかった」30.1%の合計)で、09年12月調査と比較して横ばいで変化はなかった

朝食を毎日食べる人は85% 朝食抜き増の世代も
 朝食を「ほとんど毎日食べる」人の割合は85.3%であり、2009年12月調査と比較すると横ばいで変化はなかった。年代別・性別にみると、「ほとんど毎日食べる」人の割合は、男性の60歳代、70歳以上、女性の60歳代、70歳以上で高く、「ほとんど食べない」人の割合は、男性の20歳代、30歳代、40歳代で高い。

朝食をとると体調や生活の質が向上する
 朝食を毎日食べる利点として「生活のリズムがとれる」(74.1%)、「体調が良い」(55.0%)、「朝、排便がある」(40.5%)、「家族とのコミュニケーションがとれる」(30.5%)など、体調や生活の質を向上を挙げる人が多かった。

家族と食事をとる人は約半数
 朝食や夕食を家族と一緒に食べる頻度については、朝食を「ほとんど毎日」家族と一緒に食べる人の割合は50.1%、夕食を「ほとんど毎日」家族と一緒に食べる人の割合は56.5%であり2009年調査と比べ横ばいだった。

メタボ予防・改善のための食事・運動 半数が実践
 メタボリックシンドロームの予防・改善のために、「(1)適切な食事」、「(2)定期的な運動」、「(3)週に複数回の体重計測」のいずれかを実施している人の割合は、「半年以上継続している」が41.5%、「実践しているが、半年未満である」が4.7%、「時々気をつけているが、継続的ではない」と回答した人が25.8%だった。一方、「現在していないし、しようとも思わない」は21.2%だった。

食事バランスガイド 目標の達成率は50%
 「食事バランスガイド」等を参考に食生活を送っている人の割合は50.2%で、5年で60%以上を目指した目標の達成率は50.2%にとどまった。

目標値と達成状況(2011年3月現在)
 2011年3月現在、9項目のうち、「内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)を認知している国民の割合」、「食育の推進に関わるボランティアの数」については目標値を達成した。しかし、他の7項目については、目標値を達成していない。
出典:平成23年版食育白書(内閣府)
第2次食育計画 目標を11項目に拡大
 今年から「第2次食育推進基本計画」が開始され、2015年度までの5年間続けられる。

 白書では重点課題として、「(1)生涯にわたるライフステージに応じた間断ない食育の推進」、「(2)生活習慣病の予防及び改善につながる食育の推進」、「(3)家庭における共食を通じた子どもへの食育の推進」の3点を挙げられた。

 食育推進目標は、第1次計画より2項目多い11項目が掲げられた。

平成23年版食育白書(内閣府)
  第2次食育推進基本計画の概要

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート