一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

運動のパートナーはコンピュータゲームでも効果的

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 運動

 運動を始めたいけれど、相手がいないと楽しくない・・・そんなことを感じたことはないだろうか。米ミシガン州立大学の研究者らは、コンピュータゲームの仮想パートナーが相手であっても運動の動機づけとして有用だとする新しい研究を発表した。


ミシガン州立大学のDeborah Feltz氏
 「現代の生活では、屋外で体を動かす機会が減り、運動不足が増えている。健康増進のために運動が必要だと理解していても、なかなかやる気を引き出せない」とミシガン州立大学運動学部主任のDeborah Feltz氏は説明する。

 「研究では、運動を指導してくれるパートナーがいると、運動を促す動機づけになる。人前で運動するときに社会的な不安感を感じる人は少なくないが、そうした不安をやわらげるのにも役立つ」としている。

 心理学やコーチングの分野で「ケーラー効果(Kohler effect)」という考え方がある。人間関係での役割を明確にして、全体の活性化をはかろうというもの。ケーラー効果にもとづく機能を設計し組込むことで、ヘルスゲームを活発な運動の動機づけに利用できる可能性があるという。

 研究チームは、ヘルスゲームを運動の動機づけに利用できるかを検証した。「結果として、コンピュータゲームを用いた運動であっても、仮想パートナーがいると、実際に動機づけを与え運動を改善できることが示唆された」とFeltz氏が話す。「運動を向上する可能性のある機能を追加した新たなヘルスゲームの開発につながる成果だ」としている。

仮想パートナーがいると運動を長く続けられる

ヘルスゲーム研究所での実験
仮想パートナーを相手に運動
 コンピュータゲームの仮想パートナーが、より長く、頻繁に運動を続ける動機づけとなるかを判定するために、研究チームはアイ・カメラと市販されているゲーム機を組合わせて用いた。約200名の参加者に腹筋エクササイズを中心とした運動に取り組んでもらった。

 参加者に5つのエクササイズ最初のシリーズに、単独でできるだけ長く取り組んでもらった。休憩後に、1つのグループには残りの4エクササイズを、モニターに写された別の場所にいる同性のパートナーと行ってもらった。常にパートナーの運動能力が、参加者よりも優れたレベルになるように調整した。

 結果は、有能な仮想パートナーと運動したグループでは、残りのエクササイズのすべてで成績が向上していた。平均で24%長く運動していた。

 「運動に特化されたエクササイズジムのような場所に行って指導を受けられなくとも、仮想パートナーがいれば実際的な障害を解決できることが示唆された」とFeltz氏は話す。

 実際の運動のパートナーが必ずしも最良とは限らないことも分かった。「パートナーに合わせて運動を続けられないと分かるとやる気を失い、パートナーが常に遅い場合にも退屈する。仮想パートナーが相手であれば調整が可能だ」と述べている。

 この研究は、医学誌「Journal of Sport and Exercise Psychology」に発表された。米ロバート・ウッド・ジョンソン財団の助成を得て行われている「ヘルスゲーム研究(Health Games Research)」の一環として行われた。2007年に開始されたこの研究では、デジタル・ゲームが健康増進にどのように役立つかを検討するために21の試験が行われており、1000万ドル以上の研究資金が使われている。

Virtual workout partners spur better results(ミシガン州立大学 2011年5月18日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典