一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

トマトの水溶性成分がインスリン抵抗性を改善 血圧上昇も抑制

キーワード: 糖尿病 食生活

 トマトの水溶性成分に、血糖値や血圧の上昇を抑制する効果があることが、カゴメ総合研究所と近畿大学農学部の共同研究であきらかになった。

 トマトにはカロテノイド(色素成分)であるリコピンが豊富に含まれる。リコペンには抗酸化作用があり、活性酸素が原因となるさまざまな疾病の予防作用があると期待されている。

 トマトにはそれ以外にも水溶性成分であるアミノ酸やクエン酸などが含まれる。今回の研究は、これらの成分にも疾患を改善する効果があるかを検証したもの。

 トマト漿液はトマトジュースをろ過し沈殿物を除去した液で、リコピンは含まれないが、アミノ酸やクエン酸などの成分が含まれている。研究では、高血圧と糖代謝異常のあるラットを使い、トマト漿液の血圧や血糖値、血中インスリン濃度への影響を調べた。

 ラットをトマト漿液を含む飼料を摂取させる群と、トマト漿液を含まない飼料を摂取させる群に分け、17週齢まで飼育を行い、週に1回の血圧の測定を行った。また、8、10、13、16週齢時にグルコース投与後の血糖値と血漿インスリン濃度の変動を測定した。

 トマト漿液を与えたラットでは、血圧が低くなる傾向がみられ、与えなかった群で15週齢以降に3匹のラットが死亡したのに対し、全てのラットが17週齢まで生存していた。また、糖負荷後の血糖値の上昇が抑制されており、血中インスリン濃度も低く抑えられていた。

 近畿大学農学部の村上哲男教授は「トマトにはリコピン以外に、クエン酸やアミノ酸なども豊富に含まれる。トマト漿液により、血圧と血糖値の上昇が抑えられていた。血中のインスリン濃度が低く抑えられていたことから、これらの成分がインスリン抵抗性を改善していると考えられる」と述べている。

 研究結果は、5月に東京で開催された第65回日本栄養・食糧学会大会で発表された。

カゴメ
近畿大学

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート