一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

マスターズスポーツ科学研究会が発足 [和歌山]

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 運動

 中高齢者が年齢に適したスポーツや運動を通して健康維持の方策をさぐる「マスターズスポーツ科学研究会」が発足した。第1回マスターズスポーツ科学研究会は、6月12日に和歌山市本町のフォルテワジマで開催された。和歌山大学や和歌山県立医科大学の医師や研究者らが参加し、今後の活動について論じた。

 日本は世界トップクラスの長寿国である一方、高齢化が進展している。和歌山県は全国的にも高い高齢者県で、高齢化率は近畿府県内で1位、全国では7位(26.4%)となっている。

 急速な人口高齢化の進展に伴い、疾病構造も変化しており、がんや心疾患、脳卒中、2型糖尿病などの生活習慣病が増加し、死亡原因の6割を占めている。これらの多くは、運動・スポーツを習慣的に行うことで予防・改善が可能だ。

 スポーツ・運動を続けると、筋委縮や骨粗鬆症の予防効果を期待でき、心肺能力や運動能力、バランス能力の向上にもつながる。スポーツは爽快感や活気をもたらし、高齢者のQOL(生活の質)も向上する。

 同研究会は、トップアスリートからすでに運動を習慣化している人、健康増進のための運動を始める意欲をもっている人などを対象に、医学的なデータにもとづくトレーニングメニューの開発・提供などを行う考えだ。

 中高齢者のスポーツ・運動の普及振興について、「中高齢者の競技者にご自身の体について知識を深めていただき、よりスポーツを楽しんでもらえるよう情報を提供する」と述べている。

 8月25日には「マスターズ医科学シンポジウム」を和歌山市本町のフォルテワジマで開催する。和歌山県立医科大学リハビリテーション医学の田島文博教授、信州大学大学加齢適応医科学系の能勢博教授らが講演する予定。

マスターズスポーツ科学研究会

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
全国生活習慣病予防月間2019少酒
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典