一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「テレビを消して、もっと体を動かそう」 長時間視聴はキケン

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化 三多(多動・多休・多接) 運動

 テレビの視聴時間が長いと、2型糖尿病や心疾患の危険性が高くなるという研究が米国で発表された。

 テレビの視聴が生活の一部となっているという人は多いが、そうした習慣を変える潮時かもしれない。テレビの視聴時間は2型糖尿病や心疾患、早死の危険性と関連がある――米ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)の研究チームによる過去40年にわたる研究で、こんなことがあきらかになった。「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association)」に6月15日付で発表された。

 「シンプルなことだが、テレビを視聴する時間を減らせば、体を動かさないで過ごす時間も減り、身体活動レベルの増加が促される。テレビを見る時間を減らすことで、2型糖尿病、心疾患、早死の危険を大きく減らせる」とハーバード公衆衛生大学院のFrank Hu教授(臨床栄養学)は話す。

テレビの視聴時間:1日2時間増えると糖尿病のリスクが20%上昇
 世界中で多くの人がテレビの視聴に多くの時間を費やしている。調査によると、毎日の余暇時間にテレビの前での過ごす平均時間は、欧州では40%、オーストラリアでは50%になるという。これは、1日3〜4時間に相当する。

 米国人ではテレビの視聴時間は平均5時間未満と報告された。テレビの長時間の視聴が身体活動の低下や不健康な食事につながるとする研究論文も発表されている。

 研究チームは、1970〜2011年に発表された論文をメタ解析した。その中には米国、欧州、オーストラリアで行われた8件の大規模な前向きコホート研究法が含まれていた。テレビの視聴時間と2型糖尿病、心疾患などとの関連を調べた。

 すると、1日のテレビ視聴時間が2時間増えると、2型糖尿病と心疾患の危険が増加することが分かった。視聴時間が3時間を越えると、死亡の危険が増加した。

 テレビの視聴時間が1日あたり2時間増えると、2型糖尿病の発症リスクが20%、致死性および非致死性の心臓病リスクが15%、何らかの原因によるで早死のリスクが13%、それぞれ高くなることが分かった。糖尿病と心臓病のリスクは視聴時間に比例して高まるが、早死リスクは視聴時間が1日3時間以上になると一気に増える傾向がみられたという。

 1日のテレビ視聴時間が2時間増えると、2型糖尿病の発症リスクは20%、致死性および非致死性の心疾患のリスクが15%、何らかの原因によるで早死のリスクが13%、それぞれ高くなっていた。

 研究者らは米国の発症数から計算し、10万人における1年当たりの新規発症数をはじきだした。テレビの視聴時間が1日2時間増えるごとに、2型糖尿病では176人、致死性心疾患では38人、全原因死亡では104人、それぞれ発症に影響するという。

 米国では成人の2型糖尿病が急増している。テレビの視聴時間が長いと、不健康な食事、身体活動の低下につながり、これらは肥満の増加や2型糖尿病と心疾患の両方の危険因子となる。

 「テレビを長時間見るライフスタイルの定着は、2型糖尿病と心疾患にとって深刻な危険因子となることは明白だ」と論文主著者のAnders Grontved氏は話す。

 「今後は、インターネットやパソコン、ゲームなどのメディアにまで範囲を拡大し、エネルギーの摂取と消費のバランスや、慢性疾患の危険性に対する影響を調べた方が良いだろう」としている。

Prolonged Television Viewing Linked to Increased Risk of Type 2 Diabetes, Cardiovascular Disease, and Premature Death(ハーバード公衆衛生大学院 2011年6月14日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

疾患 ▶ 高血圧

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月01日
なぜ「朝食」は食べた方が良いのか? 糖尿病や体重の管理が改善

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決

疾患 ▶ 動脈硬化

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月03日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年09月10日
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典