一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「テレビを消して、もっと体を動かそう」 長時間視聴はキケン

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 テレビの視聴時間が長いと、2型糖尿病や心疾患の危険性が高くなるという研究が米国で発表された。

 テレビの視聴が生活の一部となっているという人は多いが、そうした習慣を変える潮時かもしれない。テレビの視聴時間は2型糖尿病や心疾患、早死の危険性と関連がある――米ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)の研究チームによる過去40年にわたる研究で、こんなことがあきらかになった。「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association)」に6月15日付で発表された。

 「シンプルなことだが、テレビを視聴する時間を減らせば、体を動かさないで過ごす時間も減り、身体活動レベルの増加が促される。テレビを見る時間を減らすことで、2型糖尿病、心疾患、早死の危険を大きく減らせる」とハーバード公衆衛生大学院のFrank Hu教授(臨床栄養学)は話す。

テレビの視聴時間:1日2時間増えると糖尿病のリスクが20%上昇
 世界中で多くの人がテレビの視聴に多くの時間を費やしている。調査によると、毎日の余暇時間にテレビの前での過ごす平均時間は、欧州では40%、オーストラリアでは50%になるという。これは、1日3〜4時間に相当する。

 米国人ではテレビの視聴時間は平均5時間未満と報告された。テレビの長時間の視聴が身体活動の低下や不健康な食事につながるとする研究論文も発表されている。

 研究チームは、1970〜2011年に発表された論文をメタ解析した。その中には米国、欧州、オーストラリアで行われた8件の大規模な前向きコホート研究法が含まれていた。テレビの視聴時間と2型糖尿病、心疾患などとの関連を調べた。

 すると、1日のテレビ視聴時間が2時間増えると、2型糖尿病と心疾患の危険が増加することが分かった。視聴時間が3時間を越えると、死亡の危険が増加した。

 テレビの視聴時間が1日あたり2時間増えると、2型糖尿病の発症リスクが20%、致死性および非致死性の心臓病リスクが15%、何らかの原因によるで早死のリスクが13%、それぞれ高くなることが分かった。糖尿病と心臓病のリスクは視聴時間に比例して高まるが、早死リスクは視聴時間が1日3時間以上になると一気に増える傾向がみられたという。

 1日のテレビ視聴時間が2時間増えると、2型糖尿病の発症リスクは20%、致死性および非致死性の心疾患のリスクが15%、何らかの原因によるで早死のリスクが13%、それぞれ高くなっていた。

 研究者らは米国の発症数から計算し、10万人における1年当たりの新規発症数をはじきだした。テレビの視聴時間が1日2時間増えるごとに、2型糖尿病では176人、致死性心疾患では38人、全原因死亡では104人、それぞれ発症に影響するという。

 米国では成人の2型糖尿病が急増している。テレビの視聴時間が長いと、不健康な食事、身体活動の低下につながり、これらは肥満の増加や2型糖尿病と心疾患の両方の危険因子となる。

 「テレビを長時間見るライフスタイルの定着は、2型糖尿病と心疾患にとって深刻な危険因子となることは明白だ」と論文主著者のAnders Grontved氏は話す。

 「今後は、インターネットやパソコン、ゲームなどのメディアにまで範囲を拡大し、エネルギーの摂取と消費のバランスや、慢性疾患の危険性に対する影響を調べた方が良いだろう」としている。

Prolonged Television Viewing Linked to Increased Risk of Type 2 Diabetes, Cardiovascular Disease, and Premature Death(ハーバード公衆衛生大学院 2011年6月14日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
食事の改善で「腎臓病」のリスクを減らせる 高血圧・糖尿病・肥満がCKDの要因

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果

疾患 ▶ 動脈硬化

2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が糖尿病リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート