一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
糖尿病の早期発見は「HbA1c」と「空腹時血糖」で 発症を高率で予測
2011年06月29日
 「HbA1c値」と「空腹時血糖値」の2つの検査を定期的に行うことで、糖尿病を発症する危険性の高い人を高い確率でみつけだすことができ、早期に治療を開始するために効果的であることが、筑波大学、虎の門病院の研究チームによる縦断的コホート研究であきらかになった。医学誌「Lancet」オンライン版に6月25日付で発表された。

 まだ糖尿病と診断されるほどではないが、血糖値が正常より高くなっている人は、年齢が高くなると2型糖尿病などの生活習慣病を発症する危険性が高いことが分かっている。“糖尿病予備群”と分かったときから食事や運動などの生活習慣を改善することで、病気の発症や進展を抑えられると考えられている。そのために、糖尿病のリスクを早期に発見する必要がある。

 研究を発表したのは、曽根博仁・筑波大学教授ら研究チーム。調査の対象となったのは、1997〜2003年に虎の門病院(東京)の人間ドックを受診し、ベースライン時に糖尿病と診断されていなかった24〜82歳の6241人(男性4670人、女性1571人)。

 「空腹時血糖値が高め(100〜125mg/dL、5.6〜6.9mmol/L)」、「HbA1cが高め(5.7〜6.4%、国際標準値)」という条件にあてはめ、4つのグループに分けて比較した。糖尿病の検査を毎年受けてもらい、糖尿病の発症を平均4.7年間追跡して調査した。

 空腹時血糖値が高めの人のうち糖尿病を発症した人は9%、HbA1cが高め(日本の検査値で5.3〜6.0%)の人で発症した人は7%だった。一方、空腹時血糖値とHbA1cがともに高めの人の場合、38%の人が糖尿病を発症した。調整後の糖尿病発症のハザード比は、空腹時血糖のみの検査では6.16、HbA1cのみの検査では6.00だったが、両方を行った場合は31.9に上昇した。

 HbA1c値は採血時から過去1〜2ヵ月の平均的な血糖値を示す。日本糖尿病学会は昨年に糖尿病の診断基準を改定し、HbA1cをより重視し、血糖値と同じ日の測定で糖尿病と判定できるようにした。今回の研究でも、HbA1c値と血糖値のどちらか1つだけの検査では発症リスクは6倍程度で、2つの検査を併用すると有効性が高いことが示された。

「糖尿病型」と「境界型(糖尿病予備群)」
 医療機関で血液検査を受け、血糖値が高く糖尿病の診断基準を満たしてる患者は“糖尿病型”と判定される。糖尿病ではない“正常型”と判定されるのは「空腹時血糖値が正常」、「経口ブドウ糖負荷試験で2時間値が正常」といった条件を満たしたとき。“糖尿病型”と“正常型”の中間にある場合は“境界型”と判定される。
 日本では境界型の診断と臨床との関連を調べた研究は多くはないが、米国などでは“糖尿病前症(prediabetes)”というとらえ方が定着しており、前症の段階から食事や運動などの生活習慣を改善することが大切だと考えられている。

HbA1c 5.7―6.4% and impaired fasting plasma glucose for diagnosis of prediabetes and risk of progression to diabetes in Japan (TOPICS 3): a longitudinal cohort study
The Lancet, Early Online Publication, 25 June 2011 doi:10.1016/S0140-6736(11)60472-8

(TERA)  

賞金5万円! スローガン募集 全国生活習慣病予防月間2015  2014年11月07日
参加者募集:市民公開講演会「"多休"で生活習慣病・がんを予防する」  2014年11月04日
薬局でHbA1cを測定したら4人に1人が糖尿病か予備群だった  2014年10月29日
体重を減らす確実な方法 今日から始められる簡単な2つの対策  2014年10月27日
男性の理想的なライフスタイル これだけ守れば健康寿命を延ばせる  2014年10月27日
1日1杯の牛乳が糖尿病リスクを下げる 死亡率は4割低下  2014年10月27日
がんのリスクは糖尿病予備群の段階で上昇 軽く考えずに対策を  2014年10月27日
長時間座わると足の血管に悪影響 5分間のウォーキングで解消  2014年10月27日
「妊婦マーク」「小児救急電話」知ってる? 母子保健の世論調査  2014年10月27日
ブラジャーの着用で乳がんは増える? 乳がん予防に必要な条件  2014年10月27日
健保組合の1162億円の赤字に 3分の2の組合が赤字  2014年10月27日
腎臓病の食事療法は難しくない 病態栄養セミナーの開催報告  2014年10月20日
ひとつかみの「くるみ」が健康の切り札 研究が進む「くるみ」の魅力とは?  2014年10月20日
認知症の高齢者の消費者トラブルが1万件超 国民生活センター  2014年10月17日
日本人の「4人に1人」が65歳以上の高齢者 過去最多の3,296万人  2014年10月17日
糖尿病、肥満、がん、認知症のすべてに効果的な「魔法の薬」が判明  2014年10月17日
運動を毎日続ければ心不全のリスクは46%低下 4万人を調査  2014年10月17日
骨を丈夫にする食生活 カルシウムを豊富に含む10の食品  2014年10月17日
自殺の再発予防に支援プログラムが有効 チーム医療で自殺は防げる  2014年10月17日
「有酸素運動」と「レジスタンス運動」を組合せると効果は最大に  2014年10月09日
社会保障の意識調査 「高齢者の負担増はやむをえない」が3割  2014年10月09日
6割が「老後」の不安・悩みを抱えている 国民生活世論調査  2014年10月09日
朝食を毎日とると子供の2型糖尿病リスクは低下する  2014年10月09日
30〜40歳代で肥満になると認知症のリスクが高まる  2014年10月09日
20分の仮眠が脳を活性化する コーヒーを飲んでから寝ると効果的  2014年10月09日
「ポールウォーキング」で全身運動 安全に歩行能力を高める運動法  2014年10月03日
「保健事業の求人情報」 掲載企業を新たに2社追加 保健指導リソースガイド  2014年10月03日
糖尿病を動画で学べる「糖尿病3分間ラーニング」DVDを発売  2014年10月02日
バスや電車で通勤すると体重が減る 通勤手段によってBMIに差  2014年09月26日
即席めん中心の食事スタイルが肥満やメタボを増やす  2014年09月26日
バーベキューを楽しむために 知っておきたい7つの注意点  2014年09月26日
ヨガを行うと脳が活性化される 8週間のヨガクラスで改善  2014年09月26日
運動のやり過ぎには注意 運動量が多過ぎると心臓病リスクが上昇  2014年09月26日
糖尿病を動画で学べる「糖尿病3分間ラーニング」DVDを10月に発売  2014年09月19日
外食でカロリーが200kcal増える カロリー表示の利用を呼び掛け  2014年09月19日
タニタ 大正製薬
保健指導求人情報
保健指導リソースガイドへ