一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
糖尿病の早期発見は「HbA1c」と「空腹時血糖」で 発症を高率で予測
2011年06月29日
 「HbA1c値」と「空腹時血糖値」の2つの検査を定期的に行うことで、糖尿病を発症する危険性の高い人を高い確率でみつけだすことができ、早期に治療を開始するために効果的であることが、筑波大学、虎の門病院の研究チームによる縦断的コホート研究であきらかになった。医学誌「Lancet」オンライン版に6月25日付で発表された。

 まだ糖尿病と診断されるほどではないが、血糖値が正常より高くなっている人は、年齢が高くなると2型糖尿病などの生活習慣病を発症する危険性が高いことが分かっている。“糖尿病予備群”と分かったときから食事や運動などの生活習慣を改善することで、病気の発症や進展を抑えられると考えられている。そのために、糖尿病のリスクを早期に発見する必要がある。

 研究を発表したのは、曽根博仁・筑波大学教授ら研究チーム。調査の対象となったのは、1997〜2003年に虎の門病院(東京)の人間ドックを受診し、ベースライン時に糖尿病と診断されていなかった24〜82歳の6241人(男性4670人、女性1571人)。

 「空腹時血糖値が高め(100〜125mg/dL、5.6〜6.9mmol/L)」、「HbA1cが高め(5.7〜6.4%、国際標準値)」という条件にあてはめ、4つのグループに分けて比較した。糖尿病の検査を毎年受けてもらい、糖尿病の発症を平均4.7年間追跡して調査した。

 空腹時血糖値が高めの人のうち糖尿病を発症した人は9%、HbA1cが高め(日本の検査値で5.3〜6.0%)の人で発症した人は7%だった。一方、空腹時血糖値とHbA1cがともに高めの人の場合、38%の人が糖尿病を発症した。調整後の糖尿病発症のハザード比は、空腹時血糖のみの検査では6.16、HbA1cのみの検査では6.00だったが、両方を行った場合は31.9に上昇した。

 HbA1c値は採血時から過去1〜2ヵ月の平均的な血糖値を示す。日本糖尿病学会は昨年に糖尿病の診断基準を改定し、HbA1cをより重視し、血糖値と同じ日の測定で糖尿病と判定できるようにした。今回の研究でも、HbA1c値と血糖値のどちらか1つだけの検査では発症リスクは6倍程度で、2つの検査を併用すると有効性が高いことが示された。

「糖尿病型」と「境界型(糖尿病予備群)」
 医療機関で血液検査を受け、血糖値が高く糖尿病の診断基準を満たしてる患者は“糖尿病型”と判定される。糖尿病ではない“正常型”と判定されるのは「空腹時血糖値が正常」、「経口ブドウ糖負荷試験で2時間値が正常」といった条件を満たしたとき。“糖尿病型”と“正常型”の中間にある場合は“境界型”と判定される。
 日本では境界型の診断と臨床との関連を調べた研究は多くはないが、米国などでは“糖尿病前症(prediabetes)”というとらえ方が定着しており、前症の段階から食事や運動などの生活習慣を改善することが大切だと考えられている。

HbA1c 5.7―6.4% and impaired fasting plasma glucose for diagnosis of prediabetes and risk of progression to diabetes in Japan (TOPICS 3): a longitudinal cohort study
The Lancet, Early Online Publication, 25 June 2011 doi:10.1016/S0140-6736(11)60472-8

(TERA)  

ダイエットを成功させる3つの条件 「便利」「魅力的」あと1つは?  2015年06月25日
「ロコモ度テスト」でロコモを判定 運動器の低下に若いうちから対策  2015年06月25日
ファストフードを食べ過ぎると腸内細菌が減少 肥満や糖尿病の原因に  2015年06月25日
握力が低下すると心筋梗塞や脳卒中のリスクが上昇 握力が体力の指標に  2015年06月25日
脳卒中は女性にも多い病気 危険信号を知っておけば迅速に治療できる  2015年06月25日
腎障害バイオマーカーL-FABPとAKI  2015年06月25日
夜勤シフトは睡眠障害リスクを上昇 肥満や糖尿病の予防に何が必要?  2015年06月25日
受動喫煙の防止は世界的な潮流 防止条例の制定を提言 日本学術会議  2015年06月25日
残った歯が多いほど寿命は延びる 歯科医師会が最新エビデンスを公開  2015年06月25日
「過労死ゼロ」に向けて 週60時間以上働く人を5%以下に 大綱案  2015年06月25日
肥満症をストップ 肥満が11の病気の原因に こうすれば予防・改善できる  2015年06月17日
【栄養指導者セミナー】運動効果を上げる糖質摂取の極意 参加者募集  2015年06月17日
緑茶とコーヒーを飲むと心臓病や脳卒中のリスクが低下  2015年06月15日
たった2分間のウォーキングで運動不足の悪影響をリセット  2015年06月15日
肉の脂肪を摂り過ぎる心臓にダメージが 飽和脂肪酸が心筋を破壊  2015年06月15日
熱中症の予防や治療、効果的な方法は? 救急医学会がガイドラインを公開  2015年06月15日
歯周病予防のために3つのチェックポイント 歯科医師が解説  2015年06月15日
子どもの半数が「寝る直前までスマホ」 睡眠や生活習慣の乱れに影響  2015年06月15日
肥満の原因のタンパク質を解明 肥満治療薬の開発に期待  2015年06月15日
がんと新たに診断されるのは98万人と予測 国立がん研究センター  2015年06月15日
若年性認知症の実態調査 発症後8割の人が失職 「解雇された」例も   2015年06月15日
がん患者と家族を支援する「がんナビゲーター」 日本癌治療学会が新設  2015年06月15日
休日は高脂肪の食事に注意 たった5日間で筋肉のエネルギー代謝が低下  2015年06月04日
認知症を予防するのための食事スタイルが判明 糖尿病や肥満の改善効果も  2015年06月04日
胃がん検診に内視鏡をはじめて推奨 50歳以上は2〜3年に1度の受診を  2015年06月04日
孤独な高齢者の医療費は上昇 高齢者の孤立を防ぐ効果的な介入が必要  2015年06月04日
2型糖尿病とうつ病は認知症の発症リスクを高める 発症が2倍に増加  2015年06月04日
野菜摂取や運動の目標 大多数が達成できず 東京都調査  2015年06月04日
犬とのふれあいが愛情ホルモンを刺激 うつ病や認知症の治療に応用  2015年06月04日
残留農薬が多い野菜を食べると男性の精子が半減 米研究  2015年06月04日
健保組合の保険料率が8年連続で上昇 はじめて9%台に  2015年06月04日
子どもの誤飲事故 医薬品が大幅に増加しトップに 事故が起きた時の対策  2015年06月04日
【アンケートのお願い】小児1型糖尿病患者さんの治療環境について  2015年06月01日
くるみを食べて心筋梗塞、脳卒中、肥満、がん、認知症を予防  2015年05月26日
糖尿病が悪化すると睡眠の質も悪化 睡眠を改善する治療が効果的  2015年05月24日
タニタ 大正製薬
保健指導求人情報
保健指導リソースガイドへ