一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

クラウド利用の健康増進プログラムを共同開発 つくばWRとIBM

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 運動

 つくばウエルネスリサーチと日本IBMは、IBMのクラウド基盤を利用し、新たな健康増進プログラムを共同開発すると発表した。つくばウエルネスリサーチが開発した「新e-wellnessシステム」を使用し、参加者個人の生活パターンや健康への関心度合いに合わせた個別プログラムを提供するサービスなどを開発する。

 つくばウエルネスリサーチは、筑波大学でのスポーツ医学の研究成果を基盤に設立された大学発ベンチャー企業。ITを活用した科学的根拠(エビデンス)にもとづく健康増進を目指し、個別運動・栄養プログラム「新e-wellnessシステム」を開発した。

 e-wellnessシステムでは、体力テストで身体活動量や体力などを評価し、個別の指導プログラムを提供するサービス。参加者1人ひとりの状態に適応したプログラムを提供できるのが特長で、すでに全国の自治体・企業健保などで約5万人が活用し、医療費の削減効果があることを実証しているという。地域や職域の健康増進施策への活用が期待されている。

 共同開発では、これまで蓄積してきた膨大な活動実績データ(日々の総歩数や速歩数、筋力トレーニングなどの時系列データ)に、個人のライフスタイルなどの情報を加味し、データマイニングや機械学習の手法を用いて多角的に分析する。IBMのクラウド基盤で再構築されたシステムのテスト運用を5月に開始し、7月から本格運用する予定。

 健康増進プログラムでは、利用者にいかに長く継続してもらい効果を出していくかが課題となる。両社が開発している「継続支援エンジン」では、時系列データマイニング技術を用いて、システム内の活動実績データを分析し、脱落する人・継続する人に特徴的に現れる行動パターンを特定する。これらの組み合わせから各参加者の脱落可能性を判定するモデルを作成する。

 このモデルに加え、つくばウエルネスリサーチの指導理論にもとづき、特定された各行動パターンに対する改善プログラムを用意し、個々の参加者の継続可能性と行動パターンに即した個別の指導プログラムを提供できるようにする。

 さらに、参加者個人の生活パターンや健康への関心度合い等を加味した分析にもとづき、より改善効果の高い指導プログラムを作成する「ライフスタイル型プログラム」も開発する。

つくばウエルネスリサーチ
日本アイ・ビー・エム

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典