一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

葉酸、ビタミンB6で心血管疾患のリスクが低下 5.8万人を調査

キーワード: 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 抗加齢(アンチエイジング)

 食事で葉酸やビタミンB6を十分にとっている人では、そうでない人に比べ、心不全や脳卒中、冠動脈疾患(CHD)などの心血管疾患による死亡リスクが低下することが、磯博康・大阪大学大学院医学系研究科教授(公衆衛生学)らの研究チームの調査で分かった。

 葉酸は、ほうれん草の抽出物から発見されたビタミンB群の一種。ほうれん草や芽きゃべつ、モロヘイヤなどの野菜や、レバーなど動物性食品にも含まれる。
葉酸やビタミンB6が不足すると、血中ホモシステインが上昇
 この研究は、40〜79歳の男性2万3119人と女性3万5611人を対象に、平均14年にわたり追跡調査した大規模コホート研究「JACC Study」。これまでに日本人を対象に食事による葉酸やビタミンB類の摂取と心疾患リスクとの関連を調べた研究は少ない。

 研究チームは、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12の摂取量により5つのグループに分けた。葉酸は、(1)272μg/d未満、(2)272〜351μg/d、(3)352〜430μg/d、(4)431〜535μg/d、(5)536μg/d以上。ビタミンB12は(1)4.5μg/d未満、(2)4.5〜5.9μg/d、(3)6.0〜7.6μg/d、(4)7.7〜9.8μg/d、(5)9.9μg/d以上。

 期間中に死亡した数は、脳卒中986人、冠性心疾患424人、心疾患2087人だった。年齢、体格指数(BMI)、喫煙、アルコール、高血圧症や糖尿病の既往歴、脂肪の摂取などの影響を取り除いて解析したところ、葉酸やビタミンB6の摂取量のもっとも多いグループともっとも少ないグループとでは、心疾患などによる死亡リスクに明白な差が出た。

 リスク低下の寄与が大きい疾患は男女で異なっており、摂取量がもっとも多い(5)と、もっとも少ない(1)を比べたところ、男性では心不全の死亡リスクが葉酸で50%、ビタミンB6で61%低下していた。女性では虚血性心疾患の死亡リスクが葉酸で43%、ビタミンB6で53%低下していた。

 「葉酸やビタミンB6をよくとっている人では、心疾患を予防できている可能性がある。これらの栄養素を食事で十分にとることを心がけるとよいだろう」と磯教授は話す。

 心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす動脈硬化の原因として、LDL(悪玉)コレステロールがよく知られているが、最近の研究で注目されているのは、アミノ酸の一種である「ホモシステイン」。

 ホモシステインは、肝臓で行われるアミノ酸(システイン)の代謝過程で一時的につくられる。葉酸やビタミンB6が不足すると、システインへの代謝が低下し、血中のホモシステイン量が上昇する。その結果、活性酸素が生じ動脈硬化の原因になる。

 研究者らは「葉酸とビタミンB6が、血中ホモシステイン濃度を低下させ、心疾患からの保護作用をもたらしている可能性がある」と説明している。

 葉酸は野菜や果物、全粒粉、豆類などに多く含まれ、ビタミンB6は野菜、魚、レバー、肉、全粒粉などに多く含まれる。葉酸の推奨摂取量は、男女とも1日に240μg程度。平成20年の国民健康・栄養調査によると、男性は平均312μg/日、女性は平均294μg/日を摂取している。

 この研究は医学誌「Stroke」に発表された。

Dietary Folate and Vitamin B6 and B12 Intake in Relation to Mortality From Cardiovascular Diseases
Stroke, 2010, 41: 1285-1289 Published online before print April 15, 2010
Diet high in B-vitamins lowers heart risks in Japanese study(米国心臓学会 2010年4月15日)
JACC Study

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2018年01月17日
東京都が「感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集
2018年01月17日
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整
2018年01月17日
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる
2017年12月21日
【健やか21】「厚生労働省×コウノドリ」タイアップリーフレット配布中
2017年12月14日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年01月17日
尿1ミリリットルで「がん診断」 簡単な検査でがんを早期発見
2018年01月17日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2017年11月15日
インフルエンザの流行に備える 糖尿病の人に必要な5つの予防法
2017年10月27日
うつ病の予防に週1時間の運動 ウォーキングは気分を明るくする
2017年10月03日
日本の糖尿病有病者は1000万人超 予備群は減少 国民健康・栄養調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2017年09月28日
今年は食後高血糖(血糖値スパイク)「糖をはかる日」講演会開催間近!!
2017年09月26日
糖尿病合併症のバイオマーカー:GAの臨床的意義
2017年08月23日
10月8日は、「糖をはかる日」講演会2017 参加者募集開始
2017年08月07日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年07月04日
高リスク糖尿病の二次予防はLDL-C70未満 動脈硬化性疾患予防GL改訂

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2017年10月19日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年09月28日
今年は食後高血糖(血糖値スパイク)「糖をはかる日」講演会開催間近!!
2017年09月26日
糖尿病合併症のバイオマーカー:GAの臨床的意義
2017年08月23日
10月8日は、「糖をはかる日」講演会2017 参加者募集開始
2017年07月04日
高リスク糖尿病の二次予防はLDL-C70未満 動脈硬化性疾患予防GL改訂

疾患 ▶ 動脈硬化

2018年01月17日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月12日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月07日
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2017年10月05日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年09月22日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年08月31日
「介護職員が不足」が6割 3年連続で悪化 介護労働実態調査
2017年07月20日
ウォーキングで下半身を強くすると運動を続けやすい 「老化は足から」
2017年07月05日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
全国生活習慣病予防月間2018少食
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
医療動画データベース「medoga(メドーガ)」
保健指導リソースガイド
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典