一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
メンタルヘルスケアへの取組み 事業所の7割は「必要あり」
2011年07月21日
 心の健康(メンタルヘルス)に問題を抱えている社員がいる事業所は6割弱に上り、メンタルヘルス不調による休職や退職者がいる事業所の3分の1は対策に取り組んでいない――こんな実態が、労働政策研究・研修機構がまとめた「職場におけるメンタルヘルスケア対策に関する調査」であきらかになった。

 調査は同機構が昨年9〜10月に、全国の従業員10人以上の民間事業所1万4000ヵ所を対象に、郵送配布・回収により行った(回収数は5250件)。
57%の事業所でメンタルヘルス不調「あり」
 メンタルヘルスに問題を抱えている正社員がいる事業所は56.7%で、うちの31.7%は3年前に比べてその人数が「増えた」と回答した。逆に「減った」のは18.4%にとどまり全体で増加傾向がみられる。特に1000人以上の事業所では、不調者が「いる」と回答した割合は72.6%で、「いない」(26.6%)を大きく上回った。

 産業別にみると、メンタルヘルスの不調者のいる割合がもっとも高いのは「医療・福祉」(76.6%)で、次いで「情報通信業」(73.0%)、「製造業」(67.9%)と続く。

 メンタルヘルス不調による1ヵ月以上の休職者や退職者が多いのは、若年層が多いとみられる「役職なし」(66.6%)で、次いで「係長クラス」(19.8%)、「課長クラス」(8.1%)と続く。

 メンタルヘルス不調の原因は、「本人の性格の問題」(67.7%)とトップ、次いで「職場の人間関係」(58.4%)、「仕事量・負荷の増大」(38.2%)、「仕事の責任の増大」(31.7%)、「上司・部下のコミュニケーション不足」(29.1%)、「家庭の問題」(29.1%)、「成果を求めることによる競争過多」(12.6%)と続く。

メンタルヘルスケアへの取り組み 7割が「強化する必要がある」
 過去1年間に1ヵ月以上の休職や退職をした従業員がいた事業所のうち、メンタルヘルスに「取り組んでいる」事業所が64.0%と過半数を占めたが、「取り組んでいない」事業所も32.2%に上った。

 産業別にみると、「取り組んでいる」事業所の割合が高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」(88.8%)で、次いで「金融業、保険業」(75.3%)、「情報通信業」(75.0%)と続く。逆に「取り組んでいない」割合が高いのは「鉱業、採石業、砂利採取業」(98.0%)、「生活関連サービス業、娯楽業」(70.4%)、「宿泊業、飲食サービス業」(63.5%)、「卸売業、小売業」(54.3%)など。

 メンタルヘルスの不調は、生産性の低下や重大事故の発生などにつながるおそれがある。企業のマイナスのパフォーマンスとの関係について、86.2%の事業所は「関係がある」と回答した。

 メンタルヘルスケアに取り組んでおり、産業医やカウンセラーなどの専門スタッフを配置している事業所は過半数の58.1%。一方で「いない」と回答した事業所は39.3%と4割近くに上った。

 メンタルヘルスケアに取り組んでいない理由は「必要性を感じない」(42.2%)、「専門スタッフがいない」(35.5%)、「取り組み方が分からない」(31.0%)など。規模が小さい事業所ほど「経費がかかる」、「必要性を感じない」などの理由が多かった。

 メンタルヘルスケアへの今後の取り組みを「強化する必要がある」と回答した事業所は70.2%で、「必要ない」の26.5%を大きく上回った。メンタルヘルスケアに取り組んでいない事業所でも、52.4%が「必要がある」と回答し、今後の取り組みの広がりが予測できる結果となった。

 厚生労働省の労働政策審議会では、ストレス症状を有する労働者に対する面接指導制度の導入などを提言し、法改正も含めた検討が行われている。同機構では「メンタルヘルスに対する社会的な関心は高まっており、さまざまな取り組みが広がりつつある」としている。

「職場におけるメンタルヘルスケア対策に関する調査」結果(労働政策研究・研修機構 2011年6月23日)
労働政策研究・研修機構

(TERA)  

ダイエットを成功させる3つの条件 「便利」「魅力的」あと1つは?  2015年06月25日
「ロコモ度テスト」でロコモを判定 運動器の低下に若いうちから対策  2015年06月25日
ファストフードを食べ過ぎると腸内細菌が減少 肥満や糖尿病の原因に  2015年06月25日
握力が低下すると心筋梗塞や脳卒中のリスクが上昇 握力が体力の指標に  2015年06月25日
脳卒中は女性にも多い病気 危険信号を知っておけば迅速に治療できる  2015年06月25日
腎障害バイオマーカーL-FABPとAKI  2015年06月25日
夜勤シフトは睡眠障害リスクを上昇 肥満や糖尿病の予防に何が必要?  2015年06月25日
受動喫煙の防止は世界的な潮流 防止条例の制定を提言 日本学術会議  2015年06月25日
残った歯が多いほど寿命は延びる 歯科医師会が最新エビデンスを公開  2015年06月25日
「過労死ゼロ」に向けて 週60時間以上働く人を5%以下に 大綱案  2015年06月25日
肥満症をストップ 肥満が11の病気の原因に こうすれば予防・改善できる  2015年06月17日
【栄養指導者セミナー】運動効果を上げる糖質摂取の極意 参加者募集  2015年06月17日
緑茶とコーヒーを飲むと心臓病や脳卒中のリスクが低下  2015年06月15日
たった2分間のウォーキングで運動不足の悪影響をリセット  2015年06月15日
肉の脂肪を摂り過ぎる心臓にダメージが 飽和脂肪酸が心筋を破壊  2015年06月15日
熱中症の予防や治療、効果的な方法は? 救急医学会がガイドラインを公開  2015年06月15日
歯周病予防のために3つのチェックポイント 歯科医師が解説  2015年06月15日
子どもの半数が「寝る直前までスマホ」 睡眠や生活習慣の乱れに影響  2015年06月15日
肥満の原因のタンパク質を解明 肥満治療薬の開発に期待  2015年06月15日
がんと新たに診断されるのは98万人と予測 国立がん研究センター  2015年06月15日
若年性認知症の実態調査 発症後8割の人が失職 「解雇された」例も   2015年06月15日
がん患者と家族を支援する「がんナビゲーター」 日本癌治療学会が新設  2015年06月15日
休日は高脂肪の食事に注意 たった5日間で筋肉のエネルギー代謝が低下  2015年06月04日
認知症を予防するのための食事スタイルが判明 糖尿病や肥満の改善効果も  2015年06月04日
胃がん検診に内視鏡をはじめて推奨 50歳以上は2〜3年に1度の受診を  2015年06月04日
孤独な高齢者の医療費は上昇 高齢者の孤立を防ぐ効果的な介入が必要  2015年06月04日
2型糖尿病とうつ病は認知症の発症リスクを高める 発症が2倍に増加  2015年06月04日
野菜摂取や運動の目標 大多数が達成できず 東京都調査  2015年06月04日
犬とのふれあいが愛情ホルモンを刺激 うつ病や認知症の治療に応用  2015年06月04日
残留農薬が多い野菜を食べると男性の精子が半減 米研究  2015年06月04日
健保組合の保険料率が8年連続で上昇 はじめて9%台に  2015年06月04日
子どもの誤飲事故 医薬品が大幅に増加しトップに 事故が起きた時の対策  2015年06月04日
【アンケートのお願い】小児1型糖尿病患者さんの治療環境について  2015年06月01日
くるみを食べて心筋梗塞、脳卒中、肥満、がん、認知症を予防  2015年05月26日
糖尿病が悪化すると睡眠の質も悪化 睡眠を改善する治療が効果的  2015年05月24日
タニタ 大正製薬
保健指導求人情報
保健指導リソースガイドへ