一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「睡眠の日」を制定 3月と9月に睡眠の知識普及や啓発活動

キーワード: 高血圧 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 睡眠障害 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる 健診・保健指導 抗加齢(アンチエイジング)

 精神・神経科学振興財団は25日、日本睡眠学会と協力し、年2回の「睡眠の日」を新たに制定すると発表した。3月18日と9月3日の年2回を睡眠の日とし、前後1週間を睡眠健康週間として、睡眠に関する知識普及や啓発活動を行う。

 世界睡眠医学協会(World Association of Sleep Medicine)が定めている「世界睡眠デー(3月18日)」に、日本独自の9月3日をあわせて、春秋の睡眠の日として啓発活動を行う。

 同財団は今年が設立20周年にあたり、新たに日本睡眠学会と共同で「睡眠健康推進機構」を設立した。「良質の睡眠は子供の心身の成長に重要であり、生活習慣病を予防し、高齢者の生活の質を高める」として、睡眠に関する正しい知識の普及・啓発を行っていく。

良質な睡眠は健康の維持増進に必要
 記者会見では、塩見利明・愛知医科大学医学部睡眠科教授が講演した。総務省の社会生活基本調査(平成18年)によると、日本人の睡眠時間は減少傾向にある。10〜14歳,25〜29歳、30〜34歳を除くすべての年齢階級で減少しており、平均睡眠時間は7時間42分で、平成13年と比べると3分減少した

 睡眠不足や睡眠障害が肥満、糖尿病、高血圧症の発症の危険因子であることを示す研究報告は増えている。睡眠時間だけでなく、睡眠や食事などの生活リズムも、生活習慣病と密接な関連をもつことがあきらかになりつつある。

 また、交通事故などの背景に睡眠障害や睡眠時無呼吸症候群などが潜んでいることが指摘されている。子供においても、睡眠の問題は深刻で、睡眠が妨げられると、発育や学習、学力に障害が生じるおそれがある。

 医療現場でも、睡眠導入薬の不適切な利用や乱用の問題が見過ごせない。睡眠医療の普及や適正な薬物療法の啓発など、睡眠に対する複合的な治療が社会に求められている。

 睡眠健康週間の期間中は、生活者1人ひとりが自らの睡眠習慣をふりかえり、十分な睡眠をとることで健康増進につなげる「睡眠教育」を呼びかけるキャンペーンも展開する。

 会見では三島和夫・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部長が、「大災害時 心のケアと睡眠」をテーマに講演した。

 3月に発生した東日本大震災後、震災によるストレスなどで、多くの人が不眠や睡眠リズムの乱れに悩んでいる現状をあかしつつ、睡眠障害や不眠がうつ病や生活習慣病の悪化につながる原因になるため、正しい診断と医学的対処が必要であると説明した。

精神・神経科学振興財団
日本睡眠学会
睡眠健康推進機構
平成18年社会生活基本調査
World Sleep Day 2011(World Association of Sleep Medicine)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2018年01月17日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2018年01月17日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2018年01月11日
糖尿病3分間ラーニング、いま話題の〈血糖トレンド編〉公開
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月12日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む

疾患 ▶ 高血圧

2018年01月17日
「電子たばこ」は禁煙の成功率を低下させる 禁煙治療を遠ざけるおそれ
2018年01月17日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月12日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年12月07日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功に導く

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2018年01月11日
糖尿病3分間ラーニング、いま話題の〈血糖トレンド編〉公開
2017年12月12日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年12月12日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月07日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功に導く

テーマ ▶ 健診・保健指導

2018年01月17日
東京都が「感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集
2018年01月17日
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整
2018年01月17日
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる
2017年12月21日
【健やか21】「厚生労働省×コウノドリ」タイアップリーフレット配布中
2017年12月14日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年01月17日
尿1ミリリットルで「がん診断」 簡単な検査でがんを早期発見
2018年01月17日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2017年11月15日
インフルエンザの流行に備える 糖尿病の人に必要な5つの予防法
2017年10月27日
うつ病の予防に週1時間の運動 ウォーキングは気分を明るくする
2017年10月03日
日本の糖尿病有病者は1000万人超 予備群は減少 国民健康・栄養調査

疾患 ▶ 睡眠障害

2017年05月02日
階段運動はコーヒーを飲むより効果的 たった10分の運動で活力が向上
2016年12月21日
睡眠時間が足りないと甘いものが欲しくなる? 寝不足はダイエットの敵
2016年09月02日
保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2017年版」の送付申込開始
2016年06月29日
見たい医療系動画がすぐに探せる「medoga(メドーガ)」を公開
2015年12月09日
20〜30歳代の7割に睡眠の悩み 半数以上が就寝直前までスマホ

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2017年10月05日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年09月22日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年08月31日
「介護職員が不足」が6割 3年連続で悪化 介護労働実態調査
2017年07月20日
ウォーキングで下半身を強くすると運動を続けやすい 「老化は足から」
2017年07月05日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2017年11月15日
インフルエンザの流行に備える 糖尿病の人に必要な5つの予防法
2017年06月08日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2016年12月21日
睡眠時間が足りないと甘いものが欲しくなる? 寝不足はダイエットの敵
2016年10月19日
厚生労働省が「過労死等防止対策白書」を初めて作成
2016年04月28日
地震で不眠が続いている? 睡眠を十分にとるための対処法を公開
全国生活習慣病予防月間2018少食
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典