一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

日本人の平均寿命 男性は世界4位、女性は1位 【簡易生命表】

キーワード: 二少(少食・少酒) 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 がん 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接) 抗加齢(アンチエイジング)

 2010年の日本人の平均寿命は女性が86.39歳、男性が79.64歳だったことが、厚生労働省が発表した「平成22年簡易生命表」で分かった。心疾患や脳血管疾患などの予防・治療が平均寿命の伸長に付与し、日本人の平均寿命は、男性では世界4位、女性では1位となっている。
男性の72%、女性の86%は75歳まで生きる
 2010年の日本人の平均寿命は女性が86.39歳、男性が79.64歳だったことが、厚生労働省が発表した「平成22年簡易生命表」で分かった。平均寿命は、その年に生まれた0歳の子供が統計的に何年生きられるかを示す。

 日本人の平均寿命は、2005年のインフルエンザ流行で死亡数が増えたのを除けば、男女ともに1940年代後半から一貫して伸長してきた。しかし2010年は前年に比べ女性は0.05歳縮み、全年齢で前年を下回った。一方、男性は0.05歳延び、5年連続で過去最高を更新した。

 厚労省によると、7、8月の記録的な暑さが原因とみられる熱中症、肺炎、心疾患による高齢者の死亡が、前年より増えたことが影響しているという。2011年は東日本大震災が発生したため、平均寿命にも影響を及ぼす可能性がある。

 65歳まで生存する人の割合は、男性が86.9%、女性が93.6%。75歳まで生存する人の割合は、男性が72.1%、女性が86.5%となっている。

 諸外国・地域との平均寿命の比較は、国により作成基礎や期間が異なるので難しいが、簡易生命表の資料によると、男性は香港(80.0歳)、スイス(79.8歳)、イスラエル(79.7歳)に次いで4位だった。女性は26年連続で世界1位で、以下は香港(85.9歳)、フランス(84.8歳)、スペイン(84.6歳)が続く。

予防や治療で3大死因を克服すれば余命を延ばせる
 人はいずれ何らかの死因で死亡することになるが、生命表の上で、ある年齢の人が将来どの死因で死亡するかを計算し、確率であらわしたものが死因別死亡確率。

 平成22年の死亡確率の高い順にみると、65歳の男性では、がん(悪性新生物)29.17%、心疾患14.82%、肺炎13.62%、脳血管疾患10.08%となり、65歳の女性では、心疾患19.69%、がん(悪性新生物)18.64%、肺炎11.81%、脳血管疾患11.79%となっている。3大死因(悪性新生物、心疾患、脳血管疾患)に限ってみると、死亡確率は65歳の男性では54.07%、女性では50.12%となっている。

 死因を克服すれば、平均余命を延ばすことができる。生命表では各死因のために失われた平均余命を計算し、平均余命の延びとして示している。

 失われた平均余命の長い順に死因を並べると、65歳の男性では悪性新生物、心疾患、肺炎、脳血管疾患の順に、65歳の女性では悪性新生物、心疾患、脳血管疾患、肺炎の順になる。この数年の傾向では、心疾患や脳血管疾患などで亡くなる割合は低下しており、平均寿命を延ばす方向にはたらいている。

 これらの死因を克服できたときの平均余命の延びを疾患別にみると、65歳の男性では、がん3.05年、心疾患1.17年、脳血管疾患0.78年となる。65歳の女性では、がん2.04年、心疾患1.54年、脳血管疾患0.90年。3大死因(悪性新生物、心疾患、脳血管疾患)に限ってみると、65歳男性では6.30年、65歳女性では5.55年となり、75歳男性では4.83年、75歳女性では4.70年となる。

死因を除去した場合の平均余命の延び(65歳・75歳)
平成22年簡易生命表の概況(厚生労働省)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表
2019年08月08日
「新型たばこ」はやはり危険 WHOが報告書「規制の対象とするべき」
2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート