一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「肥満になると血圧が上がる」メカニズムを解明 東北大

キーワード: 高血圧 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH

 肥満になると高血圧になるメカニズムを東北大大学院医学系研究科の片桐秀樹教授(代謝学)、宇野健司助教(分子代謝病態学)、岡芳知教授らの研究グループが解明した。肝臓に脂肪がたまったときに生じる神経信号が関与し、高血圧が引き起こされるという。
体重を増やさないメカニズムが高血圧を誘発
 摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると、余分なエネルギーは中性脂肪などにつくりかえられ、体にたくわえられる。中性脂肪は内臓脂肪や皮下脂肪に加え、肝臓にも蓄えられる。

 研究者らによると「もともと体には過食の際に代謝を活発にし、体重が増えないようにするメカニズムが備わっている」という。肝臓には摂取エネルギーに応じて脂肪の蓄積量が変える「調整機能」がある。肝臓がエネルギー蓄積のセンサーとして働き、栄養をとりすぎると基礎代謝を活発にし、体重が増えないように調節していると考えられている。

 しかし現代人の食生活では、過食や多量飲酒などでエネルギーのとりすぎが日常化している。そのため、肝臓に備わっている体を守るためのに調整機能が、逆に交感神経を活性化させてしまい、高血圧の発症につながっているおそれがあるという。

肝臓からの神経信号が関与 メタボの新たな治療法へ
 交感神経が活性化すると血圧が上昇し、肥満の人では交感神経が活性化しやすい傾向があることは、これまでも分かっていた。

 研究グループは以前の研究で、肝臓に脂肪が蓄積したときに出る神経信号が、過食時に交感神経活動を高め、代謝を活発にすることを発見。肝臓がエネルギー蓄積のセンサーとして働き、体重をすぐに増えないようにしていることを解明していた。

 肥満でないマウスを使い、肝臓の脂肪を増やす遺伝子を注入したところ、血圧が上昇することを確認。この肥満マウスで肝臓が発信する神経信号を遮断すると、血圧上昇が起こらなかった。さらに、肥満のマウスでも神経信号を遮断すると、非肥満のマウスと同様に血圧が上昇しなかった。この神経信号が肥満の際の血圧上昇に関わることを突き止めた。

 過食や運動不足などの生活習慣が原因となる肥満は、糖尿病・高血圧・高脂血症などを併発し、メタボリックシンドロームにつながる。メタボ患者では、動脈硬化が起こりやすく、患者数も増えており、医学的にも社会的にも大きな問題となっている。

 研究者らは研究成果について「メタボリックシンドロームの主徴候である高血圧が生じるメカニズムを解明し、発症機序にもとづく新たな治療法の開発にもつながる」と述べている。

 研究は、欧州循環器学会誌「European Heart Journal」オンライン版に8月9日付で発表された。

「肥満になると血圧が上がる」メカニズムを解明 〜メタボリックシンドロームの発症機序明らかに〜(東北大学 2011年8月9日)
Hepatic peroxisome proliferator-activated receptor-γ--fat-specific protein 27 pathway contributes to obesity-related hypertension via afferent vagal signals
European Heart Journal, 2011, doi: 10.1093/eurheartj/ehr265

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年08月28日
日本人は肥満ではなくても脂肪肝になりやすい サルコペニア予備群の段階で対策を
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート