一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「ロコモ」問診票作成ツール公開 1日3分トレーニングでロコモ予防

キーワード: 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 抗加齢(アンチエイジング) 身体活動・運動不足

 日本整形外科学会などが設置した「ロコモ チャレンジ!推進協議会」は、ロコモティブシンドローム(ロコモ、運動器症候群)の予防・啓発を行うため、問診票作成ツール「ロコモ問診票」をインターネットで公開した。
「ロコモチェック」で運動器の衰えのサインを知ろう
 高齢になり骨や関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、生活上の自立度が低下し、介護が必要となったり、寝たきりになる危険性が高くなる。50歳以降になると、入院治療が必要となる運動器障害が増えていく。運動器障害を予防し対策するために、40歳をすぎたら運動器がなるべく衰えないよう対策することが大切となる。

 「ロコモ問診票」は、自分がロコモかもしれないと不安を感じた人が、医療機関を受診するきっかけになったり、サポート役を果たすインターネットで閲覧できる問診票作成ツール。

 画面の指示に従って、「2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である」、「家の中でつまずいたり滑ったりする」といった7つの項目の答えることで、運動器が衰えているサインを知ることができる。

 最終的に整形外科医に渡せる問診票をプリントアウトすることができる。そのまま印刷して書き込める「ロコモ チェックシート」も公開されている。

 ホームページでは、ロコモの予防・対策に有用な運動法をイラストを用いわかりやすく解説した「ロコモーショントレーニング(ロコトレ)」も公開されている。

運動はロコモやメタボの予防・改善にも重要
 日本整形外科学会が2007年に提唱した「ロコモティブシンドローム(ロコモ)」は、骨や関節、筋肉など運動器の障害により立ったり歩いたりが困難になり、要介護の危険性が高くなった状態をあらわす。ロコモは和文であらわすと「運動器症候群」となる。

 ロコモのリスクは加齢とともに高まる。同学会によると、日常的に介護を必要とせず、心身ともに自立して暮らせる期間を示す「健康寿命」は、2004年の日本人のデータでは男性72.3年、女性77.7年と世界トップだったが、高齢化を背景に要介護認定者数は増え続けているという。

 要介護認定者数は平成18年には440万人だったが、平成22年には500万人を超えた。75歳以上の人のほぼ3人に1人は、要介護認定者ということになる。国民生活基礎調査によると、要介護認定者の2割は運動器の障害に悩まされており、特に女性では3割近くが運動器疾患によるものだという。

 ロコモに特に関係が深いのは、膝(変形性膝関節症)、腰(変形性腰椎症)、骨の病気(骨粗鬆症)で、これらの疾患は高齢者に多い。国民健康・栄養調査によると、これらの推計人口は、高血圧や糖尿病、脂質異常症に匹敵する数になっている。

 特に深刻なのは腰痛。腰痛は運動や身体活動を妨げて、結果としてQOL(生活の質)も低下する。腰痛に関する全国調査によると、「治療を受けるほどの腰痛」を感じたことのある人の割合は男女ともに5割を超え、約1割は腰痛のために仕事を辞めるなど、生活にも悪影響が出ているという。

 日本整形外科学会では「運動はロコモやメタボの予防・改善に重要。最近では運動が認知症を予防することも報告されている。ロコチェックで運動機能の衰えを早めに察知して、ずっと“自分の足で歩ける!”を目標に、ロコトレでロコモ予防に努めてほしい。ロコトレは、スクワットや片足立ちを中心に、ウォーキングや水中歩行、水泳やテニス、卓球から太極拳、いろいろな運動を習慣的に続けることで行える」としている。

公益社団法人 日本整形外科学会
ロコモ チャレンジ!推進協議会
2007年国民生活基礎調査(厚生労働省)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年08月14日
たった12週間のウォーキングで自分は変えられる 運動が糖尿病リスクを下げる
2019年07月04日
歯の喪失 糖尿病や骨粗鬆症があるとリスクが増加 口腔ケアが大切

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート