一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ビフィズス菌をとると健康寿命が伸長 ヨーグルトの健康効果

キーワード: がん 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 抗加齢(アンチエイジング) 食生活

 このところ話題が増えている「プロバイオティクス」は、腸内細菌叢を改善し、体に有益な作用をもたらす微生物の総称。代表的なプロバイオティクスであるビフィズス菌を摂取すると、寿命が伸長する効果があることを実験で確かめた研究が発表された。

 ビフィズス菌の含まれるヨーグルトを食べるのは体によいといわれてきたが、そのメカニズムには不明な点も多い。研究では、ビフィズス菌に寿命を伸ばす効果や、老化抑制や抗炎症効果があるだけでなく、腸内環境改善によるアンチエイジング効果も期待できることを、マウスを用いた試験で確認した。
腸管内ポリアミンと大腸の老化抑制と寿命の関連を証明
 研究は、京都大学、理化学研究所、協同乳業らの研究グループによるもの。農業・食品産業技術総合研究機構・生物系特定産業技術研究支援センター「イノベーション創出基礎的研究推進事業」の支援を受け行われた。研究成果は米科学誌「PLoS ONE」オンライン版に発表された。

 研究者らは、DNAや蛋白質の合成や安定化、細胞増殖などに関わる生理活性物質「ポリアミン」に着目。ポリアミンはすべての生物の細胞にあり、抗炎症作用や抗変異原作用、オートファジーの誘導、腸管バリア機能の維持・促進など、健康増進に有用な効果が報告されている。

ビフィズス菌の一種である「LKM512」を与えたマウス群は、寿命が対照群と比較して有意に伸びた。生理活性物質「ポリアミン」を直接与えるよりも、ビフィズス菌を与え腸内細菌叢を産生させた方が効果があった。
 研究者は「ポリアミンを増やすと、慢性炎症が抑えられ老年病を予防・改善できる」との仮説にもとづき、ビフィズス菌「LKM512」をマウスに投与し、腸内細菌にポリアミンが生成されることを確かめた。

 ヒトに換算すると30〜35歳に当たる10ヵ月齢のマウスのメスを3グループ(19〜20匹)に分け、それぞれに対してLKM512、スペルミン(ポリアミンの一種で、もっとも活性が強い)、生理食塩水(対照群)の3パターンに分け、週に3回経口投与を行って比較した。

 その結果、LKM512が大腸内のポリアミン濃度を上昇させることで、大腸のバリア機能が維持され、抗炎症効果が促され、寿命が伸長することがあきらかになった。一方、ポリアミンの経口投与でも一定の寿命伸長効果はあったが、LKM512と比べると弱いものだった。

 研究者らは今回の研究成果について「カロリー制限以外の方法で、マウスの寿命伸長効果が得られることを証明した数少ない成果だ」と述べている。

 今回の研究はマウスを使った動物実験であり、気になるのはヒトへの応用。これまでの研究で、高齢入院患者、健常成人、アトピー性皮膚炎患者などでLKM512を含むヨーグルトを摂取することで、腸内ポリアミン濃度が上昇することを確かめている。

 研究者らは「重要なのは単なる長寿ではなく、健康寿命を伸ばすこと」として、今後はヒトでの健康寿命の伸長に関心の高い研究者らとの共同研究も視野に入れ、「より多くの個体での確実性を高めるため、ポリアミン濃度制御物質を用いた技術の確立を目指す」としている。

ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果を発見(京都大学 2011年8月17日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 食生活

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート