一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

ビフィズス菌をとると健康寿命が伸長 ヨーグルトの健康効果

キーワード: がん 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 抗加齢(アンチエイジング) 食生活

 このところ話題が増えている「プロバイオティクス」は、腸内細菌叢を改善し、体に有益な作用をもたらす微生物の総称。代表的なプロバイオティクスであるビフィズス菌を摂取すると、寿命が伸長する効果があることを実験で確かめた研究が発表された。

 ビフィズス菌の含まれるヨーグルトを食べるのは体によいといわれてきたが、そのメカニズムには不明な点も多い。研究では、ビフィズス菌に寿命を伸ばす効果や、老化抑制や抗炎症効果があるだけでなく、腸内環境改善によるアンチエイジング効果も期待できることを、マウスを用いた試験で確認した。
腸管内ポリアミンと大腸の老化抑制と寿命の関連を証明
 研究は、京都大学、理化学研究所、協同乳業らの研究グループによるもの。農業・食品産業技術総合研究機構・生物系特定産業技術研究支援センター「イノベーション創出基礎的研究推進事業」の支援を受け行われた。研究成果は米科学誌「PLoS ONE」オンライン版に発表された。

 研究者らは、DNAや蛋白質の合成や安定化、細胞増殖などに関わる生理活性物質「ポリアミン」に着目。ポリアミンはすべての生物の細胞にあり、抗炎症作用や抗変異原作用、オートファジーの誘導、腸管バリア機能の維持・促進など、健康増進に有用な効果が報告されている。

ビフィズス菌の一種である「LKM512」を与えたマウス群は、寿命が対照群と比較して有意に伸びた。生理活性物質「ポリアミン」を直接与えるよりも、ビフィズス菌を与え腸内細菌叢を産生させた方が効果があった。
 研究者は「ポリアミンを増やすと、慢性炎症が抑えられ老年病を予防・改善できる」との仮説にもとづき、ビフィズス菌「LKM512」をマウスに投与し、腸内細菌にポリアミンが生成されることを確かめた。

 ヒトに換算すると30〜35歳に当たる10ヵ月齢のマウスのメスを3グループ(19〜20匹)に分け、それぞれに対してLKM512、スペルミン(ポリアミンの一種で、もっとも活性が強い)、生理食塩水(対照群)の3パターンに分け、週に3回経口投与を行って比較した。

 その結果、LKM512が大腸内のポリアミン濃度を上昇させることで、大腸のバリア機能が維持され、抗炎症効果が促され、寿命が伸長することがあきらかになった。一方、ポリアミンの経口投与でも一定の寿命伸長効果はあったが、LKM512と比べると弱いものだった。

 研究者らは今回の研究成果について「カロリー制限以外の方法で、マウスの寿命伸長効果が得られることを証明した数少ない成果だ」と述べている。

 今回の研究はマウスを使った動物実験であり、気になるのはヒトへの応用。これまでの研究で、高齢入院患者、健常成人、アトピー性皮膚炎患者などでLKM512を含むヨーグルトを摂取することで、腸内ポリアミン濃度が上昇することを確かめている。

 研究者らは「重要なのは単なる長寿ではなく、健康寿命を伸ばすこと」として、今後はヒトでの健康寿命の伸長に関心の高い研究者らとの共同研究も視野に入れ、「より多くの個体での確実性を高めるため、ポリアミン濃度制御物質を用いた技術の確立を目指す」としている。

ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果を発見(京都大学 2011年8月17日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年11月12日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月07日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 糖尿病リスクが減少
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病による死亡リスクを56%低下 心疾患やがんが減少

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月06日
メタボ対策のために「1日1万歩」は必要? ウォーキングの真の目標が明らかに
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典