一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

誰でも簡単にできる体重コントロール「昼食を軽めにとる」

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 健診・保健指導 抗加齢(アンチエイジング)

 昼食の軽めにとると、空腹感を我慢したり肥満の専門治療を行わなくとも、減量と体重コントロールが成功しやすくなるという研究を、米コーネル大学の研究者らが発表した。この研究は医学誌「Appetite」10月号に発表される。

 食事を管理し体重コントロールをしたいときは、昼食を工夫するのが効果的とする研究が米国で発表された。昼食を軽めにとった人では、通常通りの人に比べ、空腹感が少なく、カロリーを管理しやすい傾向があるという。
昼食を軽めにし1日カロリー摂取量を250cal減らす 体重が0.5kg減少
 コーネル大学のDavid Levitsky教授(栄養・心理学)らの研究チームは、17人の被験者に対象に月〜金曜日に、5週間かけて昼食と体重コントロールについての実験を行った。第1週目は17人の全員に昼食時に、食べ放題のビュッフェで好きな食品を選んでもらった。

 第2週目からは被験者を2群に分け、(1)は6種類のスープやパスタなどの良く知られている商品ブランドから選んで食べてもらい、それ以外の食品をとることを制限した。(2)には、ふだん通りの昼食をとってもらった。

 (1)の群では、昼食のカロリーを減らすことで、1日当たりのカロリー摂取量が通常より250cal少ないカロリーになるように調整してもらった。試験の終了時には、体重が平均0.5kg低下しており、昼食を軽めにすませたために夕食で食べすぎるなどの影響も少なかった。

 「ふだんの食事のカロリー摂取について、ヒトは高精度の感覚をもっていないようだ。平日の昼食の量を減らすことに、苦労はそれほどともなわない。こうした昼食のコントロール1年続ければ、体重を11kg(25ポンド)減らすことが可能になる」とLevitsky氏は言う。

 米国成人のおよそ3分の2は過体重か肥満だ。米国成人では1年に約0.5kg(1ポンド)ずつ、体重が増えている計算になる。研究者は「何も対策をしないでいると、カロリー摂取量は増えていく一方だ。カロリー摂取を抑える小さな工夫が、体重増加を防ぐ助けになる可能性がある。週に何度か昼食を軽めにとり、カロリーをコントロールするのは1つの有効な対策になるだろう」と述べている。

 研究では、高蛋白で食物繊維の多い食事は、食後の血糖の上昇を抑え、減量に効果的であることも確かめられた。昼食の内容が間食や夕食に影響し、食べすぎてしまうこともなかったという。

 「肥満の増加を抑えるために、より低カロリーの食事を促す対策が必要となる。昼食を軽めにとることは、より簡便でお金もかからず効果的だ」とLevitsky氏は結論している。

Simply eating a lighter lunch can prompt weight loss(コーネル大学 2011年8月22日)
Losing weight without dieting. Use of commercial foods as meal replacements for lunch produces an extended energy deficit
Appetite, Volume 57, Issue 2, October 2011, Pages 311-317

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典