一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

サプリメントとがん・循環器疾患リスク サプリは「本当に効く?」

キーワード: 脳梗塞/脳出血 がん 健診・保健指導 食生活

 ビタミンのサプリメントが、がんや循環器疾患の予防につながると期待をしている人は多いが、実際にはサプリメントの利用を続けている女性では、脳梗塞などのリスクは低下する一方で、全体的にがんになるリスクは高くなる傾向あるとの調査結果が発表された。

 この研究は、生活習慣と、がん・脳卒中・虚血性心疾患などの関連を調査する多目的コホート研究「JPHC研究」の一環として行われた。研究班は1990年と1993〜94年に、岩手、秋田、長野、沖縄、茨城、新潟、高知、長崎、沖縄に在住していた、研究開始から5年後に、がんなどを罹患しなかった40〜69歳の男女約6万人を対象に、2006年まで追跡して調査した。
サプリでがんリスクが上昇 5年で24%
循環器疾患リスクは40%減少
 これまでサプリメントとがんや循環器疾患との関連について調べた研究では、「予防効果がある」、「関連がない」と結論づけた研究が両方あり、一貫した結果を得られていない。長期間の調査ではサプリメントを摂取する人の習慣が大きく変わりやすいことが背景にある。そこで今回の研究では、研究開始時と研究開始から5年後に行った2回のアンケートの回答をもとに、ビタミンサプリメント摂取の変化を調べた。

 5年間のビタミンサプリメント摂取の変化と、すべての種類のがんや循環器疾患の発生率との関連を調べた。ベースライン調査では、ビタミンサプリメント摂取の頻度と種類を聞き、週1日以上とっている人を「摂取者」とし、また5年後調査では、ビタミンサプリメント摂取の頻度、期間、種類、商品名を聞き、商品名を元にビタミンサプリメントを再分類して、週1日以上1年以上とっている人を「摂取者」とした。もっとも多く摂取されていたのは、男女ともビタミンB群のサプリメントだった。

 2回のアンケートに回答した6万2629人のうち、期間中に4501人が何らかのがんと診断され、また1858人に循環器疾患の発症が確認された。女性では、過去にサプリを摂取していたが5年後調査では摂取していなかった群で17%、5年後調査で摂取を開始した群で24%、それぞれがんのリスクが上昇していた。

 また、女性では循環器疾患については、ベースラインから5年後調査まで継続して摂取していた群でリスクが40%減少していた。病型別にみると脳梗塞に対して有意なリスクの減少がみられた。男性では、ビタミンサプリメント摂取は、全がんリスクにも循環器疾患リスクにも関連していなかった。

サプリメントを利用する人の生活習慣は共通している?
 研究者らは「初期に発生したがんは、サプリメントの影響で引き起こされたものではなく、調査の開始時に発見されていない早期がんや、がんを起こしやすい病態により引き起こされたものである可能性がある」と述べている。初期5年間に発生したがんを除外して詳しく解析すると、リスク上昇は統計学的に有意でなくなった。

 また、「摂取開始者は潜在的に疾患があり、それがきっかけでビタミンサプリメントを飲み始めた可能性がある」としている。女性では、ビタミンサプリメント過去に摂取していた群は、他の群に比べ、肥満者や喫煙者、高血圧や糖尿病治療の割合が高く、身体活動量が低いなどの特徴が共通していた。

 女性でサプリメント継続して利用している人は、他の群に比べ、「肥満者の割合が少ない」、「検診受診率が高い」、「果物や食事からの葉酸・ビタミンCの摂取が多い」などの特徴があり、こうした健康的な生活習慣や健康意識の高さが影響して、循環器疾患のリスクを下げた可能性もある。

 もっとも多く摂取されていたビタミンB群サプリメントは、ホモシステイン代謝に関連していることが知られており、脳卒中のリスクを下げる可能性があると報告している海外の研究もある。「ビタミンB群サプリメントが女性の循環器疾患リスクを低くすることに影響したかもしれない」と指摘している。

 研究者らは「ビタミンサプリメントに頼らず、科学的根拠にもとづいて、食事や生活習慣の改善を目指すほうが大切」と強調している。

多目的コホート研究(JPHC Study) 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

生活習慣 ▶ 食生活

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート