一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

脈の乱れを検知できる家庭用血圧計

キーワード: 高血圧

 タニタは、心疾患の予防に向けて脈の乱れを検知・表示する機能を備えた家庭向け血圧計3機種を9月1日に発売した。

 同社はこれまで、デザイン性を高めたり、通信機能を搭載したデジタル血圧計を発売してきたが、今回は心疾患の予防機能を搭載することで、同市場の活性化をはかる考えだ。

 発売したのは上腕式の「BP-221」と「BP-220」、手首式の「BP-210」。新製品は、心疾患の予防にとって重要な要素である、脈の乱れを検知できる機能を備える。

 脈拍のリズム(時間)差と頻度を測定し、正常時のパターンと頻脈(心拍数が増加している状態)・除脈(脈拍数の異常)・心房細動(心室の収縮が不規則な間隔で起こる状態)・期外収縮時(異常な刺激によって心臓が本来の周期を外れて早く収縮すること)のパターンとを照らし合わせることで、脈の乱れをチェックする。

 上腕式の「BP-221」と「BP-220」は、測定したデータをWHO(世界保健機関)の血圧分類にもとづき、障害を起こさない理想的な血圧(至適血圧)から重症高血圧まで6段階で表示する。

 さらに「BP-221」には、2人分の測定結果をそれぞれ99回分記録できるほか、連続して測定できる機能を搭載した。一般的に、1回目の測定は血圧が高い値になることが多いとされ、正確を期すためには複数回測定したデータの平均値を記録するのが良いとされる。同機種では1度設定すれば、1回のボタン操作で3回測定した平均値を表示することができる。

左から「BP-210」、「BP-220」、「BP-221」

タニタ

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート