一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「節度のある適度な飲酒」半分は知らない 健康日本21評価チーム

キーワード: 二少(少食・少酒) 「少酒」お酒はほどほどに 飲酒

 厚生労働省の健康日本21評価作業チーム(座長:辻一郎・東北大大学院医学系研究科公衆衛生学分野教授)は、「健康日本21」の9分野の1つである「アルコール」の評価案を公開した。
 「節度のある適度な飲酒」の認知の増加、未成年の飲酒率の低下など、改善の傾向がみられる一方で、アルコール依存症の患者数が上昇傾向にあるなど、アルコールの課題が浮き彫りになった。

 アルコール飲料は、会食など多くの場面で飲まれるなど、生活・文化の一部として親しまれている。一方で、他の一般食品にはない次のような特性を有しているので、健康増進の観点から注意を必要とする。

アルコールの特性

(1)致酔性飲酒は、意識状態の変容を引き起こす。短時間内の多量飲酒による急性アルコール中毒は、死亡の原因となることがある。また、交通事故などの原因のひとつとなる。
(2)慢性影響による臓器障害肝疾患、脳卒中、がんなど多くの疾患がアルコールと関連する。
(3)依存性長期にわたる多量飲酒は、アルコールへの依存を形成し、精神的・身体的健康を損なうとともに、社会への適応力を低下させ、家族や周囲の人々にも深刻な影響を与える。
(4)未成年者への影響・妊婦を通じた胎児への影響アルコールの心身に与える影響は、精神的・身体的な発育の途上にある未成年者においては大きい。このため、未成年者飲酒禁止法によって、未成年者の飲酒が禁止されている。
また、妊娠している女性の飲酒は、胎児性アルコール症候群などの妊娠に関連した異常の危険因子となる。

 健康日本21評価作業チームは「アルコール」について、それぞれ直近の実績値と目標値との関係などをふまえ、担当委員がA〜Dの4段階の評価案を示した。健康をおびやかす要因として多量飲酒が重要な指標となるが、今回は改善がみられなかった。指標改善のため、簡易介入の手法開発の推進を課題としている。

 主な最新の調査結果と判定は次の通り――

多量に飲酒する人の減少 判定C
  • 多量に飲酒する人の割合は男性3.2%以下、女性0.2%以下を目標としているが、2009年の調査によると、男性4.8%、女性0.4%で、男女とも大きな改善はみられなかった。
  • 飲酒者の割合は、1日60g以上飲酒している人の割合は低下傾向にあるが、アルコール依存症の有病率は、男女とも増加傾向がみられる。
  • 患者調査によると、アルコール依存症の総患者数は上昇傾向にある。
  • 特に若年女性の飲酒率の伸びが大きく、2008年調査の20〜24歳では女性が男性を凌駕している。
  • アルコール依存症の専門医療施設に対する調査では、女性と高齢者の患者が増加している傾向がみられる。
未成年者の飲酒をなくす 判定B
  • 未成年者の飲酒率は低下している。飲酒率は中学3年男子では1996年は26.0%だったが、2008年には9.1%に、女子では同16.9%から同9.7%にそれぞれ低下した。
  • ただし、男女とも学年が上がると飲酒率は高くなる。2008年の飲酒率は高校3年男子で27.1%、女子で21.6%だった。
「節度ある適度な飲酒」の知識の普及 判定B
  • 「節度ある適度な飲酒」を知っている人の割合は、2008年の調査では男性54.7%、女性48.6%で、およそ半数が認知していた。
  • 「節度ある適度な飲酒」が純アルコール換算で「1日平均20g程度の飲酒」という基準は、一般には分かりにくいなどの意見が出された。

節度ある適度な飲酒 主な酒類の換算の目安
お酒の種類ビール清酒ウイスキー・ブランデー焼酎(35度)ワイン
中瓶1本500ml1合180mlダブル60ml1合180ml1杯120ml
アルコール度数5%15%43%35%12%
純アルコール量20g22g20g50g12g

第5回健康日本21評価作業チーム資料(厚生労働省)
「健康日本21」最終評価の公表

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

生活習慣 ▶ 飲酒

2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月26日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年11月26日
アルコールが乳がんリスクを1.5倍に上昇 女性ホルモンや発がん物質が影響? 日本人女性3万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート