一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

糖尿病患者の理想的な受診は2週間に1回 米調査

キーワード: 糖尿病

 2週間ごとにプライマリケア医の診察を受ける糖尿病患者は、血糖値、血圧値、コレステロール値のコントロールが早く目標に達することが、米国の調査であきらかになった。

 良好な治療成果を得るためために、糖尿病患者の受診間隔は、どれくらいが理想的なのだろうか。この疑問を検証するため、米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(ボストン)のFritha Morrison氏らは、糖尿病患者(18歳以上)2万6,496人のデータを対象に調査した。これらの患者は、2000年1月から2009年1月に、少なくとも2年間プライマリケア医の診察を受けていた。

 調査の結果、より短い間隔で受診していた患者の方が短期間で血糖値、血圧値、コレステロール値を改善でることができることが分かった。これらを適正にコントロールすることで、糖尿病合併症の危険性が低減するが、米国の多くの糖尿病患者がコントロールできていないのが現状。

 糖尿病治療ガイドラインも、どの程度の頻度で医師の診察を受けるべきかを明確に示していない。著者らは、2週間に1回程度の受診が好ましいとの考えを示している。この研究は、医学誌「Archives of Internal Medicine」9月26日号に掲載された。

 治療目標であるHbA1c7.0%未満になるまでの時間の中央値(median)を比較したところ、1〜2週ごとに医師の診察を受けた患者では、「インスリン治療なし」では4.4ヵ月、「インスリン治療あり」では10.1ヵ月だった。一方、3〜6ヵ月ごとに診察を受けた患者では、「インスリン治療なし」で24.9ヵ月、「インスリン治療あり」で52.8ヵ月だった。

 血圧とコレステロール(LDL-C)については、目標値に達した期間は、1〜2週ごとに診察を受けた患者では、それぞれ1.3ヵ月と5.1ヵ月だったが、3〜6ヵ月ごとに診察を受けた患者では、13.9ヵ月と32.8ヵ月だった。

 さらに、3つの測定値がすべて正常域に戻るまでの期間を調べたところ、受診間隔が短いほど目標値に早く戻る傾向がみられた。受診間隔が1週〜2週以下の群では1.5ヵ月、3ヵ月超〜6ヵ月以下群では36.9ヵ月と、差は大きく開いた。また、受診間隔が長くなるほど、測定値が目標域に戻らない患者が増加することも分かった。

 研究者らは、プライリケアで治療を受ける糖尿病患者の受診間隔は短い方が、HbA1c、血圧、LDL-cを目標値まで下げるための時間は短くなるとして、2週間ごとの受診を勧めている。

Encounter Frequency and Serum Glucose Level, Blood Pressure, and Cholesterol Level Control in Patients With Diabetes Mellitus
Arch Intern Med, 2011; 171: 1550-1551.
More Frequent Doctor Visits May Benefit Diabetes Patients(ブリガム・アンド・ウィメンズ病院 2011年9月26日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート