一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

加齢とともに悪化しやすい歯周病 口腔内のバイオフィルムが原因

キーワード: 歯周病

 歯周病は歯を失う原因となるだけでなく、糖尿病や心臓病など全身疾患とも関連の深い病気だ。原因となるのは口腔内の「細菌の塊(バイオフィルム)」だという。このバイオフィルムは、歯磨きや口内清掃を習慣化しないと取り除くことができない。
歯と歯肉の間のバイオフィルムから毒素 歯肉炎に進展
 厚生労働省の2005年歯科疾患実態調査によると、全体の7割以上が1日2〜3回、毎日歯磨きしているにも関わらず、30歳以上の約80%以上が歯周病をもっている。歯周病は“国民病”ともいえる疾患だ。

 歯周病は、歯周病菌が歯茎に感染し、炎症(出血)を起こす病気で、糖尿病や心臓病など全身疾患とも関係する恐ろしい病気だが、直接の原因は歯茎の周りに付着する「バイオフィルム(細菌の塊)」だという。

 口の中には、300〜700種類の細菌が存在しており、この細菌がヌルヌルした糊状のバリアを出しバイオフィルムとなる。バイオフィルムは、歯の表面や歯周ポケットにつき、自らが出す糊状の物質でバリアを張る。これが毒素をもった老廃物を排出し、体にさまざまな悪影響を及ぼす。

 鴨井久一・日本歯科大学名誉教授は、「歯周病は、歯と歯肉(歯茎)の間に溜まったバイオフィルムから排出される毒素などによって炎症が起こる歯肉炎という初期段階を経て進行する」と話す。

 歯肉炎を放置し、炎症が進み「歯周炎」になると、バイオフィルムが歯周ポケットを作り、歯を支える骨を破壊していく。最終的には、歯を支える骨がほとんどなくなり、グラグラになって“噛む”ことができなくなったり、歯が抜けてしまったりすることもある。

 また、バイオフィルムは、唾液や血中のカルシウムやリン酸と結合して歯石を形成し、バイオフィルムの歯周病菌が産生する酵素は、蛋白質を分解して硫化水素やメチルメルカプタンを発生して、口臭の原因となる。

 このバイオフィルムを除去しないでおくと、歯周病菌がネバネバした糊状の防護膜(グリコカリックス)をつくり、簡単に膜を取り除けなくなるという。

 鴨井氏は「歯周病はバイオフィルムを主とした慢性炎症性疾患だ。一般的に慢性歯周炎と呼ばれ35歳以上に発症し、虫歯と比べて痛みが少ないのが特徴となる。10代、20代で発症しても急激な症状がないため、特殊な歯周炎(侵襲性歯周炎など)を除いて放置されている場合が多い。

 歯周病は、かつては老化現象のひとつにあげられ、歯槽膿漏症がひどくなったら、歯を抜いて入れ歯をするのが一般的な処置法だった。しかし現在は歯周病を代表とした慢性感染症を予防し、80歳で20本、自分の歯を残す予防概念が国民に深く浸透してきた。

 歯周病は、体調不良などによる免疫機能の低下や、良く噛まない、喫煙、歯を磨かないなど生活習慣の乱れがあると進展しやすくなる。また、ストレスや加齢で進む口内の乾燥はバイオフィルムを増大させるので、ネバネバが生じやすくなる。生活習慣の見直しをはかり、食後の歯磨き、口内清掃の習慣化、禁煙、間食の制限をするなど、規則正しい生活が望まれる」と述べている。

ジョンソン・エンド・ジョンソン

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 歯周病

2020年12月14日
「歯周病」が肥満・メタボ・サルコペニアを悪化させる 腸内フローラを変化させ骨格筋の代謝異常を引き起こす
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年07月04日
歯の喪失 糖尿病や骨粗鬆症があるとリスクが増加 口腔ケアが大切
2018年11月01日
歯周病を治療すると糖尿病のコントロールが改善 合併症リスクも低下
2018年08月02日
50歳代の6割が歯や口の中が「健康ではない」と回答 歯科医師会調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート