一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

野菜、果物の抗酸化物質が女性の脳卒中リスクを低下

キーワード: 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 健診・保健指導 抗加齢(アンチエイジング)

 スウェーデンの女性を対象とした研究で、心疾患の既往歴のない女性が、野菜や果物、全粒粉など抗酸化物質が豊富に含まれる食品を多く摂取すると、脳卒中の発症が低下することが分かった。抗酸化物質の摂取量の多い女性は、多くを果物と野菜からとっていることもあきらかになった。この研究は米国心臓学会が発行する医学誌「Stroke」に発表された。
野菜と果物は抗酸化物質が豊富
 体内にある酸素の一部は不安定で、多くの物質と反応しやすい活性酸素に変化する。活性酸素は微量であれば人体に有用な働きをするが、大量につくられると、過酸化脂質をつくりだし、細胞を傷つけたり、老化、動脈硬化、免疫低下、がんなどの多くの疾患を引き起こす原因となる。

 この活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質が抗酸化物質。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類のほか、ポリフェノール、カロテノイドなどが抗酸化物質とみられている。

 「野菜や果物には抗酸化物質が豊富に含まれている。こうした食品を多くとる食生活を続けると、酸化ストレスや炎症が抑えられるようになる。結果として心疾患や脳卒中の危険性を低下できる。活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑えるためにも、なるべく野菜や果物を食べた方が良い」とスウェーデンのカロリンスカ研究所Susanne Rautiainen博士は言う。

 ビタミンCやEのような抗酸化物質や、野菜や果物に含まれる色素成分であるフラボノイドは、血管内皮の機能を改善したり、高血圧や炎症、血管が詰まりやすくなるのを防ぐ作用がある。

 「私たちは毎日の食事で、さまざまな栄養素をとっている。研究では食事でとる抗酸化物質の量を定量化することを試みた」とRautiainen氏は説明する。

心疾患の既往歴のない女性で脳卒中リスクが低下
 研究チームは、ベースライン時で49〜83歳の心疾患の既往歴のないスウェーデンの女性3万1035人(平均11.5年)と、心疾患の既往歴のある女性5680人(平均9.6年)を対象に調査を実施した。参加者を対象に食品度数に関するアンケート調査を行い、抗酸化物質の全量を判定するために標準化したデータベースを使用し解析した。体内で合成される抗酸化物質についても考慮した。

 研究に参加した女性を心疾患の既往歴により5グループに分類し、抗酸化物質のレベルによって比較した。その結果、もっとも多く抗酸化物質をとっている女性は、抗酸化物質のおよそ半分を野菜や果物でとり、残りは全粒粉(18%)やお茶(16%)、チョコレート(5%)からとっていることが判明した。

 期間中、心臓病歴がない女性では1,322人が脳卒中を発症し、心臓病歴がある女性では1,007人が脳卒中を発症した。

 心疾患の既往歴のない女性では、食事でとる抗酸化物質の量が多いほど脳卒中の発症率が低下し、もっとも多くとっているグループでは、もっとも少ないグループに比べ、脳卒中リスクが17%低いことが分かった。心疾患の既往歴のある女性では、抗酸化物質の量が多いと、出血性脳卒中のリスクが46%〜57%低下していた。

 「抗酸化物質の摂取が多い女性は、脳卒中の発症を抑えられるという結果になった。野菜や果物をよく食べ、抗酸化物質の摂取量が多い女性は、健康管理に対する意識が高く、生活習慣が健康的である傾向があり、研究結果に影響した可能性があるとも考えられる。しかし、Rautiainen氏は「喫煙、運動習慣、教育レベルといった因子を調整した後で解析しても、抗酸化物質の摂取量と脳卒中の発症は逆相関することが示された」と述べている。

 「男性やスウェーデン人以外でも、抗酸化物質と脳卒中リスクの関連があてはまるかは不明だが、おそらく同じような結果になるだろう」と研究者らは述べている。

Vegetables, fruits, grains reduce stroke risk in women(米国心臓学会 2011年12月1日)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート