一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

歯科インプラント 「痛みや腫れなどのトラブル」相談増加

キーワード:

 欠損した歯に土台(人工歯根)を埋め込み、人工の歯を作るインプラント治療(自由診療)で、痛みや腫れが続くなど、身体的トラブルを訴える相談が増えている。

 国民生活センターによると、歯科インプラント治療の身体的トラブルに関する相談は、昨年11月までの5年間で343件。平成18年は38件だったが、平成22年には82件に増えた。

 契約購入金額の回答があった相談228件のうち、約7割は50万円以上の契約で、高額な契約が大部分だった。また、1ヵ月を超えて身体症状が継続したという相談が154件(75.5%)で、うち64件(41.6%)は1年以上身体症状が継続していた。身体症状の内容は、歯や口腔の痛み、腫れ、インプラント体の破損、化膿などが多かった。

 東京都に住む50歳代の女性は、ホームページを見て出向いた歯科クリニックでインプラントを契約した。抜歯をし土台を入れ5ヵ月が経過したが、炎症が治まらず、抗生物質をずっと服用し、精神的にも参ってしまったという。大学病院でセカンドオピニオンを得たところ、土台からやり直した方が良いのではと言われた。

 岡山県に住む60歳代の女性は、インターネットや新聞広告でインプラント1本13万円と安い歯科医院を知り、5本の歯をインプラントにした。右上の痛みが取れないため、4ヵ月後に総合病院で診察を受けると、インプラントした右上2本とその前の歯を抜いてインプラントし直すことになった。

 同センターは「症状や治療が長期間にわたるおそれがあり、歯科医療機関や歯科医師によって、治療水準に差がある恐れがある」と分析している。また、インターネットやチラシに不適切な広告があるとして、消費者に注意を呼びかけるとともに、関係機関に対し、十分な情報提供や治療のガイドラインを定めるよう要望している。

歯科インプラント治療に係る問題−身体的トラブルを中心に−(国民生活センター)

(Terahata)

関連トピック

全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート