一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

アルコールがもたらす障害は国によって違う 米韓で比較

キーワード: 二少(少食・少酒) 糖尿病 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 がん 「少酒」お酒はほどほどに アルコール

 アルコール乱用・依存症や抑うつ症の関連性について、アジアと米国とで比較した研究が発表された。米国の方がアルコール摂取障害の比率が高く、治療を必要するケースも多いとみられている。
アルコール依存症 社会的背景の影響も大きい
 世界保健機関(WHO)によると、危険なアルコール乱用・依存症や抑うつ症は、身体障害や早期死亡を引き起こす主な原因となる。アルコールの消費は低・中所得国でも増えており、たばこの蔓延に似た状況が世界的にみられるという。

 アルコール依存症(AUD)とニコチン依存症(ND)に関して米国人と韓国人を対象に調査した研究で、米国人のAUDはより深刻で、治療を必要するする患者も多い可能性があるという結果が示された。この研究は国際的な医学誌「Alcoholism: Clinical & Experimental Research」2012年春季号に掲載される予定。

 「経済成長や都市化の著しい中・低所得国で、多くの人がストレスを感じている。ストレスに対処するためにアルコールなどを求めていると考えられる。アジア諸国の多くで女性の飲酒は禁忌とする伝統的スタイルがあるが、生活スタイルの欧米化に伴いそうした抑制も失われつつある」と韓国カトリック大学のHae Kook Lee氏は話す。

 Lee氏ら研究チームは、AUDやND、不安障害などを比較するために、米国と韓国の一般市民を対象に12ヵ月にわたり調査した。その結果、アルコール摂取障害は米国が9.7%だったのに対し、韓国が7.1%、ニコチン依存は米国が14.4%、韓国が6.6%、気分障害は米国が9.5%、韓国が6.6%、不安障害は米国が11.9%、韓国が5.2%となった。

 「米国人のアルコール依存症の割合は、韓国の4倍に相当した。韓国における保険診療のメンタルヘルスや、アルコールに対する社会的な認知などを考慮しても、両国の差は大きかった」とLee氏は話す。

 「アルコールがもたらす障害について、医学的・社会的な研究が多くある。アルコール乱用は、健康障害の最大のリスク要因のひとつで、がん、糖尿病、脳卒中、高血圧、心血管病、肥満などに影響を及ぼす。アルコール依存症や大量飲酒者に脳萎縮が高い割合でみられることや、大量に飲酒したりアルコールを乱用した経験のある人では認知症になる人が多いといった疫学調査結果も報告されている」と国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)のHoward B. Moss氏は説明する。

 「米国はアルコール問題について、長い文化的な歴史をもっている。米国の植民地時代に欧州から来た入植者の多くが、アルコール摂取の習慣が根強い国から入植してきた。1919〜1933年の禁酒法時代を除いては、米国人は節酒を重んじる文化をもったことが少ない。一方、韓国でもアルコール摂取の歴史はあるが、植民地時代には制限されており、特に女性では儒家思想の影響で飲酒が制限されていた。1986年に政府の政策が変えられてからアルコール摂取は増えた」とMoss氏は説明する。

 先進国を中心に、男性の飲酒量は頭打ちないし減少傾向にあるが、女性の飲酒量は依然として増加傾向にあるとみられている。特に、若年女性の飲酒量の増加が懸念されており、女性は男性に比べアルコールによる健康障害を引き起こしやすいことが知られている。

 「アルコール依存をめぐる環境因子は複雑で、社会・文化的の影響も大きいとみられる。こうした比較文化的な疫学研究は価値がある。アルコール依存症の病因学に対する文化的・環境上の影響についても考慮するべきだろう。人間の行動は非常に複雑なので、生物学的な判断だけで全てを解決できない」とMoss氏は結んでいる。

Comparing alcohol use and other disorders between the United States and South Korea(2012年1月16日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年07月29日
植物ベースの食事が糖尿病リスクを減少 高カロリー飲料はがんリスクも上昇
2019年07月16日
日本の「緑茶」に糖尿病や肥満の予防・改善効果 世界中から注目
2019年07月09日
AIで乳がんの5年後の発症リスクを予測 マンモグラフィ検査の精度を大幅に向上
2019年06月12日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない

疾患 ▶ 糖尿病

2019年07月30日
運動をすると脳のインスリン抵抗性が改善 糖尿病や肥満の人で効果
2019年07月29日
植物ベースの食事が糖尿病リスクを減少 高カロリー飲料はがんリスクも上昇
2019年07月26日
糖尿病の人は熱中症リスクが高い? 熱中症を予防するための10ヵ条
2019年07月25日
2型糖尿病患者の半数がCKD未診断 腎臓病が進行してからでは手遅れ
2019年07月23日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月23日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年06月13日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない
2019年05月15日
糖尿病は脳卒中の危険因子 予防のための10ヵ条 もうすぐ「脳卒中週間」
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月24日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない

テーマ ▶ アルコール

2019年04月22日
糖尿病の人は「アルコール」に注意 連休に飲み過ぎないための7つの対策
2018年12月13日
糖尿病の人は「アルコール」に注意 年末年始に飲み過ぎないための6つの対策
2018年08月30日
「アルコール」は健康に悪い? 総合的にみて安全な飲酒量はないと結論
2018年05月02日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月24日
「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年01月22日
「全国生活習慣病予防月間2019」スローガン最優秀賞が決定!
2019年01月11日
【先着順申込み受付中!】 2/6 市民公開講演会 全国生活習慣病予防月間2019
2018年12月18日
[ 2/6 市民公開講演会参加者募集中!]全国生活習慣病予防月間2019
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典