一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

アルコールがもたらす障害は国によって違う 米韓で比較

キーワード: 二少(少食・少酒) 糖尿病 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 がん 「少酒」お酒はほどほどに 飲酒

 アルコール乱用・依存症や抑うつ症の関連性について、アジアと米国とで比較した研究が発表された。米国の方がアルコール摂取障害の比率が高く、治療を必要するケースも多いとみられている。
アルコール依存症 社会的背景の影響も大きい
 世界保健機関(WHO)によると、危険なアルコール乱用・依存症や抑うつ症は、身体障害や早期死亡を引き起こす主な原因となる。アルコールの消費は低・中所得国でも増えており、たばこの蔓延に似た状況が世界的にみられるという。

 アルコール依存症(AUD)とニコチン依存症(ND)に関して米国人と韓国人を対象に調査した研究で、米国人のAUDはより深刻で、治療を必要するする患者も多い可能性があるという結果が示された。この研究は国際的な医学誌「Alcoholism: Clinical & Experimental Research」2012年春季号に掲載される予定。

 「経済成長や都市化の著しい中・低所得国で、多くの人がストレスを感じている。ストレスに対処するためにアルコールなどを求めていると考えられる。アジア諸国の多くで女性の飲酒は禁忌とする伝統的スタイルがあるが、生活スタイルの欧米化に伴いそうした抑制も失われつつある」と韓国カトリック大学のHae Kook Lee氏は話す。

 Lee氏ら研究チームは、AUDやND、不安障害などを比較するために、米国と韓国の一般市民を対象に12ヵ月にわたり調査した。その結果、アルコール摂取障害は米国が9.7%だったのに対し、韓国が7.1%、ニコチン依存は米国が14.4%、韓国が6.6%、気分障害は米国が9.5%、韓国が6.6%、不安障害は米国が11.9%、韓国が5.2%となった。

 「米国人のアルコール依存症の割合は、韓国の4倍に相当した。韓国における保険診療のメンタルヘルスや、アルコールに対する社会的な認知などを考慮しても、両国の差は大きかった」とLee氏は話す。

 「アルコールがもたらす障害について、医学的・社会的な研究が多くある。アルコール乱用は、健康障害の最大のリスク要因のひとつで、がん、糖尿病、脳卒中、高血圧、心血管病、肥満などに影響を及ぼす。アルコール依存症や大量飲酒者に脳萎縮が高い割合でみられることや、大量に飲酒したりアルコールを乱用した経験のある人では認知症になる人が多いといった疫学調査結果も報告されている」と国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)のHoward B. Moss氏は説明する。

 「米国はアルコール問題について、長い文化的な歴史をもっている。米国の植民地時代に欧州から来た入植者の多くが、アルコール摂取の習慣が根強い国から入植してきた。1919〜1933年の禁酒法時代を除いては、米国人は節酒を重んじる文化をもったことが少ない。一方、韓国でもアルコール摂取の歴史はあるが、植民地時代には制限されており、特に女性では儒家思想の影響で飲酒が制限されていた。1986年に政府の政策が変えられてからアルコール摂取は増えた」とMoss氏は説明する。

 先進国を中心に、男性の飲酒量は頭打ちないし減少傾向にあるが、女性の飲酒量は依然として増加傾向にあるとみられている。特に、若年女性の飲酒量の増加が懸念されており、女性は男性に比べアルコールによる健康障害を引き起こしやすいことが知られている。

 「アルコール依存をめぐる環境因子は複雑で、社会・文化的の影響も大きいとみられる。こうした比較文化的な疫学研究は価値がある。アルコール依存症の病因学に対する文化的・環境上の影響についても考慮するべきだろう。人間の行動は非常に複雑なので、生物学的な判断だけで全てを解決できない」とMoss氏は結んでいる。

Comparing alcohol use and other disorders between the United States and South Korea(2012年1月16日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

生活習慣 ▶ 飲酒

2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月26日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年11月26日
アルコールが乳がんリスクを1.5倍に上昇 女性ホルモンや発がん物質が影響? 日本人女性3万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート