一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

喫煙率低下と受動喫煙防止 「健康日本21」に目標値を明記

キーワード: 「無煙」喫煙は万病の元

 厚生科学審議会の地域保健健康増進栄養部会(部会長:永井良三・東京大学大学院医学系研究科教授)は、2013年度から始まる次の国民健康づくり運動プラン(健康日本21)に、成人の喫煙率低下に関する目標を設定し、成人の喫煙率の低下を促すことを決めた。受動喫煙の防止についても目標を設定する。

 たばこ消費量は減少傾向にあるが、過去のたばこ消費による長期的な健康影響と急速な高齢化により、たばこ関連疾患による死亡数は年々増加しており、日本の年間死亡者数のうち、喫煙者本人の喫煙による年間の超過死亡数は12〜13万人と推計されている。

 そこで喫煙に関しては、生活習慣や社会環境の改善に向け、▽成人の喫煙率を下げる、▽未成年者の喫煙をなくす、▽受動喫煙を防止する――を目標として盛り込む。

 厚労省が2000年に策定した「健康日本21」では、「喫煙をやめたい人がやめる」ことを方針として掲げ、2007年に策定した「がん対策推進基本計画」では、個別目標として、「喫煙をやめたい人に対する禁煙支援を行っていく」という目標を定めた。現在策定中の次期がん対策推進基本計画や健康日本21では、初めて具体的な数値目標を入れる。目標値は、現在の成人の喫煙率から、禁煙希望者が禁煙した場合の割合を減じたものを設定する。

 受動喫煙の防止に関する目標も設定する。具体的には、医療機関などでの全面禁煙を目指す一方、家庭や飲食店では、受動喫煙の機会があると感じる人の割合を半減させ、その基準値は禁煙成功率を勘案する。

 目標値は、3月下旬に公表予定の国民健康・栄養調査の結果を基に決まるが、2009年の前回調査によると、喫煙率は男性38.2%、女性10.9%で、このうち禁煙を希望する人は男性31.7%、女性41.6%を占めた。

第32回厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会(厚生労働省 2012年1月23日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート