一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

子供の肥満対策は家族全体で取り組むと効果的

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接)

 肥満や過体重の子供の肥満を解消するための対策は、子供だけでなく、その親にも介入するのが効果的とする研究が米国で発表された。「親が率先して手本を示すと、子供の生活習慣を改善は成功しやすい」と研究者らは指摘している。

 研究は、大学病院や診療所の医師、栄養士などの医療スタッフ、心理療法士を対象としたもので、肥満のある子供の生活習慣改善に対し親や養護者がどう関わるとよいかを調査した。

 「子供の肥満問題について多くの家庭を調査したところ、子供の生活スタイルに影響力をもっとももっているのはその親であることが分かった」と米国心臓学会(AHA)のMyles S. Faith・ノースカロライナ大学准教授(栄養学)は話す。「したがって、大人が自分の生活スタイルをより健康的に変えていくことが効果的だ」。

 子供の肥満改善の効果の高かった家庭では、次のような共通点がみられた――
  • 生活習慣のどこを改善すれば良いかを理解している。
  • 例えば「テレビの視聴時間は1日2時間を超えないようにする」といった目標を決め、達成度もはっきりさせている。
  • 家庭に健康的な嗜好をもちこんでいる。例えば「子供がカロリーの高いデザートではなく、いろいろな果物に手を伸ばしやすいよう、環境を変える」など。
  • 子供を叱るのではなく、なるべく誉めてあげる。子供が迷ったら別の選択ができるよう手助けをする。
  • 食事を報酬や罰の代わりにしない。
  • 達成度をノートやインターネットで記録している。
 研究者らは「子供の肥満の問題は複雑なので、解明するにはさらなる研究が必要だ。多民族を対象に調査する必要もある」と述べている。

Family focus may help obese kids to succeed in treatment(2012年1月23日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート