一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

アルコールは友、それとも敵? 少量の飲酒なら大丈夫?

キーワード: 「少酒」お酒はほどほどに 飲酒

 「1杯の赤ワインが心疾患を予防する」と言われることが多いが、本当だろうか――アルコール中毒に関する研究を行っているカナダで最大の医療機関であるトロント中毒医療センター(CAMH)の調査によると、少量の飲酒であっても心疾患などを引き起こす危険性があるという。
アルコールが健康にもたらす影響は複雑
 欧米では虚血性心疾患が死因のトップになっている。症状は狭心症、胸痛、心不全などが主な症状だ。研究者らは、95万7684人の患者を対象とした虚血性心疾患イベントに関する44件の研究をメタ解析した。研究には3万8627件の死亡が含まれていた。かねてよりいわれている赤ワインの心臓保護効果についても、新しい知見を示した内容となっている。

 「アルコールが健康にもたらす影響は複雑だ」とCAMHの公衆疫学部のJuergen Rehm博士は話す。「虚血性心疾患においてアルコール摂取が心臓を保護する働きをすることを指摘した研究は少なくない。しかし、それはアルコールの摂取量が少なく抑えられていた場合の話で、飲酒習慣のある全ての人に当てはまるわけではない」。

 研究者らは発症データと対象者の飲酒量との相関を分析した。平均飲酒量は1杯以上2杯未満(1ドリンク以上2ドリンク未満)だったが、性別や飲酒パターンにより飲酒量との関係は異なったという。女性ではアルコール摂取により、死亡の危険性が上昇する傾向が示された。

 「女性ではアルコールを1日1杯飲んだだけでも乳がんの危険性が上昇するという報告もある。いれずれにしても、アルコールの種類を問わず、摂取量が増えるとリスクが上昇するのは確実だ。過度の飲酒が1ヵ月に1度だけにとどまったときでさえ、アルコールの便益は消失する。過度の飲酒とは1回に男性は5杯、女性は4杯以上だ」としている。

 研究者らはアルコール摂取と虚血性心疾患の危険性について、さらなる研究が必要としながらも、「アルコールが発症に関わるさまざまな生活習慣病の遺伝因子、体質、生活スタイルなど、個々の患者に合わせて見極めることが大切だ。アルコールの功罪を含め、医療や保健指導で適正な知識を普及させる必要がある。女性に勧められるアルコール摂取量は少なめであるという従来のガイドラインの内容は適切だろう」と述べている。

 CAMHでは適切な飲酒に関するガイドラインを公開している。主な内容は次の通り――
カナダ人のための安全な飲酒ガイドライン
 飲酒について決定するのは1人ひとりです。より健康的な飲酒の方法は次の通りです。
  1. アルコールがもたらす健康上の悪影響を長期的に低減させるために工夫が必要です
    • 週に飲んでいいアルコールの上限は、女性は10杯まで。1日に2杯以上は飲まないようにしましょう。
    • 週に飲んでいいアルコールの上限は、男性は15杯まで。1日に3杯以上は飲まないようにしましょう。
    • お酒を飲みすぎないように、1週間の中に禁酒日を必ず決めておきましょう。

    1杯(1ドリンク)の基準:
    アルコール度数5%のビール 341mL
    アルコール度数12%のワイン 142mL
    アルコール度数40%の蒸留酒 43mL

  2. 過度の飲酒は健康を脅かします
     飲んでいいアルコール量の上限を決めたら、必ず守るようにしましょう

  3. こんな時はアルコールを飲まないようにしましょう
    • 運転中や大型機を操作をするとき。
    • アルコール摂取が作用に影響する医薬品を服用している時。
    • 運動や身体活動を行うときの飲酒は危険。
    • 体や心の健康上の問題がある場合。
    • アルコール依存症がある場合。
    • 妊娠している女性、妊娠計画をたてている女性。
    • 危険を伴う状況を自覚している場合。
    • 重大な決断をしようとしている場合。

  4. 妊娠中の女性や、妊娠計画をたてている女性、赤ちゃんを母乳を育てている女性にとって、もっとも安全な選択はアルコールを全く飲まないことです

  5. あなたが子供や若者であれば、十代の終わりになるまでは飲酒をするべきではありません
     アルコールはあなたの脳と身体の発育に悪影響をもたらします。アルコールについて両親と相談してみましょう。

Alcohol and your heart: friend or foe?(Centre for Addiction and Mental Health 2012年1月30日)

[Terahata]

関連トピック

生活習慣 ▶ 飲酒

2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月26日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年11月26日
アルコールが乳がんリスクを1.5倍に上昇 女性ホルモンや発がん物質が影響? 日本人女性3万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート