一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

緑茶好きの高齢者では要介護リスクが低下 1日5杯で3分の1減少

キーワード: 動脈硬化 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 認知症 健診・保健指導

 緑茶をよく飲んでいる高齢者では、機能障害のリスクが低くなることが、3年間に及ぶ東北大学の大規模研究であきらかになった。

 緑茶にはビタミンC、葉酸、カフェインなどが含まれるほか、渋み成分であるカテキンや、うま味成分であるテアニンが豊富に含まれる。カテキンは多価ポリフェノールで抗酸化作用がある。緑茶の健康効果は世界でも注目されている。

 これまでの疫学研究によって緑茶の摂取頻度の高い人では、脳卒中死亡リスクが低い、認知機能が高い、うつが少ないなどの傾向が報告されている。これらの疾患は要介護状態を引き起こす原因として知られている。実際に緑茶摂取頻度と要介護状態発生との関連を調査した大規模な前向きコホート研究は今回がはじめて。

緑茶をよく飲む高齢者では、要介護が3分の1減少
 東北大学大学院公衆衛生学の辻一郎教授や遠又靖丈氏らが行った研究は、2006年の12月に実施した大崎国保コホート研究の一環として行われたもの。65歳以上の高齢者1万3,988を対象に、緑茶摂取量と生活習慣に関するアンケートを行い、3年後に対象者の身体状況を調べた。

 緑茶の摂取頻度についてアンケート調査を行い、「飲まない」、「ときどき飲む」、「1日1〜2杯」、「1日3〜4杯」、「1日5杯以上」の中に当てはめていった。

 その結果、アンケートで緑茶を1日5杯飲むと答えていた人は1杯以下の人に比べ、脳卒中や認知障害、骨粗鬆症等の機能障害を発症した割合が3分の1ほど減少していた。

 要介護度が「要支援1」以上の機能障害は、3年間で1316人(9.4%)発生した。要支援1以上の要介護発生リスクは、1〜2杯で10%、3〜4杯で25%、5杯以上で33%、それぞれ減少していた。

 ウーロン茶、紅茶、コーヒーでは有意な関連はみられなかった。研究者らは「緑茶摂取頻度が高い人達では要介護状態になる人が少ないことがあきらかになった。ただし、緑茶を飲むとなぜ機能障害が減るのか、メカニズムはまだはっきりと確かめられていない。今後の検討課題となる」と述べている。

Green tea consumption and the risk of incident functional disability in elderly Japanese: the Ohsaki Cohort 2006 Study
American Journal of Clinical Nutrition, March 2012, ajcn.023200
東北大学大学院医学系研究科 社会医学講座公衆衛生学分野

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート