一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

緑茶好きの高齢者では要介護リスクが低下 1日5杯で3分の1減少

キーワード: 動脈硬化 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 認知症 健診・保健指導

 緑茶をよく飲んでいる高齢者では、機能障害のリスクが低くなることが、3年間に及ぶ東北大学の大規模研究であきらかになった。

 緑茶にはビタミンC、葉酸、カフェインなどが含まれるほか、渋み成分であるカテキンや、うま味成分であるテアニンが豊富に含まれる。カテキンは多価ポリフェノールで抗酸化作用がある。緑茶の健康効果は世界でも注目されている。

 これまでの疫学研究によって緑茶の摂取頻度の高い人では、脳卒中死亡リスクが低い、認知機能が高い、うつが少ないなどの傾向が報告されている。これらの疾患は要介護状態を引き起こす原因として知られている。実際に緑茶摂取頻度と要介護状態発生との関連を調査した大規模な前向きコホート研究は今回がはじめて。

緑茶をよく飲む高齢者では、要介護が3分の1減少
 東北大学大学院公衆衛生学の辻一郎教授や遠又靖丈氏らが行った研究は、2006年の12月に実施した大崎国保コホート研究の一環として行われたもの。65歳以上の高齢者1万3,988を対象に、緑茶摂取量と生活習慣に関するアンケートを行い、3年後に対象者の身体状況を調べた。

 緑茶の摂取頻度についてアンケート調査を行い、「飲まない」、「ときどき飲む」、「1日1〜2杯」、「1日3〜4杯」、「1日5杯以上」の中に当てはめていった。

 その結果、アンケートで緑茶を1日5杯飲むと答えていた人は1杯以下の人に比べ、脳卒中や認知障害、骨粗鬆症等の機能障害を発症した割合が3分の1ほど減少していた。

 要介護度が「要支援1」以上の機能障害は、3年間で1316人(9.4%)発生した。要支援1以上の要介護発生リスクは、1〜2杯で10%、3〜4杯で25%、5杯以上で33%、それぞれ減少していた。

 ウーロン茶、紅茶、コーヒーでは有意な関連はみられなかった。研究者らは「緑茶摂取頻度が高い人達では要介護状態になる人が少ないことがあきらかになった。ただし、緑茶を飲むとなぜ機能障害が減るのか、メカニズムはまだはっきりと確かめられていない。今後の検討課題となる」と述べている。

Green tea consumption and the risk of incident functional disability in elderly Japanese: the Ohsaki Cohort 2006 Study
American Journal of Clinical Nutrition, March 2012, ajcn.023200
東北大学大学院医学系研究科 社会医学講座公衆衛生学分野

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2018年12月27日
認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学
2018年11月09日
糖尿病の治療薬が「アルツハイマー病」のリスクを減らす 脳の血管を保護
2018年09月10日
社会的な孤立が生きがいの喪失につながる 社会保障・人口問題研究所「生活と支え合いに関する調査」
2018年08月28日
「認知症」を恐れる中高年が大多数 政府の施策は「知らない」 日医総研
2018年07月26日
認知症の原因は「日常生活活動」の低下 日常活動や社会的活動が大切

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年06月22日
アブラナ科野菜は「台所のドクター」 心疾患、脳卒中、がんのリスクを低下
2018年05月24日
2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
2018年03月05日
PCSK9阻害薬の適正使用フローチャート 動脈硬化学会が見解を表明

疾患 ▶ 動脈硬化

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月03日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年09月10日
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典