一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ビタミンとオメガ3脂肪酸で脳を若く ジャンクフードは認知症の原因に

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 認知症

 抗酸化作用のあるビタミン類やオメガ3脂肪酸の血中濃度が高い高齢者は、ジャンクフードを食べる人よりも認知能力テストの成績が良い――こんな研究を米オレゴン州立大学などの研究チームが米国神経学会の学会誌「Neurology」に発表した。
野菜、果物、魚を食べると脳の健康にも良い
 ヒトの脳では、加齢に伴い認知能力の衰えや、脳容積の減少する「脳萎縮」という現象が起こる。しかし、より健康な食事スタイルを続けていれば、その進行を抑えることを期待できるという。

 加齢にともなう脳の老化を防ぐ食事のポイントは次のことだ――

  • 食事で抗酸化作用のあるビタミンC、Eなどのビタミン類やオメガ3脂肪酸を十分にとる。
  • 心臓や血管を傷つけるトランス脂肪酸を控える。
 オメガ3脂肪酸は、魚や植物の脂に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、α-リノレン酸などの多価不飽和脂肪酸の総称。動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、悪玉のLDLコレステロールを減らすなど、さまざまな作用をもっている。

 また、トランス脂肪酸は、油脂類に含まれる脂肪酸の二重結合の一部がトランス型になったものをいう。水素添加によって製造されたマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナッツなどの洋菓子、揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれている。

 トランス脂肪酸は「悪玉」のLDLコレステロールを上昇させ、「善玉」のHDLコレステロールを減少させるという研究報告が相次ぎ、米国では含有量の表示が義務づけられている。

ジャンクフードは食べない方が良い
 米オレゴン州立大学とオレゴン健康科学大学の研究者たちは、「オレゴン脳加齢研究」に参加した米国人の平均的な食生活を送る高齢者104人を対象に、血液検査を行った。対象となった高齢者の平均年齢は87歳。

 調査では、30項目のバイオマーカーを調べたほか、血液中のさまざまな栄養素の相互的な影響を調べた。被験者42人については磁気共鳴画像撮影装置(MRI)で脳の容積も測った。

 その結果、野菜や果物に多く含まれるビタミンB、C、D、Eや、魚やナッツ類に多く含まれるオメガ3脂肪酸が血中に多い高齢者では、認知能力テストの反応が速く、脳萎縮が抑えられていることが分かった。認知能力テスト結果に及ぼす影響の17%、脳の大きさに及ぼす影響の37%は栄養素によるという。

 「特にトランス脂肪酸は、認知能力や脳萎縮の両方で有害であることが分かった」とオレゴン健康科学大学のGene Bowman氏(神経科学)は話す。「トランス脂肪酸の血中レベルが高くないお年寄りでは、認知能力の低下や脳萎縮はあまりみられなかった。トランス脂肪酸の多いジャンクフードをあまり食べない方がよいことを裏付ける結果になった」としている。

 「栄養素の摂取状況が脳組織に大きく影響している。今回の研究は、高齢者に果物と野菜をもっと食べることを勧める理由を付け加える結果になった」とラッシュ大学医療センターのChristy Tangney氏らは述べている。

OHSU study: Vitamins and omega 3s may prevent dementia(オレゴン健康科学大学 2011年12月28日)

関連情報
トランス脂肪酸はやっぱり「体に悪い」 体に良い脂肪酸をとろう(糖尿病NET)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート