一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

ファストフードのカロリー表示は利用しづらい 米研究

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 健診・保健指導 食生活

 米国ではファストフードのチェーン店のメニューにカロリーや栄養成分の表示を義務づける動きがあるが、「実際にはカロリー表示は役に立っていないのではないか」という研究が発表された。
ファストフードはメニューの組合せでカロリーが変わる
 連邦当局は2010年3月に可決された医療改革法で、20店舗以上をもつレストラン・チェーン店に対して、メニューにカロリーや栄養成分を表示することを義務づけた。カロリー摂取量を計算しやすいよう、外食メニューに分かりやすく表示することを求めている。

 コロンビア大学看護学部のElizabeth Gross Cohn准教授らによるこの研究は、米科学誌「Journal of Urban Health」オンライン版に2月16日付けで発表された。

 Cohn氏らはニューヨーク都心部のファストフード・チェーン店のメニュー200品目について、デジタルカメラで売り場を廻り撮影し、写真を解析した。「メニューのカロリー・栄養表示がどのように行われているか」、「カロリー・栄養表示が実際に活用されているかに」という点に着目した。

 「ほとんどのファストフード店はカロリー表示を行っていたが、実際に効果を得られているようには見えない」とCohn氏は言う。その理由は、ファストフード店でたいていの利用者は、単品メニューだけではなく複数メニューを組合せて利用しているからだという。

 ファストフード店で注目するひと皿あたりのカロリーは理解されても、メニューを組合せて注文する場合は、さまざまなメニューを組み合わせた複雑な計算が必要となる。「ファストフードの多くはトッピングも可能で、注文内容によってはカロリーが2倍になるものもある。カロリー表示だけでは、より健康的な食事を促すのために十分ではないようだ」とCohn氏は説明する。

 ファストフードはメニューの組合せ選択が豊富であるほど、カロリー計算は複雑になるという。「例えば、チキンのバケットを含んだメニューは、組合せによって3,240〜1万2,360kcalとカロリーが変わっていくが、既存のメニューの表示だけではそのことが消費者に伝わりにくい」とCohn氏は指摘している。

 一般にファストフードのセットメニューのカロリーは500〜2,080kcalと幅広いが、多くの場合でカロリーを抑えるためにどのような注文をしたらよいかという情報は提供されていない。「スペシャルピザを注文するとき標準サイズを選んだ場合は、トッピングによってカロリーは変化する。しかし、メニューには単品や標準のトッピング分のカロリーしか表示されていない」としている。

 「外食メニューのカロリーや栄養表示はもっと分かりやすい方がよいだろう。メニューの注文の仕方でカロリーは変わっていく。食品のカロリーを単品ずつ表示するのではなく、組合せで表示した方が実用性は向上する。例えば、朝食サンドイッチであれば、“サンドイッチ+ハム・卵 350kcal、+ベーコン 550kcal、+ソーセージ 750kcal”といった具合になる」とCohn氏は述べている。

Fast-Food Menu Calorie Counts Legally Compliant But Not As Helpful to Consumers As They Should Be(コロムビア大学医療センター 2012年2月24日)

ファストフード店のカロリー表示は「効果あり」 ニューヨーク市で調査(日本生活習慣病予防協会)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年07月24日
【全国生活習慣病予防月間2019】「少酒」川柳を募集中!(賞金5万円)
〜 都道府県対抗「少酒47」選手権! 〜
2018年05月24日
2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
2018年05月02日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート