一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

糖尿病とフットケア:足切断は防げる 治療法も進歩

キーワード: 糖尿病

 「フットケアキャラバン in 神奈川」が3月4日に横浜市の県民共済みらいホールで開催された。神奈川県でのフットケアの先進的な取組みが紹介された。

 糖尿病や足の血流が悪化する下肢虚血が重くなると、潰瘍や感染が起こりやすくなり、壊死して足切断に至る危険性が高まる。原因となる病気に早く気付き、受診し検査を受けることが大切だ。切断を防ぐためのフットケアや、カテーテルという細い管を血管の中に通し血管を広げる効果的な治療も行われている。

フットケアキャラバン in 神奈川
足の動脈硬化 足の切断は防げる
 高齢化や糖尿病の増加を背景に増えているのが末梢動脈疾患(PAD)。下肢血管の動脈硬化が原因で、足に潰瘍や壊死が生じた状態が重症下肢虚血と呼ばれている。足につながる動脈が血栓で詰まったり、狭くなったりして、冷えやしびれ、痛みなどを感じる。重症化すると、足先に十分な栄養や酸素が届かず、潰瘍や壊死が起こる可能性が高まる。壊死が指先にとどまらず、足全体に広がることもある。

 症状は4段階の重症度であらわされる。I度は手足の冷え、しびれ、足の皮膚の色調の変化。II度は歩くと痛みのため歩けなくなり、しばらく休むと治まる「間欠性跛行」。III度は安静時にも痛みが起こる。IV度になると治りにくい潰瘍ができ、早急の治療が必要になる。

 菊名記念病院心臓血管センター長・循環器内科部長の宮本明さんは「足病変を早期に診断すれば、大変な事態にはなりません。ABI検査や画像検査を行えばすぐに診断できます。健診などで異常を指摘されたら、すぐに医師に相談して欲しい」と話す。

 ABI検査(足関節上腕血圧比)は足首と上腕の血圧を測定し、その比率(足関節における収縮期の血圧÷上腕における収縮期の血圧)を計算したもの。足の血圧が腕の血圧より低いほどABI値は低下し、足の血流が悪くなっていることが分かる。ABI値が0.9以下のときは、下肢の動脈に狭窄または閉塞が起きていることが疑われる。

 足病変が進行した場合も、ここ数年で治療法は大きく変わった。治療は、(1)運動療法(2)薬物療法(3)カテーテル治療(4)外科的治療(バイパス手術)、などがある。このうちカテーテル治療は心臓血管治療などの手法を応用したもので、足の付け根の動脈、膝の裏の動脈などから細い管を動脈に入れ、バルーンや金属製のステントで狭くなった血管を拡張する治療法。

 「糖尿病の人に勧められるのは、ウォーキングなどの運動です。運動により血糖コントロールが良くなり、心臓の機能も改善します。精神面での影響も大きく、足が痛くて家に閉じこもりがちになっていたという患者さんが、血管内治療を行うことで再び運動できるようになり、積極的に生活を楽しめるようになった例もあります」と宮本さんはアドバイスする。

 「カテーテル治療は患者の負担の少ない低侵襲の治療法で、手術のあと早期に日常生活への復帰が可能です。効果が抜群なので、カテーテル治療が拡がることで、足の切断を避けられると期待されています。足のしびれ、ふくらはぎが痛くて歩けないような症状があれば、早く医師に相談してください」と注意を促す。

日常でできるフットケア 足を毎日チェックすることが重要
2月10日はフットケアの日
 川崎市立川崎病院糖尿病内分泌内科の津村和大さんは「糖尿病の合併症は早期発見が大切」と、しびれなどの初期症状を発見するために、医師や看護師の定期検診を受けることを勧める。

 「動脈硬化は全身病。足の動脈疾患は症状がたまたま足に出たもので、実は足だけの病気ではありません。足の血管の治療が、全身の血流改善、また、命にかかわる脳梗塞や心筋梗塞のリスク抑制につながります」としている。

 足は神経障害や血流障害が起こりやすい部位で、目にふれにくいことから、糖尿病をもっている人は症状の進行に気付くのが遅れる傾向があるという。「糖尿病の人は特に足の手入れに配慮が必要です。足にできる胼胝(タコ)や鶏眼は足の皮膚の表面(角質)が扁平に硬くなったもので、誰にでも起こるありふれた病気ですが、自分で処置してしまい出血し悪化する例もあります。タコくらいと軽く扱わないでほしい」と津村さんは説明する。

 足病変を防ぐための生活の注意点としては欠かせないのはフットケア。傷の原因になりやすい爪を切ったり、かかとの角質を処理したりして、足の病変の芽を摘むとともに、常に足に注意を払う習慣をつけてもらうのが狙い。菊名記念病院のフットケア専任看護師である藤井さつえさんは、「血糖値をコントロールすることはもちろん大切ですが、日ごろから足をよく見て注意を払うことが大切です。血液の状態を改善することで、足を失うリスクは減らせます」と強調する。

 藤井さんはフットケアのポイントは、「足を毎日、観察すること」だという。入浴時や爪を切るときには、傷ややけど、タコ、水虫、皮膚が変色していないか、足の変形はないかなどをチェックすることが必要だ。

 その他にも「足を清潔に保つ」や「爪を正しく切る」といったポイントがある。▽足の裏やゆびの間もていねいに洗う、▽洗ったあとは水分をよくふきとる、▽皮膚が乾燥しやすい人はクリームを塗る、▽伸びた爪はけがのもとだが、深爪も危険。爪を切るときには皮膚を傷つけないようにして、爪の先がまっすぐになるように切る――といった日常での注意が役立つ。

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典