一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

高齢者の転倒防止トレーニング 京都大研究グループなど開発

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 認知症

 高齢者が転びにくくなるようにトレーニングするマットを京都大学大学院医学研究科と京都精華大デザイン学部の研究グループが共同開発し発表した。

 高齢者の寝たきりや介護の原因の1つは運動能力低下による転倒骨折。京大医学研究科の調査で、転倒を起こしやすい高齢者では2つの課題を同時に遂行する能力(二重課題遂行能力)が低下していることが判明した。この能力が低下している人は、歩行中に考え事をしていて障害物に気がつかないなどという理由から転倒しやすいという。

 研究グループは高齢者が歩く様子を調べ、転びにくい人は常に1.5〜2メートル先に視線を向けているのに対し、転びやすい高齢者の視線が集中しているのは0.3〜0.6メートルであることを突きとめた。また、転倒の危険性の高い高齢者は、方向転換時に両足を交叉させ自ら転倒の危険性を高めていた。足元近くに視線が集中すると、障害物の覚知や方向転換のとっさの判断が遅れ転倒につながるという。

 そこで研究グループは3色の目印(約10センチ角)を15個ずつランダムに印刷した長さ10メートルのマットを作成。80歳前後の高齢者に、指定した色の目印のみを踏み、それ以外の色の目印を踏まないようにして歩く訓練に取り組んでもらった。歩行訓練を週2回半年続けたところ、視線が前方に移動し、2メートル以上先を見るようになることが確かめられた。

 研究グループは訓練を受けた約130人の高齢者を追跡調査。1年間で転んだ経験のある人は訓練を受けていない人と比べ減少した。今後は新たに制作したエクササイズマット福祉施設で活用してもらい、さらに効果を確認する。

 京大の青山朋樹准教授(整形外科)は「転倒しやすい高齢者では、方向転換時に両足を交叉させるようなターン(クロスオーバーステップ)をとることが多い。マットの目印の並び方を先読みする訓練が効果的であることが実証できた」と話している。

京都大学と京都精華大学で共同制作した高齢者の転倒予防マット「ココカラマット」

京都大学大学院医学研究科

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年09月05日
女性の認知症を防ぐために 女性ホルモンの分泌期間が短いと認知症リスクは上昇
2019年08月29日
糖尿病が認知症リスクを上昇させる がんを合併するとリスクはさらに上昇 日本人を調査
2019年08月28日
中年期の肥満やメタボが脳の老化を10年以上早める 肥満は脳にも影響

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート