一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

高齢者の転倒防止トレーニング 京都大研究グループなど開発

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 認知症

 高齢者が転びにくくなるようにトレーニングするマットを京都大学大学院医学研究科と京都精華大デザイン学部の研究グループが共同開発し発表した。

 高齢者の寝たきりや介護の原因の1つは運動能力低下による転倒骨折。京大医学研究科の調査で、転倒を起こしやすい高齢者では2つの課題を同時に遂行する能力(二重課題遂行能力)が低下していることが判明した。この能力が低下している人は、歩行中に考え事をしていて障害物に気がつかないなどという理由から転倒しやすいという。

 研究グループは高齢者が歩く様子を調べ、転びにくい人は常に1.5〜2メートル先に視線を向けているのに対し、転びやすい高齢者の視線が集中しているのは0.3〜0.6メートルであることを突きとめた。また、転倒の危険性の高い高齢者は、方向転換時に両足を交叉させ自ら転倒の危険性を高めていた。足元近くに視線が集中すると、障害物の覚知や方向転換のとっさの判断が遅れ転倒につながるという。

 そこで研究グループは3色の目印(約10センチ角)を15個ずつランダムに印刷した長さ10メートルのマットを作成。80歳前後の高齢者に、指定した色の目印のみを踏み、それ以外の色の目印を踏まないようにして歩く訓練に取り組んでもらった。歩行訓練を週2回半年続けたところ、視線が前方に移動し、2メートル以上先を見るようになることが確かめられた。

 研究グループは訓練を受けた約130人の高齢者を追跡調査。1年間で転んだ経験のある人は訓練を受けていない人と比べ減少した。今後は新たに制作したエクササイズマット福祉施設で活用してもらい、さらに効果を確認する。

 京大の青山朋樹准教授(整形外科)は「転倒しやすい高齢者では、方向転換時に両足を交叉させるようなターン(クロスオーバーステップ)をとることが多い。マットの目印の並び方を先読みする訓練が効果的であることが実証できた」と話している。

京都大学と京都精華大学で共同制作した高齢者の転倒予防マット「ココカラマット」

京都大学大学院医学研究科

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート