一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

運動に積極的に取り組むコツ 日本健康運動研究所

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 日本健康運動研究所(代表:菅野隆・健康運動指導士)はホームページで、日常生活に上手に運動を取り入れる「健康運動」を紹介している。

日常生活ですぐに役立てられる
健康運動を系統立てて解説している。
 日本健康運動研究所ホームページ

ハーフスロースクワット

 身体活動や運動の量の多い人は、そうでない人に比べ、循環器疾患などの発症リスクが低いことは、さまざまな研究で確かめられている。世界保健機構(WHO)は、高血圧、喫煙、高血糖に次いで、運動不足を死亡の危険因子の第4位に定めた。その対策として、「健康のための身体活動に関する国際勧告」を2010年に発表した。運動不足は高齢者の認知機能や運動器機能の低下などの低下と関連があることもあきらかになっている。

 運動不足から引き起こされる健康問題を解消するためには、運動習慣を生活に取り入れることが重要だ。厚生労働省の「健康づくりのための運動指針2006(エクササイズガイド2006)」では、生活習慣病予防のために“週23メッツ・時”の運動を推奨している。これは日常での歩数に換算すると1日8,000〜1万歩以上に相当する。

 しかし、日本人の現状は遠く及んでいない。国民健康栄養調査によると、1日の平均歩数は1997年には男性8,202歩だったのが、2009年には7,243歩に減少した。女性でも7,282歩から6,431歩と、約1,000歩減少した。1日1,000歩は約10分の運動に相当する。

 国が進める国民健康づくり運動「健康日本21」の最終評価では、30分・週2回の運動を1年以上継続している人の割合は、男性では28.6%(1997年)から32.2%(2009年)に、女性では24.6%(同)から27.0%(同)にそれぞれ微増した。しかし、60歳未満では増加しておらず、特に女性では減少がみられる。

 日本健康運動研究所代表の菅野隆氏は「運動に対しきつい、苦しい、時間がない、面倒、疲れる、苦手といった否定的なイメージをもつ人が多くみられます。運動は本来は毎日の生活そのもので、通勤したり、家事をしたり、暮らしの中で体を動かす身体活動すべてが“運動”になります。それらを積極的に実践するだけでも十分に健康増進効果が得られます」と話している。

 高齢者の歩行速度は、65歳以降、ゆるやかに直線的に低下する。日本整形外科学会などが提唱する「ロコモティブ シンドローム」は、運動器の障害のために自立度が低下し、介護が必要となる危険性の高い状態をさす。

 「歩行機能の維持向上のためには、高齢者での運動器の健康維持はとりわけ重要です。健康増進や体力向上など、目的や意図をもって余暇時間に運動に取り組むことで、1人ひとりの抱える個別の健康問題を効率的に改善することができます。ぜひ運動に積極的に取り組んで欲しい」と菅野氏はアドバイスしている。

 日本健康運動研究所ホームページでは、効率的・効果的な運動の取組み方を豊富な図・写真を交えて、体系立てて具体的に紹介している。

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート