一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

運動に積極的に取り組むコツ 日本健康運動研究所

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 運動

 日本健康運動研究所(代表:菅野隆・健康運動指導士)はホームページで、日常生活に上手に運動を取り入れる「健康運動」を紹介している。

日常生活ですぐに役立てられる
健康運動を系統立てて解説している。
 日本健康運動研究所ホームページ

ハーフスロースクワット

 身体活動や運動の量の多い人は、そうでない人に比べ、循環器疾患などの発症リスクが低いことは、さまざまな研究で確かめられている。世界保健機構(WHO)は、高血圧、喫煙、高血糖に次いで、運動不足を死亡の危険因子の第4位に定めた。その対策として、「健康のための身体活動に関する国際勧告」を2010年に発表した。運動不足は高齢者の認知機能や運動器機能の低下などの低下と関連があることもあきらかになっている。

 運動不足から引き起こされる健康問題を解消するためには、運動習慣を生活に取り入れることが重要だ。厚生労働省の「健康づくりのための運動指針2006(エクササイズガイド2006)」では、生活習慣病予防のために“週23メッツ・時”の運動を推奨している。これは日常での歩数に換算すると1日8,000〜1万歩以上に相当する。

 しかし、日本人の現状は遠く及んでいない。国民健康栄養調査によると、1日の平均歩数は1997年には男性8,202歩だったのが、2009年には7,243歩に減少した。女性でも7,282歩から6,431歩と、約1,000歩減少した。1日1,000歩は約10分の運動に相当する。

 国が進める国民健康づくり運動「健康日本21」の最終評価では、30分・週2回の運動を1年以上継続している人の割合は、男性では28.6%(1997年)から32.2%(2009年)に、女性では24.6%(同)から27.0%(同)にそれぞれ微増した。しかし、60歳未満では増加しておらず、特に女性では減少がみられる。

 日本健康運動研究所代表の菅野隆氏は「運動に対しきつい、苦しい、時間がない、面倒、疲れる、苦手といった否定的なイメージをもつ人が多くみられます。運動は本来は毎日の生活そのもので、通勤したり、家事をしたり、暮らしの中で体を動かす身体活動すべてが“運動”になります。それらを積極的に実践するだけでも十分に健康増進効果が得られます」と話している。

 高齢者の歩行速度は、65歳以降、ゆるやかに直線的に低下する。日本整形外科学会などが提唱する「ロコモティブ シンドローム」は、運動器の障害のために自立度が低下し、介護が必要となる危険性の高い状態をさす。

 「歩行機能の維持向上のためには、高齢者での運動器の健康維持はとりわけ重要です。健康増進や体力向上など、目的や意図をもって余暇時間に運動に取り組むことで、1人ひとりの抱える個別の健康問題を効率的に改善することができます。ぜひ運動に積極的に取り組んで欲しい」と菅野氏はアドバイスしている。

 日本健康運動研究所ホームページでは、効率的・効果的な運動の取組み方を豊富な図・写真を交えて、体系立てて具体的に紹介している。

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典