一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

女性の多くは運動不足 高まるメタボの危険性

キーワード: 三多(多動・多休・多接)

 「女性は1日の運動時間が男性よりも少ないために、肥満やメタボリックシンドロームの危険性が高まっている」という研究が発表された。
女性は運動に対して消極的?
 肥満やメタボは、冠状動脈性心疾患や脳卒中、2型糖尿病の危険性を高めることが知られている。この研究は、運動・身体活動を社会心理学の面から研究しているオレゴン州立大学のPaul Loprinzi氏らによるもの。

 研究者はまず、身体活動や運動と抑うつ、メタボと性差の相関関係に焦点をあてて調査した。1,146人以上の米国男女を対象に調査したところ、中等度以上の適度な運動を行っている時間は、男性は1日約30分だったが、女性は約18分間だった。

 対象者に活動量計を毎日持ち歩いてもらい、運動量をはかってもらった。女性の3人に1人以上はメタボが、5人に1人は、抑うつ症状がみられた。「運動を習慣として行っている人ほど、健診の結果が良好で抑うつも減少することがあきらかになった。この傾向は女性でより顕著だった」とLoprinzi氏は説明する。

 「女性は男性に比べ喫煙率が低いなど、健康的な習慣をもつ人が比較的多かったが、運動量は少なかった。1日に30分以上の運動を行うと、抑うつや高コレステロール、メタボを抑えるのに効果的だ」としている。

 抑うつの傾向がある人では、腹部脂肪の蓄積やインスリン抵抗性などの危険性が高くなっていた。どちらもメタボリックシンドロームの危険因子となる。しかし、運動習慣のある人では抑うつが減少していた。「運動には相乗的なメタボ予防の効果がある。1日30分の運動で得られる効果は大きい」とLoprinzi氏は強調する。

 なぜ女性は男性よりも運動時間が少ないのか。研究者らは「運動や身体活動に関する生活習慣は、5〜6歳の幼年期につくられている可能性がある」と指摘する。両親が女の子に対し、静かに過ごすことを求め、野外での遊び時間を制限している可能性があるという。幼年期に身についた生活習慣は成人してからも続く。女性は育児に忙しく、時間をとられてしまうのも一因となる。

 「時間に追われる忙しい女性でも、運動量を増やすことは可能だ。エレベータやエスカレーターを使う代わりに階段を使う、電話中に静座していないで、立ち上がって足踏み運動をするなど、日常で運動をする時間を少しずつでも増やす工夫を積み重ねることで、長期的には大きな差が出てくる」とLoprinzi氏は述べている。

Study: Women lack exercise; at risk of developing metabolic syndrome(オレゴン州立大学 2012年4月10日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート